FC2ブログ

変容する世界

魏德聖の壮大なプロジェクトが明らかとなる

6月のエントリー「魏德聖監督『台灣三部曲』について語る」で以下のような内容を記しました。



<引用開始>

「これが完成すれば監督稼業から卒業するとかって発言した魏監督だが、この動画ではややことなるニュアンスのやや壮大な計画が語られています。

この映画はただの映画だけにとどまらず永久に記憶されるべき起点となるようにしたい、という。それが具体的にどんな計画なのかはいまだ定かではないにしろ、台湾の歴史をストーリーテリングの方法で描く魏監督が夢想するというのは、台湾人の文化的かつ美学的な共同生活の場としての台湾、まずそれへの共通理解の場を築く、そのようなプロジェクトを監督はお考えなのかもしれない、と感じました。」

<引用終了>

そのプロジェクトとは、135億台湾元(約500億日本円)を投じてオランダ時代の台南を再現したテーマパークを造る、というものでした。

重建熱蘭遮城將投入135億 魏德聖:2024年開幕

#魏德聖場景計畫 黃偉哲


自由時報の上の記事によれば、台南市北方の台湾製糖の跡地である後壁區烏樹林の118ヘクタールの土地に、熱蘭遮城(Fort Zeelandia、ゼーランディア城)を再現するということです。

これはもちろん「台湾三部曲」の撮影用セットとして用いるのが主要な目的でしょう。

しかし魏監督が、上のプロジェクト概念計画で述べておられるように、撮影に使用したあとは台湾国民が自国の歴史の起源を訪ねるトポス、また外国人が台湾を知るための観光拠点としても利用したいということのようです。




そこにはゼーランディア城のほかに、西拉雅族(台南付近に居住していた「平埔族」)の集落や、漢人移民の集落、さらにはオランダの村も造られ、そして台江内海を再現するために50ヘクタールの広さの人口湖も造り上げるということ。

まさにプロジェクト計画概念図に描かれたそのままが再現される模様です。

#魏德聖場景計畫


撮影終了後になるのでしょうが、そこには台湾グルメやその他の活動施設の併設され、2024年にオープンする予定です。その年は、オランダ東インド会社が台湾南部を占拠し「オランダ時代」が始まったちょうど400周年にあたります。

そしてこの施設では「台湾三部作」である『豊饒之城』(または『豊盛之城』)がいつでも鑑賞できるようになるでしょう。

魏監督が「たった七日間生きる蝶々」と形容した現行の映画上映とはことなる、製作の苦労が永く報われる上映施設となるでしょう。

魏監督はかねておっしゃるように、この三部作をもって映画監督から引退するのかもしれませんね。三島由紀夫の遺作四部作のタイトルが『豊饒の海』だったこと、そのことを魏監督も意識しているのかもしれません。




スポンサーサイト
  1. 2018/10/17(水) 09:25:10|
  2. 魏德聖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

國家人權博物館(白色恐怖景美紀念園區)を訪ねての感想

台湾へ一週間ほど旅行しました。

それについては断片的にFacebookで報告しています。そのうちの一つをここにコピペします。

<コピペ>

新北市新店區 にある國家人權博物館(白色恐怖景美紀念園區)を周世倫監督ご夫妻に案内いただきました。


感想その一、博物館化されたとはいえ国民党外来ファッショ政権による白色テロの恐怖がこびりついたトポスである、ということ。

感想その二、蔡英文政権は現状維持といいながら水面下では少しづつ中華民国体制の足元を掘り崩す行動をとっているのだなあ、ということでした。

博物館の名前にかぶさった国家とは中華民国ではない新しい国のことだと言外に匂うのが感じられます。

<コピペ終了>


コピペは以上ですが、これだけではご理解いただけない方もいらっしゃるでしょうから、この人権博物館について説明します。また撮影した写真に必要なキャプションを付け加えて紹介します。

國家人權博物館は、国民党白色恐怖統治を歴史的に記録するため陳水扁総統時代に発起されたものの、馬英九時代には棚上げされ、蔡英文政権になってやっと法案が成立し予算もつけられ今年2018年5月18日に開館したものです。



この動画は2015年に國家人權博物館準備オフィスが製作した博物館紹介です。

この博物館のある場所は、かっての警備総司令部です。それは世界最長という不名誉な記録をもつ戒厳令の実行部隊でした。つまり白色テロの総本山でした。

そこにはそれに必要なあらゆる部門が集中していました。戒厳パトロール、保安、調査、新聞出版検閲、出入国管理、郵便電話の検閲、さらには容疑者逮捕、尋問、軍事法廷、拘留所などです。

DSCF8810.jpg


この景美という場所は台北市南部の新店さらには烏來山へ向かう道筋にあり、今では夜市で知る人ぞ知る場所ですが、この博物館は実際には景美渓を南に渡った新北市側にあります。このあたり、現行の刑務所や軍営が存在します。つまりそういう立地条件なのです。いかにも警備総司令部があってもおかしくはなさそうな、あまり立ち入りたくはない地域です。


DSCF8811.jpg


さて、この博物館のある景美人権文化園区については博物館設立以前の2012年ににここを訪れた日本李登輝友の会台北事務所によるレポートが以下にありますので紹介させていただきます。

景美人権文化園区

これがよくまとまっているのでぜひご一読ください。

ということで説明は上のレポートに譲って個人的な感想の部分に戻ります。

看守所(拘留所)といわれていたものの実際上は政治犯監獄であった景美看守所では悲惨を極める入所状況で拷問も当然行われていました。その看守所の名前が「仁愛楼」というのです。

DSCF8815.jpg


この政治迫害を「仁愛」と言い換える言葉のセンスはいかにもチャイナ的です。

これは決してブラック・ヒューモアではありません。迫害を受ける政治犯に対して、これは「仁愛」なのだといって更なる心理的苦痛を与えようという魂胆なのです。

これこそチャイナ的言語感覚の真骨頂といえるでしょう。

DSCF8816.jpg


5時閉館間際に訪れたため、監獄内の様子など詳しくは参観できませんでしたが、むしろそれでよかったと思っています。

走馬看花で表面をなぞったような参観でしたが、それでも後々灰色の重苦しいものが胸につかえて気分はよくなかったからです。

しかし斯くの如き施設が実際に機能していた社会と現実を思えばわたしの気分などはどうでもよく、そんな試練をくぐり抜けて今の民主的で自由な(完全ではないものの)社会を得た台湾国民の強靭さに感服するのです。

ここでFacebookのコピペに戻ります。とくに感想その二をご覧下さい。わたしは以下のように書きました。

<感想その二、蔡英文政権は現状維持といいながら水面下では少しづつ中華民国体制の足元を掘り崩す行動をとっているのだなあ、ということでした。
博物館の名前にかぶさった国家とは中華民国ではない新しい国のことだと言外に匂うのが感じられます。>

これは現場での感想ですからとくに論証はしません。

そのようであってほしいという希望をこめてこの文字を記しておくのです。












  1. 2018/10/14(日) 07:10:45|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『海角七号』10周年を記念して野外上映会

台南のみですが『海角七号』10周年を記念して野外上映会が行われるそうです。



17日は『海角七号』
18日は『52Hy I Love You』
が上映されるようですね。



台南とその近辺にお住まいの方々はぜひどうぞ(^^♪




  1. 2018/08/16(木) 10:59:52|
  2. 魏德聖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (90)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (12)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード