変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・早速出た<52Hz, I Love You>の映画評

【海角七号】から8年しかたたないのに、雀雀氏は何故に十年と数えたのかには理由がある。

それは劇の終幕近く、ギター店を営む大河がその同棲中の女友・蕾蕾にプロポーズしようとするものの、意に反して別れ話を持ち出される。二人は付き合って十年。そして大河が懸賞に応募して見事受賞した曲の名前が「十年」。

これを雀雀氏はふまえているのだ。





《十年》同時亦娓娓道出台灣影迷自《海角七號》一路以來和魏導、魏導和電影之間的愛情關係。其實拍電影如此辛苦,魏導要不要繼續?或者他就和蕾蕾心中想跟大河分手想過無數次一樣。又,大河也是魏導,眾所周知的故事是當初為拍《海角七號》魏導老婆也曾一邊哭著一邊簽下銀行貸款書。(中略)十年時間或可看做是女人支持男人追夢的平均極限,而魏導在這十年裡面回報影迷的方式就像歌裡所說「承諾一點點一滴滴做好」(中略)。於是經過這次的十年,我不免期待,在一個又一個十年之後,魏導還依然和影迷們手牽著手啊。
「十年」は同時にまた台湾の映画ファンの【海角七号】からの魏監督に対する、また魏監督と映画の間の愛情関係を連綿と語るのである。映画撮影が斯くの如く辛いものなら魏監督は継続する必要があるのか?あるいは蕾蕾が気持ちの上で何度も大河と別れようと考えたように。また一方で大河もまた魏監督(の表象)なのである。誰もが知るように【海角七号】を撮影するために魏監督の奥さんは泣きながら銀行の融資に(保証人として)サインしたのだった。(中略)十年という時間はおそらく女にとっては男がその夢を追求するのを赦すリミットなのだ。魏監督はこの十年にファンに応え歌詞にあるように「少しづつ少しづつよくすることを約束」してきたのだ。それならこのような十年を経たのだからさらに十年そのまた十年と魏監督がファンと手を携えてゆくことを期待せざるをえないのだ。


と雀雀氏は「十年」の歌詞をふまえて述べている。

まさに大河と女友・蕾蕾との関係は映画の中では「夢とパンの関係」として語られているのだが、雀雀氏が指摘しているように男女の特性を示すばかりではなく、魏監督と奥さまとの間柄もアレゴリックに述べてもいるようだ。

とすると監督にとっては鬱屈したものを発散するある種のカタルシス効果があったはずで、それが「撮影していた楽しかった」と監督が述べた真の理由であったかもしれない。

それはともかく、映画のストーリーの幹である大河と蕾蕾との関係を雀雀氏はさらに分析している。


《52赫茲》劇中,大河與蕾蕾相戀十年難以為繼,兩人初相愛時的真心與真情面對到現實的考驗,蕾蕾從愛情的大夢裡勉強被喚醒過來,大河卻還在賴床,一句「再讓我睡30分鐘,醒來之後我告訴妳完整的夢」講透兩人之間的關係與處境。男人一手握愛情、一手抓夢想,女則因為支付著兩人共同生活開支而煩惱著帳單與赤字,愛情,貴重到讓她再也負擔不起。而大河其實知道。
<52Hz>劇中、大河と蕾蕾はつきあって十年、初めて愛し合った頃の真心と真情は現実壁に突き当たる。男は片手で愛情を握りしめ一方で夢をつかもうとする。女は二人の共同生活を支えるために家計の赤字に悩む。愛情は重すぎて彼女は堪え切れない。しかし大河も(その苦労を)知っている。





そこで「十年」の以下の歌詞が意味を持ってくる。

我們續約到老,承諾一點點一滴滴做好
幸福誰也找不到,因為它得從付出裡努力得到
我知道,一個又一個十年會再來到
到妳走不動那年,我們還要記得 牽手啊
約束しよう老いるまで少しづつ少しづつよくしていこうと
幸福を誰も探し当てることはない、なぜならそれは努力をして得るものだから
ひとつまたひとつと十年がたち
君が動けなくなったその年も僕たちは手を携えて行こうよ


これはひょっとすると魏監督の奥さまに対する個人的なメッセージなのかも知れない、と感じるのは思い過ごしだろうか?

対日関係とその歴史や、さらにこれから挑もうとされている台湾の歴史と社会の根源を探る、という重いテーマの狭間にあって自分の立ち位置の確認というモチーフが監督にはあったのかもしれない。これも次回お会いする機会があれば確認してみたい。

いずれにせよ、

《大世界小世界》是《52赫茲 我愛你》的大結局片尾歌,搞創作的人都喜歡讓作品自己說話,有了《52赫茲 我愛你》,魏導真的可以什麼也不用說,因為魏導很確定他對電影的愛,我們會懂。而我確定我們對魏德聖的愛,他也會懂。
「大世界、小世界」は<52Hz>のフィナーレである。作家は作品をして自ら語らしめる。<52Hz>があるので魏監督は何も語る必要はない。監督の映画に対する愛は確かである、それをわれらは理解する。またわれらの魏監督に対する愛も、監督はわかってくれるだろう。


ということだ。

「大世界、小世界」は范逸臣が作曲しあの「海角七号」のバンドを率いて大河が蕾蕾にプロポーズしようとしたステーキハウスで演奏される。これは大河がプロポーズのバックミュージックとして用意したものだった。

52Hz band





これ以外にも雀雀氏はミュージカル映画としてハリウッドのあれこれを提示して<52Hz>との関連性を指摘されているが、個人的にそれらのハリウッド映画は未見なのであえて取り上げなかった。しかしかなり納得のゆく分析であると感心したことはここに記しておきます。

以上、雀雀氏の<52Hz>評の紹介でした。












スポンサーサイト
  1. 2017/02/01(水) 10:19:33|
  2. 魏德聖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早速出た<52Hz, I Love You>の映画評

26日から台湾で上映開始された<52Hz, I Love You>の映画評が早速出たので読んでみた。

この映画の全曲の作詞を担当した嚴云農氏が御自身のFacebookで以下の如くその記事を紹介されたのであった。

52Hz 影評
https://www.facebook.com/%E5%9A%B4%E4%BA%91%E8%BE%B2-234568126563749/?fref=nf&pnref=story


ちなみに嚴氏は【海角七号】の挿入歌である「国境之南」「無楽不作」を作詞され、【セデック・バレ】の小説化、そして【KANO】の主題歌「勇者的浪漫~風になって~」の作詞者でもある。

つまり魏徳聖監督の映画に強く深く関わっているパートナーといえよう。次回監督とお会いできる機会があればそのあたり、よくお話しを窺ってみたいものだ。

以下の動画で黒いTシャツに丸フレームの眼鏡をかけた人物が嚴氏だ。





さて、その嚴云農氏が紹介された映画批評が実によく映画のポイントをおさえているのでここで翻訳してみようと思う。

┃影評">52赫茲 我愛你:魏德聖的拉拉鍊,我們的十年┃影評

という記事で、評者は雀雀という台南出身の女性だ。

QueQue.jpg
https://www.fanily.tw/archives/3243


以下、黄字で批評本文と翻訳を示し、わたしのコメントを添える。


《52赫茲 我愛你》(52 Hz I Love You)終於在春節上映,距離上回魏德聖導演的《海角七號》問世,再半年就十年了。在我們心中,其實是希望有些創作者能更多產的,不只創作者需要當個作者,受眾也需要作者。面對喜愛的作者,總期待能一年看十部他的作品而不是十年才一部。
<52 Hz I Love You>がついに旧正月に上映された。魏徳聖監督の【海角七号】が世に問われて以来あと半年で十年になる。われらが気持ちの上ではある種の創作者がより多産であることを希望する。創作者が作家となる必要があるばかりではなく、観衆も作家を必要としている。好きな作家に対しては一年に十部の作品が見られることを期待はしても十年に一部を期待するわけではない。


評者もかなり魏監督作品はお好きということが出だしからわかるのでまあ安心して読めるのだが、雀雀氏がなぜ十年に一本というかといえば、彼女は【海角七号】以後はただ【セデック・バレ】だけを魏監督作品と認定しており【KANO】は数に入れていないからだ。

たしかに公式には魏徳聖氏は【KANO】のプロデユーサーであって監督はあくまで馬志翔氏なのだが、しかし実際上はお二人ともに監督であったことは映画の最期のクレジットタイトルで確認できる。またDVD附録のメイキング記録で馬監督が「魏監督はわたしの近藤兵太郎(嘉義農林チームの監督)だった」とも述べていることから二人の監督のスタンスが知れる。

つまり、魏徳聖監督作品はこの十年で4本ということになるので寡作ではあるが少なすぎるとも言えない。


<以下、後編に続く>





  1. 2017/01/31(火) 12:37:15|
  2. 魏德聖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魏德聖監督の新作<52Hz, I love you>はまもなく台湾で上映開始

魏德聖監督の新作<52Hz, I love you>(以下、52Hzと略す)はまもなく26日から台湾で上映開始される。

ゆえに今まで書かなかったことも書いてもいいだろう。

プレミアム上映会で魏監督は笑いながらもこういわれた。

「見てよかったと思った方はどんどん拡散してください。そうでなかった方はどうか黙っていてください」と。

こういう正直さがまた魏監督の魅力でもある。

わたしも短い監督とのコミュニケーションの時に実はわずかながらネガテイヴな意見もいったのだった。

それは、「最初から最後まで音楽だけですね」というものだった。

これについて、ある台湾人視聴者も少しだけ不満を述べている。




曲が絶え間なく続くので一つの曲の印象が結晶するまえに次に移ってしまうので全体が散漫になった。

というのは、わたしも同様な感想を持った。

一つ一つの曲は素晴らしいものもあるが画面がどんどん流れてゆくので追いつくのが大変なのだ。

そのあたり監督が故意にそうしたというインタヴューもあったはずだが今は見つからない凹凸

このあたり二度三度と見れば慣れて理解しやすくなるはずだ。

たった一回のプレミアム上映会だったがいくつかの曲が印象的だった。

中でもテーマ曲以外で以下の曲【開門關門】が気に入った。





映画の中でも重要なシーンに使われる曲で、主役の4人がそれぞれファルセットを駆使して唄うのも聴きどころか?

中でも米非の出来が善哉♪

これは音楽を担当した李正帆も認めている。

唄ばかりではなく演技でも最も印象にのこったのは米非の美しさだった♪

さてそれはともかく、音作りがこの映画の最重要部分であったことはミュージカルなのでまあ当然だろう。

李正帆・李王若涵夫妻の貢献は大きい。

両人は台湾80年代のスターらしいがわたしは知らなかった。

監督御自身も実はよく知らなかったようなのが可笑しい♪。

そのあたりの創作過程が以下の動画で興味深く紹介されている。



さて魏德聖監督はもともとセデック・バレのコミックを読み感動しそれを映画化したいがゆえにこの道へ入ったことは衆知の事実だろう。しかし資金が不足しそれゆえまず【海角七号】を撮ってそれが大ヒットしたおかげでめでたく【セデック・バレ】を製作することができた。

これまで何度も述べてきたように監督が次回作として撮影したかったのは400年前の台湾をオランダ、漢人、台湾原住民の三つの視点から描く3本の映画でしかもそれを一気に撮るという野心的なもので、これをとりあえず「台湾三部曲」といっている。

しかし資金が思ったほど集まらず、そこで、というけで【海角七号】第二部を製作し、という次第になったわけだ。

ゆえに52Hzは絶対に商業的に成功してもらいたい。

監督もマーケティングには心砕いた模様。

主役の四人は、脚本ができ音楽出来上がったところでキャステイングしたそうで最も苦心した部分だろう。

大スターではギャラが高い、しかしまったく無名では客寄せに使えない、そこでそこそこ有名な若い歌手を探したということだ。

そのあたりの事情を監督が以下の動画で話されている。(素人さんが手持ちで撮影したものか画面がゆれて見ずらいが内容は重要なので我慢してね♪)




またセデック・バレを撮影した後は非常に疲れ鬱病にもかかったと監督は述べている。

そこで重そうな台湾三部曲の前に自らが精神的にリラックスするためにもこの52Hzを撮られたそうだ。

たしかに軽い気分転換の気配はよく感じられるミュージカルである。

魏監督の新しい一面とともにミュージカル映画の新局面を拓いた映画が52Hzといえよう。

必見ですぞ~♪







  1. 2017/01/24(火) 12:45:47|
  2. 魏德聖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。