変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わが国のかたち@顔本、増税を煽るだけ煽り、決定すれば弊害・問題点を訴える

 

増税を煽るだけ煽り、決定すれば弊害・問題点を訴える。
更には新聞への軽減税率適応を叫び、そして政府批判。
何が「ニュース・新聞」だ。全て「今さら何言ってんだ」である。
うさん臭いクズ人間の集団。

■17年ぶり消費増税―目的を見失ってはならぬ
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=com_top_pickup

■消費税8% 賃金上昇や雇用拡大が課題
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131002/k10014962671000.html

■消費税率8%で家計の負担は
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131001/t10014951491000.html

■「年金は下がり生活切り詰め」 消費増税表明に商店街では
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20131002/CK2013100202000110.html

■社説:消費税8%へ 増税の原点を忘れるな
http://mainichi.jp/opinion/news/20131002k0000m070126000c.html

■消費増税:町工場「仕事増えない」
http://mainichi.jp/select/news/20131002k0000m040104000c.html

■消費増税:「首相、同じ生活をしてみて節約できますか?」
http://mainichi.jp/select/news/20131002k0000m040105000c.html

■好循環、企業頼み メーカー「賃上げ、別問題」 消費税8%決
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201310010749.html?ref=reca

■消費税8%表明 しわ寄せはいつも国民「この国は“うばすて山”か」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/10/02/kiji/K20131002006728650.html

 

<我が国のかたちさんの顔本 https://www.facebook.com/iahdagd より転載>

 

 

スポンサーサイト
  1. 2013/10/02(水) 10:36:00|
  2. 我が国のかたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が国のかたち@顔本、しばき隊と反天連

こーゆーことをする輩が「差別やめろ!ヘイトやめろ!仲良くしようぜ!」などと言っております。そしてこーゆー輩を支援しているのが有田芳生です。全てがそうとは言いませんが、我が国において「差別反対」だの「人権」だのと叫ぶやから往々にしてうさん臭い、反日団体でございます。
 

 

 

<我が国のかたちさんの顔本 https://www.facebook.com/iahdagd より転載>

 

我が国のかたちさんは以下の動画のURLもリンクされているのでリンクをたどって説明文だけを紹介してみる。理由は説明文に。

 

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0abIhVilZoQ#at=74

 

 

公開日: 2013/08/15

***画質をHDに選択していただくと高画質で視聴できます***
平成25年8月15日の終戦記念日に靖国神社付近で行われた反日、反天皇制団体の反天­連(反天皇制運動連絡会)のデモで畏れ多くも天皇陛下のお顔写真の額に卍を描いて更に­ガイコツの体を付けたガイコツ人形に憤慨した在特会さんのイケメン青年が反天連のデモ­隊に突入して天皇陛下を侮辱したガイコツ人形を破壊して機動隊に引き釣り出された時の­動画です。
やり方は元気良すぎるとは思いますが、イケメン青年の考えは至って正常な日本人の感覚­です。
天皇陛下を侮辱し、反日活動を行う反天連は地球上から一日も早く殲滅して欲しいと思い­ます。

【追記事項】
入ってきた情報によると、この在特会さんのイケメン青年はすぐに自由の身になったそう­です。安心しました!

【注意】個人のブログ(mixi FB info ライブドアブログ アメブロ)等への本動画の紹介やURL転載は問題ありませんが動画サイト(You Tubeニコニコ動画他)に無断転載を禁じます。デリケートな動画ですのでご理解お­願いします。
特にTV東京,東スポ,チャンネル桜,自民党政調会、三橋貴明先生、保守速報を除くマ­スコミの無断転載は全面的に禁じます。

  1. 2013/08/17(土) 19:36:00|
  2. 我が国のかたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【動画】平成25年8月15日全国戦没者追悼式


平成25年8月15日全国戦没者追悼式 von marooichan

 

以下に安倍総理の式辞テクストを首相官邸HPより転載

天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、戦没者の御遺族、各界代表多数の御列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致します。

 祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に倒れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異郷に亡くなられた御霊の御前に、政府を代表し、式辞を申し述べます。

 いとしい我が子や妻を思い、残していく父、母に幸多かれ、ふるさとの山河よ、緑なせと念じつつ、貴い命を捧げられた、あなた方の犠牲の上に、いま、私たちが享受する平和と、繁栄があります。そのことを、片時たりとも忘れません。

 御霊を悼んで平安を祈り、感謝を捧げるに、言葉は無力なれば、いまは来し方を思い、しばし瞑目し、静かに頭を垂れたいと思います。

 戦後わが国は、自由、民主主義を尊び、ひたすらに平和の道を邁進してまいりました。

 今日よりも明日、世界をより良い場に変えるため、戦後間もない頃から、各国・各地域に、支援の手を差し伸べてまいりました。

 内にあっては、経済社会の変化、天変地異がもたらした危機を、幾たびか、互いに助け合い、乗り越えて、今日に至りました。

 私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた、国の未来を切り拓いてまいります。世界の恒久平和に、能うる限り貢献し、万人が、心豊かに暮らせる世を実現するよう、全力を尽くしてまいります。

 終わりにいま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆様には、ご健勝をお祈りし、式辞といたします。

平成二十五年八月十五日
内閣総理大臣  安倍晋三

 

  1. 2013/08/16(金) 10:26:00|
  2. 我が国のかたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

我が国のかたち@顔本、英語コンプレックスの日本人に捧ぐ

センス抜群。
グローバリゼーション=英語と考える愚かな企業と
英語コンプレックスの日本人に捧ぐ。

英語の前にまず日本語。
自ら考え、意見を言えぬ者、
自国の歴史・伝統を知らぬ者は
いくら英語を喋れても意味はない。
そこら辺をすっ飛ばし英語に邁進する姿勢は間違い。
目的と手段が逆。

  1. 2013/04/08(月) 08:03:00|
  2. 我が国のかたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【TPP反対】 我が国のかたち@顔本、「TPP交渉参加したら抜けられない」はデマ

私は民主党政権時でのTPP参加には大反対だった。
あの対応、閣僚の無知、情報提供の少なさ。
ハッキリ言って反対する材料しかなかったのが現実。
民主政権下であれば「反対」を言い続けたであろう。

では今は賛成かというとそうでもない。
私は安倍総理を支持しているが、TPPに関しては手放しで支持はまだできない。確かに「聖域なき関税撤廃」の前提条件は無くなったのであろうし、この時点で従来のTPPではなくなった。論理的に考えても公約を破ったワケではない。とは言え、まだ不透明な個所はある。

民主政権下でのTPP報道は酷かった。
「輸入品が安くなる!米が安くなる!世界で孤立する!中国包囲網に参加せよ!」なぞあまりにステレオタイプの報道ばかりで、反対派の不安を沈める報道は殆んどなかった。しかも反対派の論調は整合性の取れたものだった。ところが政権が変わり、安倍憎しの姿勢も相まってマスコミからも反対の論調もでてきた。

やっと「新しい材料・資料」が増えてきた感じである。
そーゆー材料を眺め、日本のメリット、デメリットを考えたい。

そーゆーワケでこの期に及んでも明確に賛成、反対も言えない惰弱な状況ではあるが、だからと言って「安倍許さん!」なぞと脊髄反射的に叫ぶ気は全くない。

日本のことを考えれば「安倍総理しかいない」
それは全くもって揺るがない。
--------------------------------------------------------------------------

■「TPP交渉参加したら抜けられない」はデマです
Posted: 3月 15th, 2013 ? Filled under: 政治

「TPPは交渉参加した時点で発効」という話の真偽について、昨日から色々な人にヒアリングしたり自分でも調査しました。結論をお伝えします。

これはデマです。

大平三原則でググりましょう。
国会承認が必要な条約と、条約や国会承認の範囲内でしか認められない「行政取極」の区別はすでに1974年に画定されております

参考資料:
条約の国会承認に関する制度・運用と国会における議論
― 条約締結に対する民主的統制の在り方とは ―
外交防衛委員会調査室 中内 康夫

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2012pdf/20120702003.pdf

次にTPPに関する論点について整理の通り整理しておきます。

事実1:国際法の慣習に照らして分かったこと
・条約または通常協定であり、発効には議会の承認が必須。
・「交渉に参加したら発効」というのは言い過ぎ。少なくとも国際法的にはあり得ない。
京都議定書に調印しておきながら、議会の承認が取れないということで無視し続けている国がある(もちろん、アメリカw)

事実2:アメリカ国内のTPP反対派は無視できない
NAFTAトラウマ(アメリカの仕事がメキシコに奪われた!
・リベラル派のメディアはハフィントンポストを筆頭に総じてTPP反対キャンペーン中
・労働組合や一部農民も反対運動開始
→証拠 http://economyincrisis.org/content/thousands-have-demonstrated-against-nafta-nows-the-time-to-protest-tpp

事実3.オバマ大統領に交渉権ナシ
・TPA権限を議会から授与されていないので、オバマ大統領およUSTRには全権委任状がない
・仮にTPP交渉がまとまったとしても、オバマ大統領は議会承認というハードルを越える必要がある
・米議会の承認なしに、米国内でTPPが発効することはない(事実1の通り)
(憶測ですが、、、)日米共同声明で、両国の「センシティビティー」について触れたのは、オバマの議会対策の布石だったかも、、

結論:陰謀論的な背理法
・国際法の慣習を無視して国会承認なしでもTPPを強制できる強制力が存在すると仮定すると、、、
国会決議を無視できるということは事実上どんな条項でも相手国に飲ませることができる
・それだけの力があれば「交渉参加を拒否した国」に対しても強制することができる
・それだけの力を持った国が存在しているのであれば、現時点で日本がその力に支配されていなければならない

(結論A)国会決議を経ない法律に基づいた規制や判決が出ていることが確認できないのでこの仮定は間違っている→交渉経緯を見守り、骨抜きにならない場合は国会で撃破
(結論B)すべてを支配している勢力が結論Aを巧妙に隠蔽している→そんなに強力な敵がいるならもう何をやっても無駄です。あきらめてください。

安倍総理は自民党が決議した例外品目リストを片手に交渉に臨みます。
今はガセネタで盛り上がっている場合ではありません。(そういう人は自重しましょう)
私は安倍総理を信頼して、今後の交渉の経緯を見守りたいとおもいます

自民 TPPの例外品目で決議 NHKニュース
http://nhk.jp/N46U5XXQ
http://real-japan.org/2013/03/15/1359/

「TPP交渉参加したら抜けられない」はデマです(上念司)

<我が国のかたちさんの顔本 https://www.facebook.com/iahdagd より転載>

  1. 2013/03/15(金) 18:13:00|
  2. 我が国のかたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。