変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変容する「中華民国」、民族国家普請中の台湾

5月20日、中華民国第14代総統に蔡英文民進党主席が就任した。

就任式と祝賀セレモニーおよび祝賀宴はそれぞれ台湾報道各社によりインターネットで中継放映が行われた。

ドイツ時間では早朝3時から開始であったので、ライヴで見たのは祝賀宴だけでそれ以外は録画で視聴した。

以下は総統府のYouTubeオフィシャル・アカウントにより配信された録画である。



またFBを通じて台湾のFBFのメッセージも随時うけとることができた。

一部の過激独立派、過激統一派をのぞいて大多数の台湾国民は素直に喜びを表現していた。

それもむべなるかな

台湾国民はとうとう自らの国を建てる端緒についたからである。

表だって言葉にはしないが、蔡英文総統と国民との間には暗黙の了解すなわち「黙契」が存在するからである。

それは、「中華民国」体制の中で「中華民国」を換骨奪胎しいわば「台湾共和国」建国を密かに実行する、ということだ。

これは黙契であるから証明はできない。


台湾国民であればただちに理解できることであるし

蔡英文総統の発言や就任セレモニーにおけるパフォーマンス、就任演説にはいくつかのメッセージが含まれており

国民はそれを確かに受け止めることができたであろう。

520 A

蔡英文総統の就任演説の以下の部分にそれが顕れている。

「私は中華民国憲法に基づいて総統に当選したのであり、中華民国の主権と領土を守る責任があります。東シナ海、南シナ海での問題に対し、我々は争いの棚上げと資源の共同開発を主張します。」
(ラジオ台湾、蔡英文・新総統の就任演説より)
<原文>
「我依照中華民國憲法當選總統,我有責任捍衛中華民國的主權和領土;對於東海及南海問題,我們主張應擱置爭議,共同開發。」蔡英文FBより)


これははっきり言えば言い訳である。

何の言い訳か?

すなわち、総統府中山庁における就任宣誓式において,

中華民国国旗と孫文像の前で宣誓し、さらに「国歌」の初めの部分「三民主義,吾黨所宗」(三民主義は我が党のモットーだ)をうたったことへの、である。

520 B


2015年の双十節(10月10日中華民国建国記念日)において民進党主席としてセレモニーに出席した蔡英文博士は、「三民主義,吾黨所宗」の部分では口を閉ざした。



しかし今回の就任式では二回歌っているのだ。



これは一部の独立派から見れば敵への投降、あるいはかって独立派であった蔡英文博士の変質として攻撃材料になりうる。

そこで「言い訳」も必要になるというものだ。

台湾独立とは言上げするものではなく黙って行うものである。

またわざわざ独立するまでもなく中華民国は台湾における主権独立国家である。

ただ、その國名が「中華民国」であることが問題の核心であるのみである。

英文で「中華民国」は、「Republic of China」、これを素直に和訳すれば「シナ共和国」となる。

1971年の連合国総会で決議された2758号決議(通称アルバニア決議案)は、シナ代表権を「中華民国」に代わって「中華人民共和国」に与えた。「中華人民共和国」は「中華民国」として連合国安全保障常任理事国として連合国に加入し、「中華民国」はそれまでの席次を喪失した。


China.jpg

これゆえに台湾が「中華民国」という國名に固執するかぎり連合国に復帰することは永遠に不可能である。

最も正しい解決法は國名を正名し「中華民国」と1949年に喪失したシナ大陸における統治権を放棄することである。李登輝総統時代の1991年、動員戡乱時期臨時条款を破棄し台湾は共産党との内戦終了を宣言した。これは実質上、大陸における「中華民国」の統治権を放棄し、領土を台湾・澎湖諸島金門馬祖に限ったものである。

しかし馬英九は李登輝総統がせっかく布置した「特殊な国と国との関係」をそれ以前の「一つの中国」へと後退させてしまった。

その悪質な売国政策への歴史評価及び収賄犯罪などの清算はおいおいなされることであろう。

台湾に於ける諸悪の根源「中華民国」と国民党統治のうち国民党についてはほぼ解決した。あとは党産処理をつうじてその自然消滅を待てばよい。

処理が困難なのは「中華民国」である。

これを如何に処理するか、台湾国民は固唾をのんで見守っている。

もちろん国際環境、とくに米シ関係が根本的に重要である。

目下、シナ共産党統治が揺らいでおり政府は内政問題を外交問題により人民の目をそらそうと南シナ海で侵略行為を重ね、周辺各国およびわが国、さらには米国の極東戦略を大きく刺激している。

それゆえ米国も対台湾戦略を変更しつつある。

It’s time to ditch the ‘one China’ fiction and normalize relations with Taiwan
(「一つのシナ」という虚構を溝に捨て台湾との関係正常化をする時だ)

5月18日、ワシントンポストに掲載された記事である。

表題がすべてをものがたっている。

いわゆる「一つの中国」という虚構は、台湾海峡を挟んで「中華人民共和国」「中華民国」それぞれが「中国」の代表権を争っていた時代の名残である。

その虚構性は「中華民国」側により明らかであったゆえに1971年の連合国決議があった。


台灣自己國家自己就


その際、日米両国は最後まで「中華民国」を支持したが負けが決まる段階で、時の蒋介石政権に台湾名義で連合国へ残留するよう建議したのだったが、蒋介石は拒否した。虚構にすがりついたのである。

その態度に乗じて「中華人民共和国」側の「一つの中国」「その中国とは中華人民共和国」と、ここまではそのとおりだが、しかしそこに「台湾は中国の一部」という新たな虚構が造り上げられたのであった。

そしてそれが彼らの台湾侵略併合の野望を「祖国統一」と読み替える根拠となっているのだ。

ゆえに台湾が「中華民国」体制を維持する限り「中華人民共和国」の脅威は絶えない。

であるから台湾の希望は「中華民国」を捨て去るところに存在する。

上記ワシントンポストの記事に倣えば、

It’s time to ditch the ‘Republic of China’ fiction and normalize the name of state as Taiwan.

と、いえよう。

蔡英文総統と台湾国民との「黙契」によって「中華民国」の正名すなわち台湾共和国の建国が粛々と進捗することを期待してやまない。







スポンサーサイト
  1. 2016/05/21(土) 11:11:01|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「中国」国民党、崩壊目前のドタバタ劇♪

昨日5日の「新聞追追追」という政治討論番組で胡忠信氏が国民党内ディープスロート内部情報として「<換柱>には馬総統も同意した」と述べたが、どうやらほんとうに<換柱>(洪秀柱を降ろして他の候補者を立てる)に動き出すようだ。

洪秀柱は二度にわたる朱立倫主席の説得に応じず、国民党大会で正式に選ばれた候補人を換えることはできないとつっぱねたが、国民党スポークスマンで政治討論番組常連の楊偉中氏は、候補者を選ぶ権限のある機関はそれを取り消す権限もあると述べ、党の意向を表明している。



明日7日には党臨時中央員会が開かれ臨時全国代表大会招集を決め二週間後に開催、そして新たな総統選候補者を決定することになろう。

たとえあらたな総統選候補者がでようと民進党蔡英文候補には遠く及ばず勝ち目はないが、しかし<換柱>の狙いは総統選ではなく立法院選挙にある。

Hong Xiu Yhu洪秀柱


洪秀柱の好き勝手に前後矛盾した放言をする地頭の悪さ、下品で高慢な言いぐさ、そしてなによりシナ・イデオロギーに染まった旧「思想」には台湾有権者はうんざりしており、国民党立法院選挙立候補者は洪を忌避していたが、このままでは立法院選挙も惨敗で自らも落選するという危機感から党中央を突き上げた結果の<換柱>という前代未聞のドタバタ劇だ。

引き際を見極められなかった洪秀柱の政治家としての資質(の無さ)は自らをしてその政治的生命を面子を大いに失するという最悪の形で終わらせようとしている。

また一方で自らは負け戦には出たくないゆえ総統候補選出予備選という「制度」にこだわり洪秀柱をしてここまでのさばらせてしまった朱立倫であるが、ここにきてさらに洪秀柱に代わって総統選候補者ともなれば、洪を支持してきた党内右派(統一派)から強烈な反撃を喰らい、また多数派である本土派からは優柔不断で無能と見下され、また今回の混乱を作り出した責任と党運営の無能さを追求され、さらには選挙敗北の最終責任を負わされ、これもまた政治生命を終える事になる。

Chu lilun朱立倫


引くも地獄、進むも地獄の「中国」国民党である。そして<換柱>の成果如何にかかわらず党分裂は必至だしまた事実上すでに分裂している。

来年一月の選挙の結果、よければ少数政党化し、悪しければ党の崩壊消滅も夢ではない♪ 
惨敗した後は本土派がまとまって台湾国民党として再出発すればよいではないか。いずれにせよあと数ヶ月で台湾の新たな歴史が始まろうとしている。

その台湾国民党の指導者には当ブログではずっと以前から支持し続けてきている王金平現立法院長が主導的な役割を果たすだろう。

今回の総統選候補を巡る党内闘争では敵は馬英九とその一派だけという人脈の広さから王金平が最有力候補と見做され来たし、王氏であれば台湾民衆の支持も厚いのでが民進党蔡英文候補とも互角に戦えたかも知れない。去年3月から4月にかけての太陽花学生運動で学生有志たちにより実行された立法院占拠を円満に解決した王氏の政治力と手腕の見事さの記憶も新しいからだ。

Wang jinping
中央が王金平氏



しかし、馬英九は政敵王金平氏の総統就任はあくまで阻止するという意思の強さといまだ保持する党内権力を用い、王氏の総統選参戦を邪魔する構えだったために王氏は大局を見て結局はみずから総統選参戦を辞退してしまった。王氏のこのタオイスト的処身術がこれから徐々に効き目を現すことだろう。民意は王氏に同情し支持しているからだ。

「中国」国民党が崩壊消滅すれば外来政権である「中華民国」の命運も定まる。それが台湾にとっては何よりの希望である。

「中国」国民党本土派と親民党が合体して台湾国民党が結成され、民進党との台湾本土派二大政党による民主政体が実現すれば希望の日は近づく。台湾のためにそれを祝福したい。








  1. 2015/10/06(火) 19:31:25|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

柯文哲台北市長、ふたたび 馬英九のデス・シェークハンドを拒否す

本日2月28日は台湾の228事件68周年記念日だった。
台北で行われた馬総統などの国家指導者も参加しての中央祈念セレモニーで発言した台北市長・柯文哲氏は、自らの祖父が被害者ということもあり、発言中に嗚咽が激しく発言が中断した。



柯市長の祖父柯世元は、1895年生まれゆえ日本統治下の台湾で日本人としてほぼその全生涯を過ごした。しかもいわゆる皇民化運動にも積極的に参与し、皇民としての日本名を青山觀也という。台北師範大学を卒業後、新竹で教師として勤めた。日本敗戦後は道を失い落胆していたが、戦後GHQの指令で台湾を接収した国民党により新竹の督学(教育検察官)に任命された。

祖父柯世元左一が柯世元


しかし1947年に228事件が起こると国民党政府は日本の教育を受けた高級知識人の一掃抹殺を謀ったため、柯世元もその対象となり国民党軍に逮捕拘禁され一か月にわたる激しい拷問をともなう査問を受けたのち障碍者となって帰宅を許されたが、自宅療養の甲斐なく三年後死亡した。

その息子であり柯市長の父である柯承發(1933年生まれ)はその父亡きあとの家計を救うため台湾大学医学部から新竹師範学校へ転向しそして教師となって自己の医師となる希望を断念した。

柯承發


柯承發は日本統治下に生まれ教育を受けたため、その人品は戦前の古き良き日本人の姿をほうふつとさせる。彼は息子・文哲の発言中はじっと泣くことを耐えていた。

発言を終えて発言台を下りた柯市長に対して馬総統が握手を求めたが市長は手を振って握手を拒否した。

228 celemoney 2015




馬総統の握手は「デス・シェークハンド」といわれ握手したものに不幸をもたらすといわれている。
本年元日の総督府前の国旗掲揚式に参加した柯文哲市長が馬総統に握手を求められたが、その時も右手に持った国旗を離さずその握った手をそのままだした。馬は仕方なくその拳骨に握手したが両者とも目を合わさないという異様な光景があったことは耳目に新しい。

20150101 柯文哲a


柯文哲氏はIQ160あるといわれほとんど天才的頭脳の持ち主だが、しかしEQは低く他者との付き合い交流が下手だともっぱらの評判だ。
元日に続く今回の総統との握手拒否はしかしそのEQの問題だけではなさそうだ。

昨年11月29日の統一市長選で国民党は大惨敗したが、その最も大きな理由は馬英九の失政である。とくにシナとの実質的統合をめざした馬の早急な大陸政策が3月18日の学生たちによる立法院占拠という事態を招きその収拾に失敗したことも民意の離反を招いたのだった。そしてその民意が台湾大学病院の外科医であった柯文哲をして台北市長へと押し上げたのだった。

kewenzhe GP

市長就任後の柯文哲氏は、とくに政治家と財団の癒着による表面上は合法だが内実は財団有利で非合理的な事業契約に次々とメスを入れ、台北市民ばかりではなく台湾全土の民衆から喝采を受けている。

台湾の政治状況は来年の総統・立法院ダブル選挙へ向けて政局へと発展しつつあり、無能で脳死状態の馬総統の辞任を求める声も高い。

そのような民意を背にしての柯市長の総統に求められた握手拒否という政治的表現を見なければなるまい。

最期に、先日亡くなった台湾の音楽家・蕭泰然による228事件へのレクイエム<1947序曲>を貼って事件の殉難者を冥福を祈りたい。



1951年にわが国は連合国その他の関係各国と締結したサンフランシスコ平和条約において台湾の主権を放棄した。しかしこの時中華民国は条約に調印せず、日本との単独講和を翌年に締結した。日華平和条約である。その際にわが国の台湾の主権放棄が確認されたのである。

ゆえに1947年に起きた228事件で国民党軍に虐殺された台湾の人々は国際法的には依然として日本国民であったことを忘れてはならない。




  1. 2015/02/28(土) 17:08:07|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽花激民主浪 新聞新視野特別節目(四)



公開日: 2014/04/12

太陽花激民主浪 新聞新視野特別節目(四)
(NTDAPTV) http://ap.ntdtv.com/

【新唐人亞太台2014年4月12日訊】為期24天的太陽花學潮,已經落幕,新唐人亞­太新聞部特別製作一個小時的專題新聞節目,帶您深度瞭解這場已經成為台灣人共同記憶的­太陽花反黑箱服貿學潮。

本期節目內容有:

國家屬於人民!太陽花光榮退場
趨吉避凶! 學生籲擺脫馬英九黨紀操控
傾中的馬政府 台灣已成危險赤色島?
郝毅博再談太陽花 傾聽烏國民眾看法

人民議會審監督條例 國安.人權放第一
外媒讚台灣太陽花學運 或能改變華人世界
太陽花堅實翻譯團隊 反服貿訴求躍國際
社群網路力量 催化公民運動遍地開花

太陽花反服貿 創意標語展台灣言論自由
行銷3.0世代 社群媒體成主流
一天募百萬 40導演籌拍學運紀錄片
太陽花學潮 敲醒沉睡社會喚使命

太陽花赴美 羅拉巴克:學子不向中共低頭
陸資大舉壓境 中國正在買台灣
犧牲民主換利益?太陽花給商老們的思考
太陽花落幕刊廣告 盼良心媒體同守民主

新唐人亞太電視台

按讚加入官方FB http://www.facebook.com/ap.ntdtv



  1. 2014/04/12(土) 22:56:25|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【現場直播】【太陽花學潮_反服貿】太陽花學潮光榮退場 特別報導 |反服貿|318學潮|太陽花

公開日: 2014/04/10

【現場直播】【太陽花學潮_反服貿】太陽花學潮光榮退場 特別報導 |反服貿|318學潮|太陽花

(NTDAPTV) http://ap.ntdtv.com/

歡迎您收看由新唐人亞太電視新聞部為您製作的「太陽花學潮 光榮退場」特別報導。

新唐人亞太電視台

按讚加入官方FB http://www.facebook.com/ap.ntdtv






  1. 2014/04/10(木) 19:08:20|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。