変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中野剛志@三橋貴明の「新」日本経済新聞』、TPP推進派の頭の中身

FROM 東田剛

産経新聞の報道によれば、安倍首相はTPPについて2月以降に予定される

 

日米首脳会談での 正式表明を見送る意向であり、今年夏の参院選後への

 

結論先送りもあり得るとのことです。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130113/plc13011301130000-n1.htm
また、NHKの報道によれば、自民党は、まずは政務調査会の各部会ごとに、

 

議論したうえで、外交・経済連携調査会での検討に移るなど、結論を急がず、

 

時間をかける方針だそうです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130114/k10014780091000.html

竹中平蔵氏が登用されたので、かなり不安になりましたが、

 

自民党が時間を かけて検討してくれるというので、ちょっと安心しました。

竹中平蔵のことは嫌いでも、自民党のことは嫌いにならないで下さい!」

とはいえ、まだまだ油断はできません。

例えば、この報道を契機に、TPP推進派の巻き返しが激しくなるでしょう。
また、仮にTPPが進まなくても、小泉政権時のように、

 

経済財政諮問会議・産業競争力会議・規制改革会議を通じて、

 

アメリカの要求する改革が実行に移され、結局、TPP参加と同じ結果になるかもしれません。

産経新聞の記事にあるように、参院選後まで交渉参加を先送りすれば、

 

ルール作りに参加できなくなるので、TPP推進派はあきらめると期待する方も

 

おられるかもしれませんが、甘いですな。

TPP推進派の「ルール作りに参加するため」という理由は、はじめから、

 

TPP参加の方便に過ぎません。なにせ、もう二年以上も前から、

 

「早期に交渉に参加して、ルール作りに参加すべきだ」と言い続けている連中ですから、

 

参院選後であっても、屁理屈をこね続けて、TPP参加の旗を降ろそうとしないと思いますよ。

そう言えば、つい先日も、ある銀行系の研究所の研究員が、酒席の場で、

 

そんな屁理屈をこねてからんできました。
本人の名誉のために名前は伏せることとして、とりあえず「利口ぶる馬鹿」と

 

呼んでおきましょう。

この「利口ぶる馬鹿」によれば、TPPに参加して、 日本に有利なルールを作ればよくて、

 

ダメなら、交渉から抜ければいいのだそうです。

使い古された屁理屈ですなあ。

交渉とは、獲ったり、獲られたりの駆け引きです。しかし、TPP交渉は 、

 

日本にとって獲れるものなどほとんどないのに、獲られちゃいけないものはたくさんあります。

 


そんな状態で、どうやって交渉を有利に進めようというのでしょうか。

しかも、交渉途中の脱退は、交渉参加国、特にアメリカとの関係を著しく悪化させます。

 

アメリカを恐れて言いなりになる必要はありませんが、下手こいて、

 

いたずらに日米関係を悪化させるのはルーピーです。

 


ですから、日米関係を悪化させたくなければ途中脱退はできなくなりますが、

 

退路が断たれた交渉を有利に進めるのはほぼ不可能です。

それで、「何でそんなに無理してまで、交渉に参加しなきゃいけないんでしたっけ?」と聞くと、

 

この「利口ぶる馬鹿」は、「将来、TPPに参加せざるを得なくなり、不利なルールを

 

押しつけられてしまうからだ」と訳知り顔で言うのです。

何で日本に不利なルールのTPPに参加しなくちゃいけないのか、

 

さっぱり分かりませんが、もし、そうだとするなら、交渉でルールが

 

有利にできなくて途中で抜けたところで、結局は、その不利なルールを

 

押しつけられてしまうんじゃないんですか?
ということは、日本に有利なルールにする余地なんか、はじめから、

 

なかったということじゃないですか。

こんな調子の「利口ぶる馬鹿」が、TPP推進派のクオリティなのです。

 


それだけでも、日本が交渉に参加して有利なルールを作ることなど

 

できないという証明には十分ですな。
PS東田剛さん、藤井聡先生、中野剛志さんのバックグラウンドを知りたい方は、3氏の師匠である西部邁老師のこの本を読んでみてはいかがでしょう。http://amzn.to/WhwalA PPS TPPは、郵政民営化と同じ構図だと感じた方には、東谷暁先生のこの本がお薦めです。http://amzn.to/Vg9iE1 PPPS「欧米没落!日中激突!異能の官僚が描く壮大な新国家戦略の全貌」を知りたければ、1月10日発売予定のこの本をご覧ください。http://amzn.to/Ui6g12 PPPPS 安倍政権をむしばむ改革派官僚の正体を知りたければ、やはり、この本が役に立つでしょう。http://amzn.to/UPCohv ※メルマガのバックナンバーを以下でご覧いただけます。⇒http://www.mitsuhashitakaaki.net/

 

<以上、メルマガ・三橋貴明の「新」日本経済新聞』より転載>

 

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2013/01/16(水) 09:48:00|
  2. 中野剛志
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【西部邁ゼミナール】1/5 『安倍水夫の漕ぐべき船と進むべき道』part1

前回の記事で東田剛(中野剛志)氏が言及されていた

FROM 東田剛 1月5日の東京MXTV「西部邁ゼミナール」をご覧になった方、おられますか?見逃した方は、この動画をご覧下さい。http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php

この動画がYouTubeアップされていた。

 

 

あいかわらず斜に構えた中野氏だがその言説はさすが鋭い。しかし藤井聡教授の話は落語みたようで楽しく、しかしためになるね♪

  1. 2013/01/09(水) 13:00:00|
  2. 中野剛志
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中野剛志@三橋貴明の「新」日本経済新聞』、アベノミクスが危ない!

東田剛こと中野剛志氏が、三橋貴明氏の「新」日本経済新聞』、アベノミクスが危ない! という一文を寄せておられる。↓<以下転載>FROM 東田剛 1月5日の東京MXTV「西部邁ゼミナール」をご覧になった方、おられますか?見逃した方は、この動画をご覧下さい。http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php ここで、中野剛志とかいう人が、アベノミクスは新自由主義からの転換の可能性があるというような趣旨の発言をしていました。ちなみに、この人、肩書きは「評論家」になっていますが、本職は「ホサ官」(ホサれた官僚)です。 しかし、中野ホサ官、新春から、おめでたいですね。経済財政諮問会議や産業競争力会議の人選見れば、そうじゃないって分かるでしょうに。 あるいは、「規制改革会議を復活」というこの記事を見てください。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0600R_W3A100C1NN1000/ 「規制改革会議」こそ、小泉政権下の構造改革のエンジンで、年次改革要望書の実行機関ですよ民主党政権下では、行政刷新会議と名前を変えて、TPPの地ならしに、アメリカのご用聞きをやっていました。(参考文献 関岡英之『国家の存亡』PHP新書) それを復活させるということは、竹中平蔵的に言えば「構造改革が足りない」ということなんでしょう。  この記事によると、「国内と海外の規制を比較する仕組みとして「国際先端テスト」(仮称)を導入し、企業活動の妨げになっている規制の見直しを加速したい」のだそうです。 何ですか、「国際先端テスト」って。規制は、各国の置かれた状況あるいは文化や国柄に応じて決まるのに、海外と比較して、進んでいるか遅れているか、決められるのですか?要するに「グローバル・スタンダード」、もっと言えば「アメリカン・スタンダード」に合わせましょうという発想でしょう。ジャパニーズお得意の「日本版○○」ってやつですね。じゃあ、アメリカみたいに、銃規制も緩和したら? 安倍政権は「三本の矢」と称して、金融緩和、公共投資、成長戦略をやるとしていますが、この「成長戦略」というのは、結局、グローバル資本だけが儲かる新自由主義の構造改革だったのですね。 そうだとすると、「三本の矢」は、次のような結果をもたらすでしょう。 まず、金融緩和と積極財政の宣言によるインフレ期待で、ある程度の円安と株高がもたらされます(すでにそうなっている。)次に、公共投資が実際に発動されて、内需が拡大し、実質賃金に上昇圧力がかかります。これでデフレ脱却が見えてきます。ここまではよい。 ところが、賃金上昇は、企業の国際競争力を低下させます。円安は、世界中が通貨安競争をやっている中では、思ったほどは、進まないでしょう。そこで、新自由主義者とグローバル企業の代表で構成された「産業競争力会議」の出番です。規制緩和、自由化、労働市場の流動化を推進して、実質賃金が上がらないようにするのです。当然、内需も拡大しない(そこで、「ほら、内需は期待できないじゃん」と藻谷先生がドヤ顔)。 これではまずいので、内需を拡大すべく、公共投資をもっと増やそうとしたら、どうなるでしょう。そのタイミングで、経済財政諮問会議や産業競争力会議のメンバーが、公共投資悪玉論の大合唱を始めます。
もともと公共投資は、審議会の委員になるために、いやいや賛成してただけですから、当然です。 これで矢は、金融緩和と成長戦略(構造改革)の二本になる。 内需が拡大しなければ、金融緩和で流動性が高まったマネーは、資産市場に向かい、株価は上昇します。
これで、グローバル資本は、ウハウハ。
でも、日本国民の給料は上がらないまま。格差は拡大しますが、これこそ「頑張った人が、報われる社会」の実現だというわけで、産業界やマスコミは、「アベノミクス」を絶賛。 要するに、これは、世界中を不幸にした2000年代前半のグローバル資本主義の姿です。 このグローバル資本主義の構造を改め、国民本位の資本主義を取り戻すのが、新政権の使命であるべきです。安倍政権が「保守」を標榜するなら、なおさらでしょう。 先の総選挙で、自民党は、「日本を、取り戻す」というスローガンを掲げました。ところが、取り戻されようとしているのは、「小泉政権下の日本」のようです。いや、民主党から日本を取り戻して、アメリカに渡すということだったのかな? 読者の皆さん、こうならないようにするには、どうしたらよいか、考えてみてください。 PS東田剛さん、藤井聡先生、中野剛志さんのバックグラウンドを知りたい方は、3氏の師匠である西部邁老師のこの本を読んでみてはいかがでしょう。http://amzn.to/WhwalA PPS TPPは、郵政民営化と同じ構図だと感じた方には、東谷暁先生のこの本がお薦めです。http://amzn.to/Vg9iE1 PPPS「欧米没落!日中激突!異能の官僚が描く壮大な新国家戦略の全貌」を知りたければ、1月10日発売予定のこの本をご覧ください。http://amzn.to/Ui6g12 PPPPS 安倍政権をむしばむ改革派官僚の正体を知りたければ、やはり、この本が役に立つでしょう。http://amzn.to/UPCohv ※メルマガのバックナンバーを以下でご覧いただけます。⇒http://www.mitsuhashitakaaki.net/

<転載終了>

 

TPPをめぐる攻防が政府内部でヒートアップしているようだ。これが安倍訪米をスムーズに決められない理由であろう。

 

ここでは、中野先生は竹中が政府にもぐりこんできたことを大いにシンパイされておられる。たしかに竹中は米国のエージェントであるからそれも当然ではあろう。

 

しかしこれは安倍総理の巧妙な敵の篭絡工作であろうと私見する。ああいう輩を野に放ったままで勝手に反政府活動をさせるよりは内部に取り込んでコントロールしたほうがよいに決まっておる。

 

また財政金融の責任者は反竹中の麻生総理であるから心配は無用なのである。がしかし油断はなるまい。中野先生の意見をただの杞憂に終わらせるような麻生総理の采配を期待する。

 

 

  1. 2013/01/08(火) 23:42:00|
  2. 中野剛志
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。