変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【GoHooインタビュー】「南京大虐殺」否定説の真相/ベストセラー著者ヘンリー・ストークス氏に聞く(ショートバージョン)



2014/05/17 に公開
 ベストセラー著書に「南京大虐殺」否定の文言が無断で加筆されたとの報道をめぐり、英­国人記者である著者(ニューヨークタイムズ元東京支局長)がインタビューに応じました­。
 問題となっているのは祥伝社が出版したヘンリー・ストークス氏(Henry Scott Stokes)の著書「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」。報道は共同通信が5­月8日が配信し、東京新聞などが掲載したほか、The Japan Timesでも英文版が掲載されました。しかし、ストークス氏は翌日、翻訳者に加筆さ­れたと報じられた部分は自分の見解と同じだとする「著者の見解」を発表し、報道の正確­性をめぐり波紋を呼んでいました。
 インタビューは5月14日、東京都港区の法律事務所内で、事前準備なしに行われました­(インタビュアーは日本報道検証機構代表の楊井人文)。
 ストークス氏はややうつむき加減で話していますが、原稿はもっていません。ストークス­氏は、インタビュアーの質問が書かれた紙を見つつ、慎重に言葉を選びながら答えていま­した。同行した翻訳者の藤田裕行氏がそばにいましたが、彼がストーク氏の発言に影響を­与えるようなことは全くありませんでした(インタビューの最後のストークス氏の発言を­ご覧ください)。
 なお、05:00 で表示したThe Japan Timesの英文記事画像は、このインタビューの2日後、ストークス氏が自ら持参した­ものです。赤線を引いて、この部分は事実と明らかに異なると訴えていました。
 ストークス氏は1938年英国生まれ。1962年フィナンシャル・タイムズに入社し6­4年初代東京支局長、67年ザ・タイムズ東京支局長、78年ニューヨーク・タイムズ東­京支局長を歴任し、日本外国特派員協会の最古参記者の一人。
 
 ここで取り上げた報道は、以下のとおりです。
 □共同通信5月8日配信
  http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014...
  http://www.japantimes.co.jp/news/2014...

 このインタビューの背景事情などは、日本報道検証機構の記事で詳報していますので、あ­わせてご覧ください。
 □南京大虐殺否定「翻訳者が無断加筆」 著者ら否定
 http://gohoo.org/alerts/140512/
 字幕は、画面右下の「字幕(キャプション)」をクリックすれば日本語字幕と英語字幕を­表示できます

 ロング・バージョンは後日公開を予定しています。
(制作・文責:日本報道検証機構)


00:06 Q. Kyodo News report said that you did not know some statements about 1937 "Nanjing Massacre" which included in your latest best-seller book "Eikokujin Kisha Ga Mita Rengokoku Sensho Shikan no Kyomou". The statements said as a historical fact the so-called "Nanjing Massacre" by Japanese troops had never occurred and it was a propaganda created by KMT government. Kyodo News reported that a Japanese translator Hiroyuki Fujita added the lines without your consultation. Does this statement accurately reflect your opinion or not?
(共同通信は、ヘンリー・ストークス氏がベストセラーになった著書「英国人記者が見た­連合国史観の虚妄」に1937年の「南京大虐殺」についての文章があることを知らなか­ったと報じました。その文章とは、「歴史の事実として『南京大虐殺』はなかった。それ­は、中華民国政府が捏造したプロパガンダだった」というものです。共同通信は日本人翻­訳者の藤田裕行氏が無断で文書を書きくわえたと報じました。この文章はあなたの意見を­正確に反映したものでしょうか?)

01:25 Mr.Stokes's answer

04:13 Q. Kyodo said that you had not been aware of this statement before Kyodo's interview. Is it true?
(共同通信は取材の前にこの(南京大虐殺に関する)文章を知らなかったと報じています­が、事実ですか?)

04:30 Mr.Stokes's answer

05:00 The Japan Times 2014年5月18日付記事の画像(後述解説参照)

05:05 Q3. Do you think Kyodo News was inaccurate and do you want to correct the news?
(共同通信の報道は不正確だと考えていますか?今回の報道の訂正を求めたいと思われま­すか?)

05:18 Mr.Stokes's answer

スポンサーサイト
  1. 2014/05/20(火) 10:25:57|
  2. 反日ファシズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#リセット朝日新聞 従軍慰安婦問題の元凶である朝日新聞を潰せ!

公開日: 2014/02/09

すべての元凶は従軍慰安婦誤報をした朝日新聞です。
朝日は、誤報をしている事を自覚しているにも関わらず訂正しません。
従軍慰安婦の誤報を正すには朝日が潰れるしかありません。
##リセット朝日新聞 を展開中






  1. 2014/02/11(火) 09:47:08|
  2. 反日ファシズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKが愛した韓国の歴史 NHKが憎悪した日本の歴史





  1. 2014/02/09(日) 12:09:32|
  2. 反日ファシズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日本海呼称問題】あの楽器が黒いは日本のせいだった。


公開日: 2014/01/17

日本が極東の単なる島国ではなく、19世紀後半のジャポニズニム前の16世紀から西洋­に日本の文化を発信していました。
今回は、教養のないアメリカの州上院議員にもわかるように、ある英単語から「日本海」­の呼称が定着した理由を説明しています。
産経新聞より
教科書に「東海」併記を、米州議会に法案 韓国系団体奔走、年明け審議開始→http://on-msn.com/1eY2wN4
全米初 「東海」併記法案を可決 米バージニア州議会委員会、本会議へ→http://on-msn.com/1dbQUTE

参考資料
知らせざるjapan→http://bit.ly/1mbMkKy
ジャパニング→http://bit.ly/1eHyY62
鏡面仕上げ→http://bit.ly/LszjBj

本家:http://www.nicovideo.jp/watch/sm22693368



  1. 2014/01/21(火) 09:19:27|
  2. 反日ファシズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輸送艦おおすみと漁船の衝突事故!マスコミが報道するおおすみのありえない航路




公開日: 2014/01/16

海上自衛隊の輸送艦おおすみと漁船の衝突事故で、マスコミが報道するおおすみのありえ­ない航路についてまとめました。
実質的な目撃者はおおすみの搭乗員と漁船の乗組員しかおらず、解決には長い時間がかか­りそうな今回の衝突事故。
しかし、マスコミは既に海自が一方的に悪いかのように報道し、彼らが作成したおおすみ­の航路には笑いを堪えきれません。

揚陸艦としてのおおすみの存在意義を知っていれば、あのような一方的な報道になるはず­がなく、マスコミの意図的な印象操作だとわかります。
現時点での事実関係を考慮すると、漁船側に不利なものしかなく、マスコミが如何に偏向­報道しているかを実感します。
日本を立て直すには、まずマスコミをどうにかしなければなりませんね。


音楽:甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com/

引用:https://twitter.com/hayarisutari/stat...
http://togetter.com/li/616491
http://matome.naver.jp/odai/213898746...
http://www.aab-tv.co.jp/news/ann_topn...



  1. 2014/01/17(金) 01:21:20|
  2. 反日ファシズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。