変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

攻撃されている「博士の独り言」の記事

また「博士の独り言」が攻撃をされて表示不能になっている。

以下、「貼るノート・II」のcoto matocaさんが保存された記事とそのエントリー全文を採録する。


≪引用開始≫


人気ブログランキング

第一位「博士の独り言」が

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1336.html

表示されなくなって9時間経過しますが
          
7:30現在)

攻撃される直前の記事はこれです。






英皇太子「五輪行かない」

2008/01/29(火) 12:56:31 [国際時事]

 

 
英皇太子「北京五輪行かぬ」

20080129003
チベット弾圧に関心…英皇太子「北京五輪行かぬ」
 チャールズ英皇太子が今年夏に開催される北京五輪に出席する予定がないことが28日、分かった。英王室が産経新聞の取材に答えた。理由は明らかにしなかった。28日付の英紙デーリー・テレグラフによると、同皇太子は、中国チベット自治区における同国政府の人権弾圧を訴える団体からの質問状に対して、「北京五輪の開会式には出席しない」と手紙で答えたという。同皇太子はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と何度も面会するなどチベット問題に強い関心を寄せてきた。(ロンドン 木村正人)イザ(産経新聞)1月29日付記事より参照のため引用/写真は「Daily Telegraph
1月28日付記事」。参照のため引用。
----------

殺人国家の五輪開催

 開会が近づいている「北京五輪」に関し、同国の五輪開催の矛盾については、有志ブログの多くがあつかわれていることと思う。諸氏の英邁な指摘と論及、周知の尽力に敬意を表し、小ブログからも短稿を呈する。

 中国共産党による人命軽視の問題は深刻であり、反動分子や異端徒とみなした自国民に対する残虐な弾圧を含め、その大量虐殺は、本来は独立国家であるチベット、東トルキスタンにまでおよんでいる。1997年にフランスで出版された『共産主義黒書』(Le livre noir du communisme, Editions Robert Laffont, Paris, 1997)によれば、中国共産党による「中華人民共和国」の建国以来の殺害は膨大な数に上る、と記されている。ジャン・ルイ・マルゴラン氏は、信頼でき得る数値として、国民党との内戦期を除いた犠牲者数を次のように概括し、同書の中に記している。

 『体制によって暴力的に死に至らしめられた人』が700万~1000万人(チベット人を含むとするが、数十万人と過少)。『「反革命派」としてラーゲリに収容され、そこで死亡した人』が約2000万人。『大躍進期(1959~61年)に餓死した人』は2000万~4300万人と。さらに、諸団体の概算によれば、中国共産党が東トルキスタン(新疆ウィグル自治区)で実施した核実験(50回)による放射能汚染で75万人が死亡。中国共産党の「計画育成」政策のもとで750万人の胎児を強制的に堕胎させ、さらに、「政治犯」として50万人を殺害している。チベットでは人民解放軍の軍事侵攻以来の犠牲者は150万人(仏教誌・大法輪)におよぶといわれる。

 同国内の厳しい言論統制のためか、ニュースとして漏れ出る機会は少なくなったが、チベット人、東トルキスタン人に対する銃殺行為はしばしば報じられ、臓器収奪を目的とした法輪功、異教徒の処刑、虐殺は実態証拠とともに国際世論に問われている。1日に平均して250件以上の発生が伝えられる国内各地の暴動でも、鎮圧による犠牲者は絶えることはない。このように、中国共産党による人命軽視の本質はいささかも変わらず、世界有数の「殺人国家」と認識して良い。むしろ、この認識に欠ければ「中華人民共和国」を語るに値わず、表向きの「微笑外交」に翻弄され、国益を失い、主権侵害を許す結果を招きかねない。まして、斯様(かよう)な背景に目を瞑(つむ)るかのごとく、「北京五輪」の資金収集に奔走する国会議員諸氏の集団が存在することは、忌むべき「内なる国辱」と謂えよう。
----------

チャールズ英皇太子の意思表示

 さて、表題に報じられるチャールズ英皇太子の意思表示には、興味深いものがある。英皇太子は、ダライ・ラマ14世との交流の中で知り得た「中国の真実」。記事に、映画「セブンイヤーズ・イン・チベット」のシーンを彷彿する。採り上げられている『デーリー・テレグラフ』の当該記事によれば、英皇太子はすでに昨年の時点で、「北京五輪」に出席する意思はないことを明かしておられたようだ。いわゆる「グッド・ジョブ」と謂えないか。

 質問状に応えるまで経緯は記事に記される通りだが、回答を得た団体のスポークスマンは、英皇太子の『五輪大会開会式への出席が、事実上、人権を濫用する中国は支持しない(という意思表示)になることを歓迎する。この事実(皇太子の英断を)前例として、他の主な有名人や政治家に追従するよう求めていきたい』(要旨)と。また、『2001年に五輪開催が北京に決まって以来、むしろ同国内の人権侵害は悪化して来た。このままでは恥の大会として(後世に)知られるようになるだろう』と述べている。

 さらに、『(英皇太子の五輪出席辞退の)ニュースは、中国との間に経済、文化的な交流強化を図る英国政府に、とりわけ、最近のゴードン・ブラウン首相や、英国の経済人代表団の訪中にも(目を覚ます)涼風を送るものになるだろう』と。また、『チャールズ皇太子はダライ・ラマ14世をたびたび支援しており、幾度か面会している』。『1999年の江沢民氏(中国国家主席)が英国に訪問した際に、(国賓として)重要な宴席を設けなかった。その理由は、皇太子と追放されたチベットのリーダー(ダライ・ラマ14世)との友情があったからだ』とも述べている。

 1997年の香港返還の際に書かれた皇太子の日記には、中国(共産党)の高官を「古いろう人形たちの目を覚ます(に等しいもの)」、と綴(つづ)られているそうだ。今回明らかになった皇太子の「出席辞退」について、クラレンスハウス(「Clarence House」チャールズ英皇太子の公邸)のスポークスウーマンは、(皇太子の)プライベートな対応については言及せず』と語っているそうだ。以上が記事の要旨だ、短稿に併せて紹介する。英皇太子を引き合いに出して恐縮だが、日本の識者、要人の中に、同様のスタンスを持つ人が1人でも多く存在していただきたいものだ。
----------

「事実」「史実」を識る

 思えば、わが国の場合、ダライ・ラマ14世とも、交流を持つ有識者、高官、および政治家はあまりに少ないのではないか。何を恐れてか、チベットの惨劇を指弾する識者が少ないように感ずるのは筆者だけであろうか。隣国に位置する特定国の「実態を知る」。「史実を知る」。国民に対し、教育の中でも、メディアの報道でも、あるいは日常の中においても、現今、最も知らせて行くべき重要事に違いない。
----------

【筆者記】

 事実を「知られること」を最も恐れる。それが特定国と謂えよう。ゆえに、先手必勝とばかりに、罠や利権を巧みに使い分け、自前のプロパガンダをゴリ圧しして来るのである。事実の検証と周知。そして、可能な限り、さらに世界に周知する。それが今世紀においては、特定国のブラフを見抜き、打ち破る1つの有効な手段となる。世界に対して発信を続ける有志諸氏、識者諸賢に心より敬意を捧げる。後塵をはるかに拝しつつも、小さな活動ながらも、わがNPOも次世代の国民機関を目指して成長してまいりたい。以上、昼の短稿報告にて。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。 拙い記事に対し、有志のみなさまより、内容を的確にフォローいただくコメント、身を案じてくださるコメントに感謝します。昨今、売国事例と呼ぶべきさまざまな事件、不祥事が露呈していますが、良識の力によってこれらを今周知・打開し、未来の教訓とすべき「日本復刻」への確かな前兆と筆者は観ています。先ず膿を出し切って、病を治す。これもまた自明の道と思います。みなさまの応援をお願いします。

 一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えていただき、共に闘ってくださるみなさまに心より感謝します。 

 国民の手で日本を取り戻しましょう! 
  

---------- ----------

【↓特定国のプロパガンダを撥ね返せ
と思われる方はクリックを!】 
 
  

 

以上転載


スポンサーサイト
  1. 2008/01/30(水) 08:23:00|
  2. 博士の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

博士のコメント欄の閉鎖を支持する



『博士の独り言 闘魂編』が、そのコメント欄を閉じられました。

?

最近は、目に余る罵詈雑言、人格攻撃のコメントが続いていました。

?

イザ・ユーザーの方々はご存知でしょうが、イザのコメント欄にはコメントを選択するフィルターの功能がなく、「公開」か「非公開」を選ぶしかありません。

?

ゆえに、あのような批判ともいえぬ、いわば汚い野次の類が書き込まれた場合は、

?

?

1)反論せず晒して置く

2) こまめに反論する
?

3)いちいち削除する

?

かのいずれかです。

?

晒しおいた場合、『博士の独り言』を支持する読者にすれば、目障りにせよ、博士がいちいち反論する必要を認められず、晒しておられるのだな、と理解できます。

しかし、とくに支持するわけでもない読者や反対者や故意の妨害者にすれば、博士が黙認されている、あるいは「黙らせた」と曲解するかもしれません。

?

また、あんな類の「コメント」に、いちいちまともに答えるのはいかに消耗するかは明白で、もしまともに受け答えをして消耗すれば、それもあれらの者達の思う壺でしょう。

?

また削除をすれば「言論妨害」と難癖をつけるのも目に見えています。

?

あれら「自由な言論空間」を悪用する者達と議論をしても始まりません。

?

ゆえに、博士は苦衷の選択をされたのだと思います。

?

?

幣ブログは、元来『博士の独り言』へのコメントから発展したものです。当初の目的は、『博士の独り言』をサポートすることでした。しかし、博士の孤独な戦いを充分にサポートしえたかと省みるに、まことに忸怩たるものがあります。

?

博士は、腕も折れよとばかり剛球による直球勝負をいつも挑まれる豪腕投手です。

卑劣な野次にもめげず、その本領を発揮していただきたいと願っています。

?

しかしながら、必要なときは休息をされ、また日本の敵にむかって直球ど真ん中を投げ続けてくださるよう期待して止みません。


できれば、たぶん博士のご性格から承知はされないと思いますが、イザ版は息抜きの場として活用されるのが良いと思われますが、皆さんのご意見はいかがでしょうか?

  1. 2007/04/29(日) 21:48:00|
  2. 博士の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:39

「博士」からの伝言

「博士の独り言」のメッセージ



博士のメッセージ

 兄(博士)が大変にご心配をおかけしました。申しわけありません。
「博士の独り言」連絡帳にメッセージが入っていました。報告します。

----------

みなさま

 大変なご迷惑とご心配をおかけしました。現在、退避先からコメントを書かせていただいています。

 昨日(9月27日)、「安倍政権一考」という記事をアップさせていただいた後に発生しました。第三者による強制的なリモート侵入による削除、または非表示にする行為であると認識しています。関係ブログにご迷惑が及ぶことを怖れ、リンクを非表示にし、午後5時前に、一旦ログアウトして退避いたしました。その後、状況を目撃した有志の話によれば、どんどん記事が消去(または非表示)となった様子を伺いました。大変に残念です。

 現在、ブログの方にはログインできない状態ですが、この状態が続くとすれば、削除された可能性が考えられますので、その場合は、今度は、外部から侵害を受けないために、独自のドメインとサーバーを準備しての再スタートを考えたく思います。

 私は、これまでに二度、「削除」(立ち上げ時点の数時間で削除されました)を体験しています。特定の賊にとって、「痛いところを突かれた」本質的な言資があれば、集団で襲来することがあらためて判りました。明らかな非道行為であり、8月からその予兆がありました。

 しかし、このスタンスは断じて変わりません。拙き内容ながら、171日間続けて365編の記事を披露させていただけましたことは、ひとえに有志皆様の絶大なるご支援に後押しいただいてのことと感謝しております。あるいは、ここで一旦、休止となるやもしれませんが、早期に強力なブログを構築してまいりたく考えます。その経過とお知らせはこのBBSか、弟に預けているブログを通じ、折々、報告させていただきます。後便にて

----------


「博士の独り言」の関連ブログというか、最初のタイトルを復活させたブログを預かっておりながら、夏から勝手にエンストを起こして博士を守れなかったことを反省しています。すみません。

しかし頑固さには「超」が3つくらい付くほどの人なので、きっとメッセージの通り復活するのだと思います。みなさん、その時はご支援をお願いします。

連絡がついたら状況をききます。このブログも同じGooなので心配になりますが、パスワードは複雑化しているので大丈夫かなと思います。

サイバー部隊がいるそうですね、変な集団が個人の言論を封殺するような行為は中共と同じです。わたしの方からも指摘して行きたいと思います。

先ずは報告までにて。

博士弟

  1. 2006/09/28(木) 07:32:00|
  2. 博士の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

博士の無事確認

とりあえず杞憂に終わったことを感謝したいと思います。

?

また志あるブロガーの皆さん、コメンターの皆さん、

博士支援の声を上げて下さり、ありがとうございました。

?

皆さんの博士への声援は、一つには博士の志、鋭利な筆により巨大な敵に立ち向かうその勇気、その気概に共鳴感動してのこととかんがえます。また、さらには言論をテロという暴力行為によって封じようとすることへの怒りだったと思います。

?

本来なら、ブログの一つ一つをお尋ねしてお礼申しあげるべきではありますが、まことに勝手ながらこの場にて皆さんへの感謝をささげることによって、あたしのお礼の挨拶とさせていただきます。

?

皆さん、ほんとうにありがとうございました。そして、皆さんすばらしい方ばかりです。

?

?

あたしが自分のブログを立ち上げることになったことの経緯は、博士の読者の方ならご存知と思いますが、博士への支援のためでありました。

?

しかし、昨日から今日にかけて実に自分の無力さをかみしめていました。そして、ブログにおける言論について一晩考えました。

以下、何回かにわたり、そのことにつきエントリーしていきたいと思います。

?

今回は、ただただ皆さんと、なにもかは知らず大いなるものへの感謝をささげるのみです。

?

博士への危険は過ぎ去ったとは考えられません。あたしごときものが、まことに僭越ながら、引き続き博士へのご支援をお願い申し上げる次第です。皆さんが今回示された熱い連帯感と正義感こそが何にも換えがたい博士へのサポートだと愚考するものです。

?

どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

?

?

  1. 2006/09/20(水) 07:26:00|
  2. 博士の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

「博士の独り言」へのテロか?

                                                                                                                                                                                
お知らせ?(博士の独り言)
2006-09-19?20:28:04
 みなさんには絶大なるご支援を有難うございます。私儀、身に危険が次第に迫っておりまして、ここ数日、何時最後になっても悔いの残らない記事を思い、書かせていただいております。辛口のエントリーになりましたが、ご容赦ください。

?

?

以上のような博士ご自身のコメントが今日のエントリーにアップされています。?

?

もし、言論にたいするテロが行われようとしているなら、由々しき事態です。?

?

博士支持の声を上げましょう。?

?

現実的な保護を与える立場の方は、ぜひ迅速なる処置をお願いいたします。?

?

?

  1. 2006/09/19(火) 14:49:00|
  2. 博士の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。