変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツで発生しているのは移民問題ではなく戦争であるという件

まず結論から述べます。北イラクのクルド人対ISIS(その背後のトルコ)に関与してしまったドイツ政府に対するトルコ政府の報復がドイツへ押し寄せるシリア難民です。

事の経緯はこうです。
トルコ東南部、シリア、北イラク、西イランにまたがるクルデイスタンの復興建国をめざすクルド人(その総人口3千万人)の独立闘争はトルコにとって眼中の釘、獅子身中の虫です。

8日、北イラクとトルコ南東部の国境地帯でPKK(クルド労働党)部隊がトルコの国境警備隊を攻撃し16人を殺害しました。トルコ軍が国境を超えて北イラクへ進撃したからです。

16 solidaten
http://www.n24.de/n24/Nachrichten/Politik/d/7258850/16-soldaten-bei-pkk-angriff-und-gefechten-in-suedosttuerkei-getoetet.html

2013年両者は停戦に合意していました。しかし、北イラクとシリアの混乱においてISISと激しく対立し武装闘争をするクルド人に対しドイツ政府が武器と軍事顧問団を派遣し間接的にISISに対する闘争に関与した。暗にISISを支持し実質的にISISの後方基地となっているトルコ政府がこれに不快感をもったのは当然でしょう。

7月、トルコ政府はISISへの空爆と称して其の実クルド人部隊への空爆を実施した。これで2年来の停戦が破られた。現在両者間の戦争は拡大中です。

トルコ政府は、最近これまで受け入れていた北イラクとシリアの難民170万人を陸続とドイツへと放出中です。三歳児の溺死死体の胡散臭いプロパガンダを観よ。これがいま欧州とくにドイツを混乱させるシリア難民の真相でしょう。

gedenk-aktion-ailan-rabat.jpg
臭いパフォーマンス


ゆえに、ドイツへ押し寄せる難民の大部分は実はクルド人であろうということが容易に想像されます。その事実はまもなく明らかになるでしょう。

なぜドイツ政府が国民への十分な説明もなしに北イラク紛争に介入したのか、なぜトルコ政府はこれまでのような対クルド宥和政策を転換して対立政策をとるのか、すべて奇怪な経緯で歴史に登場したISISの背景と関係がありそうです。



さてドイツの難民受け入れに対し批判の声が上がりました。

marie lrpen
仏極右党首、ドイツは「奴隷が欲しいだけ」=難民流入、歓迎デモも

6日、フランス南部マルセイユで演説する極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首(EPA=時事)
 ロイター通信によると、フランスの極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は6日、仏南部マルセイユで開いた党集会で、シリアなどから押し寄せる難民の受け入れに前向きなドイツについて「自国の人口が頭打ちだと考え、より低賃金(の労働力)が欲しいから、大量の移民を通じて奴隷を雇いたいのだろう」と批判した。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015090700024&g=int


フランスNF党のマリー・ルペンが、ドイツは奴隷労働者を受け入れたいのだ、発言しましたが、そのような経済的理由はドイツにはありません。

失業率が下がり就業者が増加傾向にありますが、好景気というわけではなく、政府の失業者に自営を促す政策で労働市場に好影響があるのは事実ですが、自立したものの数年で失敗して失業者に逆戻りというケースも半数近くあるそうです。http://ecodb.net/country/DE/imf_persons.html

そんな労働市場に廉価な労働力を導入すれば市場は混乱しドイツ人の失業率は跳ね上がるでしょう。しかも80万人受け入れのために100億ユーロの特別支出を計上するそうですが財源はどうするのでしょうか?

巷間、ユーロ導入でドイツだけが利得しているというデマがまかり通っていますが、ドイツは輸入超過でしかも財政は赤字、これで勝ち組といえるのでしょうか?https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88

さらにそのうえ邦貨1兆円相当(これは国の2016年度予算総歳出の約3%に相当)を特別支出する余裕は実はないのです。http://news.nna.jp/free_eu/news/20150319dem001A.html

難民受け入れ政策ついては今年7月、TVの討論番組で明確な滞在延長が許されずパレスチナ難民少女が泣き出す事件があってB層の涙を誘ったのですが、その時メルケルは彼女を追い返すと発言したのではなく、難民は合理的に処理すると明言したのでした。(件の少女は結局滞在延期許可される)しかし国民には冷淡だとさえ受け止められたのです。http://www.afpbb.com/articles/-/3054874

merkel-561-_v-teaserM.jpg
http://meta.tagesschau.de/id/100811/merkel-und-das-fluechtlingsmaedchen-die-geste-war-ok


そのようなメルケルが非合理的に80万もの難民を受け入れるはずもなく、経済的理由以外の何か隠された裏の事情がありそうだ、というのがわたしの意見です。

そこで話は一年前のISISの突然のイラク進攻以来の情勢に戻ります。

昨年8月31日に、北イラクのクルド人部隊に対して武器援助と軍事顧問団を派遣する法案がドイツ国会を通過しました。http://matome.naver.jp/odai/2140971049610315501

それとほぼ同時期、9月5日メルケルはオランドとともにミンスクへ飛びプーチンとのマラソン会談の結果いわゆる「ミンスク合意」を実現しウクライナの停戦を曲がりなりにも成功させました。 これが某勢力の対ロシア政策を狂わせ彼らの怒りを買ったことが想像されます。

ausbildung in nordiraq
ドイツ連邦軍軍事顧問団によるクルド人部隊への軍事訓練(ドイツ連邦軍のHPより)
http://www.einsatz.bundeswehr.de/portal/a/einsatzbw/!ut/p/c4/LYvBCsIwEET_KJuIVfRm6MWrB7W9yLZZymKalLi1UPx4E-gMDMw8BlrIDvjlAYVjQA9PaHo-d4vqFkcv4vBBWXPFt8zk_TaRrASPcnak-hhISgoF4ZxDQolJTTGJL2ROKRPFDhptamuOe73J_E731lYHXe3qq73BNI6XP1JT580!/


それから一年、北イラクでのクルド人部隊はほぼISISを駆逐し戦争の舞台は再度シリアへと移りました。あるロシア人の言に拠ればシリア国土の80%はすでにISISに占拠されたそうですが、どうも眉唾です。これはロシアのシリアへの直接介入へ向けての世論作りに彼が騙されているのでしょう。

putin.jpg
Wedge 9月11日(金)12時11分配信、ここ数日、ロシアがシリアに軍事介入を始めたのではないかとの観測が高まっており、米国も懸念を表明し始めた。筆者も別の媒体(http://bylines.news.yahoo.co.jp/koizumiyu/20150906-00049218/)で詳しく検証したが、様々な傍証からシリアにロシア軍がかなりの規模で展開していることはほぼ確実と思われ、一部では軍事作戦に参加している可能性も考えられる。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150911-00010003-wedge-m_est


以下すでに述べたことですが重要な事なので繰り返します。

ISISを巡る関係各国の利害が入り乱れるなか、これまで400万といわれるこの地域からの難民のうち170万人を受け入れたトルコ政府がそのうちの一部分をドイツへむけて放出した、というのが今回の難民問題の真相だと思います。暗にISISをサポートし実質上ISISの後方基地であるトルコはこれ以上のクルド人勢力の拡張を望んでおらず、北イラクへ軍事介入したドイツ政府へのトルコ政府による不快感の表明と外交的報復及警告がそれであろうと考えます。

シリア難民と一口に呼ばれますがその大部分はクルド人であろうことが容易に想像されます。知り合いのクルド人もそういっていました。

斯くの如き中東地域を巡る情勢の変化、欧米の対ロシア政策、米国の意にそわないドイツの動きなどが絡み合って計画された今回のドイツへの移民潮であるのは確かだろうと思います。結論的には、トルコ政府の報復の裏にはウクライナのナチ政権成立及内戦と同様に国際金融・国際石油資本とその手先某国がいるのではないか、という合理的な懐疑が成り立つと思います。

ひょっとすると欧米を巻き込んだ世界戦争はすでに始まっている。

一方はISISを創設し操作する勢力である米国・イスラエル・サウジ・トルコ枢軸、対立する一方はロシア・ドイツ(+イラン?)連合 でフランス等欧州諸国は模様眺めというところでしょうか?

ドイツ住民の一人としては言葉の真の意味での戦争が欧州で発生するのは当然回避させたい。また、中東の紛争がなんとか平和的に解決し難民の発生が収まって欲しいと祈るばかりですが、現実は着々と進捗中のようです。




スポンサーサイト
  1. 2015/09/13(日) 11:36:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

【休暇中の復習】2014.08.04-08.07 ザ・ボイス

2014/08/04 ザ・ボイス 勝谷誠彦 ニュース解説「イスラエル軍が地上部隊の大半撤収 7時間の停戦も表明」「親子3人死亡のキャンプ場 無許可工事で過去に行政指導」など

2014/08/04 に公開

AM1242ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」から、その日のニュースを分析・解説していく­「ニュースピックア­­­ップセブン」を配信しています。
2014年8月4日(月)コメンテーター勝谷誠彦(コラムニスト)

≪取り上げたニュース一覧≫
イスラエル軍が地上部隊の大半撤収 7時間の停戦も表明
中国・雲南省の地震 死者は380人以上に
新疆ウイグル自治区の襲撃事件 当局が死者96人と発表
親子3人死亡のキャンプ場 無許可工事で過去に行政指導
拉致再調査から1ヶ月 調査は進むも地域で温度差
生命保険 請求がなく未払いの事例が多数あると発覚
児童虐待 過去最多の7万3千件



【宮崎哲弥】ザ・ボイス そこまで言うか!H26/08/05【再増税で元の木阿弥】




2014/08/06 ザ・ボイス 藤井厳喜 ニュース解説「広島 69回目の『原爆の日』」「大企業の設備投資額 24年ぶりの高水準」など

2014/08/06 に公開

AM1242ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」から、その日のニュースを分析・解説していく­「ニュースピックア­­­ップセブン」を配信しています。
2014年8月6日(水)コメンテーター藤井厳喜(国際政治学者)

≪取り上げたニュース一覧≫
広島 69回目の『原爆の日』
大企業の設備投資額 24年ぶりの高水準
元慰安婦がアメリカ政府高官らと面会
ロシアが日本との次官級協議の延期を発表
内閣改造 菅・麻生氏ら留任か?
北朝鮮拉致報告 9月第2週以降の見通し
アメリカがアフリカに3兆4000億円の投資を表明



2014/08/07 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「福島第一原発の地下水 浄化して、海に放出する方針」「ロシアが経済制裁に対抗措置 日本も対象に」など

2014/08/07 に公開

AM1242ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」から、その日のニュースを分析・解説していく「ニュースピックアッ­¬プセブン」を配信しています。
2014年08月07日(木)コメンテーター青山繁晴(独立総合研究所社長)

≪取り上げたニュース一覧≫
福島第一原発の地下水 浄化して、海に放出する方針
ロシアが経済制裁に対抗措置 日本も対象に
安倍総理が舛添都知事と会談
知事選は関係なし 菅官房長官が辺野古への移設推進を強調
エボラ出血熱、アメリカが警戒態勢引き上げ
イスラエルが停戦の期間延長に同意
国家公務員の給与 人事院が7年ぶりに引き上げを勧告



  1. 2014/08/08(金) 12:23:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【休暇中の復習】

  1. 2014/08/08(金) 12:14:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014.03.31 笑っていいとも! 8054回 【最終回】


140331 笑っていいとも! 8054回 【最終回】 by B級動画
  1. 2014/03/31(月) 23:06:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋野豊とタジキスタン


ありえへん∞世界SP 140225 タジキスタン by plutoatom1




  1. 2014/02/26(水) 11:28:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。