変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【閲覧注意】藤岡信勝@顔本、通州事件の記録写真を南京大虐殺と捏造

通州事件で支那人が日本人に対して行ったことを、南京で日本人がやったことにすり替える。これが、アイリス・チャンの『レイプ・オブ・南京』を初めとするすべての南京大虐殺本の手口です。以下の記録は、日本の文化では公衆の面前にさらすのにふさわしくないことを私は重々承知していますが、子供の目にさらすにふさわしくない漫画がすでに日本全国の学校に普及し尽くしている以上、ここで見ていただくしかないと考え、シェアーさせたいただきました。

 

 

 

藤岡信勝氏の顔本<

https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka?hc_location=stream>より転載

スポンサーサイト
  1. 2013/08/29(木) 09:19:00|
  2. 藤岡信勝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤岡信勝@顔本、やくみつる、TVタックル

やくみつるという漫画家は絵もうまいし、漢字もよく知っているし、相撲にかける愛情も並大抵のものではないという、面白い人物だと思っていた。しかし、昨日のTVタックルを観て、幻滅した。日本が武器を持つよりも、ソ連様でも中国様でもどうぞ占領して下さい、そして占領下で生き延びる道を私は選択したい、という意味のことを言ったのである。

 これは演技かもしれないと思った。テレビ局の番組の都合で、そういう役目を振り当てられたのである。しかし、人間というものは案外正直なもので、全く思ってもいないことはなかなか言えないものだ。まして、自分が半ば欠陥人間であり、二級市民であることを演じきるのは、本心でなければつらいものがあろう。

 日本人の中に、危機的状況が近づくと、この種の民族的劣性遺伝子が疼き出すことは心得ておくべきことである。知識人の中にも、日本はソ連が攻めてきたらたたかわず、白旗を揚げて占領されればよい、ソ連の属国になればよいと、かつて『文藝春秋』で大まじめに主張した学者がいた。

 やくみつるも上記の学者も、共産主義国家の恐ろしさを知らないだけである。スターリンの支配下で何がおこったか、中国の属国になっているチベット、ウイグルで何がおこったか、無知なだけである。やくみつるのようなことを考える日本人は一定数いるだろうが、そういう存在が許されるのは、まともに国を守る必要を感じて汗を流している人々が他に沢山いるからからである。そのおかげで、生きていられるのである。1億3千万人が、皆やくみつるになったら、と想像してご覧なさい。それはゾッとする世界だ。

 1億3千万人が皆、「従軍慰安婦」の嘘にたぶらかされ、日本は未来永劫謝罪しつづけなければ近隣諸国から存在を許されない犯罪国家だと信じ込み、日本が侮辱されていることを何とも思わなくなれば、その時は日本という国家が精神的な意味で消滅している時である。「日本列島は日本人だけのものではない」というルーピー首相の思い描いた「逆ユートピア」の世界が現出した時でもある。

<藤岡信勝氏の顔本 https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka?hc_location=stream より転載>

 

 

 

件のTVタックルを探してみた。

 


TVタックル 2013.05.27

 

 

個人的感想をいえば、「歴史問題」は棚上げしてまずアベノミクスを成功させることが肝心であろう。

 

なぜなら、毒亜および米国のある部分(それはドイツ現指導部とも関連していようが)はアベノミクスが自国および自己勢力に不利であることを痛感しており、安倍総理による日本復活を妨害しようと「歴史問題」で我が国へ情報戦争を仕掛けているからだ。

 

ゆえにこのタイミングで橋本が不注意とも思える確信犯的な発言をしたのは実に香ばしいのである。

 

  1. 2013/05/28(火) 07:44:00|
  2. 藤岡信勝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

藤岡信勝@顔本、反日「日本人」記者にはめられた猪瀬知事

日本人でありながら海外のメディアに雇われて、専ら反日記事を書くことを仕事にしている一群の女性記者がいる。第一次安倍内閣が発足すると、「河野談話」の撤回を阻止するための国際的包囲網が直ちに布かれた。2007年3月、その役割を担い、AP通信記者として慰安婦問題の長文の反日記事を早手回しに書いたのが、以下で言及されている田淵広子という人物だ。ワシントン・ポスト紙に掲載された記事を、今も思い出す。そして、今回、猪瀬知事をはめたのも彼女だというので驚いた。今はニューヨーク・タイムスの東京支局に勤めているのだそうだ。「善次郎さん」のブログから引用させていただく。

 《反日記者 Hiroko Tabuchi(田淵広子)にはめられた猪瀬都知事(2013.4.30)  

「善次郎」が大好きだった昭和天皇の誕生日である29日、2020年オリンピック大会の東京招致運動を進めている猪瀬都知事が、ニューヨークタイムズ(NYT)紙のインタビュー中で、他の立候補都市の批判や比較を禁じたIOCのルールに反して、イスラム諸国について「ケンカばかりしている」と発言し、IOCがルール遵守の声明を発する事態になっているというニュースが流れた。


 早速、ネットでNYT紙の問題の記事にあたってみると、Ken Belson記者の署名があるものの記事の末尾に " Hiroko Tabuchi contributed reporting " とあったことから「猪瀬さん、嵌(は)められたな」と直感した。Hiroko Tabuchi(ネット上では、しばしば田淵広子と漢字書きされている。以下「田淵」という) は神戸生まれ、2008年にNYT紙の東京支局に採用されているが、それ以前にAP(Associated Press)のレポータとして3年、ウォールストリートジャーナル紙の東京特派員として1年のキャリアがある。

 

私が初めて田淵の存在を知ったのは、APのレポータ時代に田淵が書いた慰安婦問題南京事件に関する記事である。徹底的に日本を罵倒する、それこそ吐き気を催すような内容の記事だったので、おそらくチャイナ系やコリア系のレポータが原稿を書いているのだろうと、記事の末尾を確認したら Hiroko Tabuchi contributed ・・・・ と書かれていて仰天した記憶がある。

 

かってNYT紙の東京支局には Norimitsu Onishi(大西哲光? 以下「大西」)というカナダ国籍の札付きの反日記者(千葉県市川市国府台の在日韓国・朝鮮人居住区で生まれ育ったという噂もあるようだが定かではない)がいて、日本を貶める記事を散々に書きまくったが、大西がジャカルタ支局に転籍するのと入れ替わりの形で、反日記事を書く新たな担い手としてこの田淵が登場している。田淵も筋金入りの反日記者である。
(中略)


 昨年9月に安倍晋三さんが自民党総裁に選出されると、待ってましたとばかりに「安倍は短命だった前任期中に、平和憲法の改憲に向けて動き、アジアの女性たちを強制的に性奴隷(sexual slavery)にしたことを否定し、さらには教科書を改訂(日本の戦時における史実を隠蔽)してチャイナやコリアの怒りを買った」と吹聴する。「反原発」と「性奴隷(田淵は「慰安婦」という造語は使わず、「性奴隷」を好んで使うようだ)に対する責任追及」が田淵の二本柱である。いってみれば、社民党の瑞穂ちゃんが記者の肩書きで、ペンを握っているようなものだ。「タチが悪い」とは、この田淵のような人間を言うのだろう。


 話は戻るが、猪瀬知事に対するインタビューは、知事が招致運動のためにニューヨーク市を訪問していた4月16日(現地時間)に現地で行われ、東京支局員でスポーツ担当のKen Belson記者のほかに、この田淵が同席して行われたという。ところが、インタビューの内容はいっこうに活字化されず、10日以上経過して初めて猪瀬知事を批判する形で記事にされた。

 

記事が掲載された26日は、丁度、安倍内閣の閣僚や多数の国会議員が春の例大祭に合わせて靖国神社を参拝したことを受けて、NYT紙が「日本の不必要なナショナリズム」と題する社説を掲げて日本叩きを始めた時期と重なる。どう考えても作為的だ。日本語も堪能なBelson記者と日本語ペラペラの田淵が、わざわざ通訳を介してインタビューしたというのも胡散臭い。猪瀬都知事は完璧に田淵たちに嵌められたのだ。日本人の女性記者だからと、気を緩めたとしたら、猪瀬さん、甘すぎましたね。》

<藤岡信勝氏の顔本 https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka?hc_location=stream より転載>

 

 

http://zenjirosan.web.fc2.com/tabuchi.html

 

この田淵広子という名前も、大西哲光同様に通名ではないのか?という疑問が沸々とする。

 

真の日本人なら海外で斯くの如き反日工作ができるとは信じたくないのである。

 

 

 

  1. 2013/05/10(金) 17:03:00|
  2. 藤岡信勝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。