変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『トニー滝谷』全編

検索を続けていたら、『トニー滝谷』を六回にわけてアップしているお方がいた。

 

(これならDVDを買わなくてもよかった)

 

このことである凹

 

全編で一時間ちょいとの短い映画だからご覧になってみてください♪

 

スポンサーサイト
  1. 2011/10/06(木) 22:59:00|
  2. エトランゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚は深い淵をもとめる


以下の記事を読んで、あるユダヤ人を思い出した。

 

イスラエルでネオナチ集団逮捕、旧ソ連出身のユダヤ系移民
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070910i213.htm


エルサレム=三井美奈】イスラエル警察は9日、ナチス・ドイツの指導者アドルフ・ヒトラーを崇拝する8人のネオナチ集団を逮捕したと発表した。

 

 イスラエルは、ナチスによるユダヤ人虐殺を生き延びた被害者が中心となって建国しただけに、ネオナチの存在は国民に大きな衝撃を与えている。

8人は16~21歳で、いずれも旧ソ連出身のユダヤ系移民。同国中部ペタハティクバで、シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)に出入りする信者やアジア系移民、同性愛者を次と襲撃していた。報道によると、自宅でヒトラーの肖像や拳銃が見つかり、押収されたビデオには、8人がナチス式の敬礼をしたり、麻薬中毒者を路上でひざまずかせ、「ユダヤ人」であることをわびるよう脅したりする様子が映っていた。

 

 イスラエルは、ユダヤ人には無条件で国籍を与えており、8人は子供のころ、両親と移民したらしい。同国には1990年代、旧ソ連から100万人以上のユダヤ系が流入。現在、国内人口の約6分の1を占めるが、イスラエル社会にとけ込まず、ロシア語を使いながら独自の共同体を作っているケースも多い。

 

 逮捕者の1人は、腕に「白人パワー」という言葉を刺青しており、ユダヤ系としての自覚が薄い「白人至上主義者」だったと見られる。

 

 オルメルト首相は9日の閣議で、「イスラエル国民なら、だれでも無関心ではいられない」と話し、教育制度を見直す必要があると強調した。

 

20079102040  読売新聞)

 

 

 

 

 

ウクライナからきたSRは、もと某大学で数学教師をしていたという。

 

ユダヤ人であるため様々な迫害をうけたそうだ。ヴォルガ・ドイチュの連れ合いに従いドイツへ移民してきた。彼女とは一年だけ職業訓練校で席をならべいろいろ話し合う事ができた。

 

Q.ウクライナは一時ずいぶんと大変だったらしいけど今は落ち着いたのかな?

S.そうねわたしが出てきた頃が一番ひどかったと思うわ。とにかくとんでもないインフレで、だれも紙幣で給料をもらいたがらず肉の現物支給ということもあったから。

 

Q.ロシアの干渉はやはりひどいかな?

S.ロシア系住民が、既得利益を守ろうとしてロシアと内通してるのはたしかよね。

 

Q.かなり住み難かった?

S.わたしの姓はすぐユダヤ人とわかるので、陰に日向に不快な思いを沢山したわ。

 

Q.イスラエルへ移住した人々も多いわけでしょう?

S.そうね、でもあんな砂漠ばかりのところへ行ってどうするの?

 

Q.いや、それはこっちが聞きたい(笑)

S.まったくね。ユダヤ人としてのイデンティティは大切だけど、生活ももっと大切じゃない?

 

Q.そのとおり。ロシアの気候と中東じゃ、もうまったくちがうわけでしょう?

S.もちろんよ。わたしたちみたいな白い肌と青い眼でどうやってあんなに強力な日差しにたえられる?

 

Q.生物学的適応に無理があると?

S.それに文化的にもね。わたしたちはヘブライ語はできないし、ユーデイシュとドイツ語は似ているから、その意味でもドイツに住むほうがずっと楽だし、また戦争の危険もないしね。

 

Q.家族で誰かイスラエルに移住した人は?

S.いるけど、ドイツへ避難してきたわ。こんな諺があるんだけど知ってる?

 

Q.なんだい?

S.魚は深い淵をもとめ、人は静かで豊かな生活をもとめる。

 

Q.まったくそのとおりだろうね。ドイツでの生活は満足?

S.ええ、とても。ここにはロシアからのユダヤ人移民のコロニーがあってドイツ政府からの援助も厚いから、なにも問題はないわ。数学を教える職にはまだ就けないけどね。でも口にはださないけどドイツ人はやはりユダヤ人にたいする偏見は強いようね。

 

Q.(無言)

  1. 2007/09/10(月) 13:53:00|
  2. エトランゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

あるアルバニア人のはなし




『ヤダヤダ日記』では、「エトランゼ」というシリーズで何回か、ドイツに住む外国人のことを取り上げてきました。


 


http://marco-germany.iza.ne.jp/blog/folder/16642/


 


 


今回から、そのシリーズはシナ関係を除き、こちらで継続することにしました。


 


カネッティの話で、アルバニア人についての言及がありましたので、あたしの知るアルバニア人についてふれておこうと思います。


 


例によって、かっての同僚です。今回は二人登場してもらいます。B君とC君です。Aはあたしです。会話はあたしがまだ別の会社で勤めていたころの事を回想して組み立てました。


 


A> えっと、君たちがドイツにきたのは、お父さんの世代だったね。


B> そうだよ、僕の父がまずドイツへ出稼ぎにきたわけだ。


 


A> じゃあ、君はドイツ生まれだね。


B> そのとおり。でもCはちがう。


C> 僕の場合はちょっとちがう。僕の家内は、Bの妹なんだ。つまり僕たちは義兄弟になる。結婚してからドイツに来た。


 


A> えっと、するとB君の妹さんもドイツ生まれだね?


C> そう、しかもBと同様にドイツ国籍をすでにもっている。Bの父親と僕の父親は友人で、その縁で僕もドイツに働きにくるようになったわけだ。


 


A> 君たちは、マケドニアのアルバニア人だけど。マケドニアにはどれくらいのアルバニア人が住んでるの?


B> およそ半分ほどだろうね。


 


A> で、みんなモスレムかい?


B,C> もちろん。


 


A> でもお父さんが来られたころは、まだユーゴ・スラヴィアだったね?


B> そのとおり。失業中にユーゴの職安でドイツ行きを薦められたそうだ。当時は両国でそういう協定があったんだね。


 


A> なるほどね。ところで、アルバニア本国やコソボ、あるいはイタリアにすむアルバニア人同士でなにかネット・ワークはあるのかい?


C> アルバニア本国は、マケドニアの隣だからもちろん情報ははいってくる。スターリン主義のころは、いちはやく改革をはじめたユーゴにすむ我々は同情して心を痛めていたと、父たちがいつも言っていた。


B> 僕は、こっちでイタリアから来た同胞に空手を習ったんだよ。でも師匠はイタリア語しか話せない。



A> へえ、何流だい?


B> ショートーカンというのだけど、知ってるかい?


 


A> たぶん松涛館流のことだろうね。「ショートー」とは、松の木に吹き付ける風の音、という意味だよね。「カン」は家とかホールという意味だよ。オス!


B> へえ、そうだったのか?オス!


 


A> で、なぜ空手を?


B> やはり子ども時代はいじめられたからね。強くなりたかったわけさ、それだけ。


 


A> では、アルバニア人どうしで結束する組織があるわけかな?


C> そうたいしたものじゃない。でもモスレム同士だし、言葉や風俗の関係で自然と集まって助け合うのはいいことじゃないか?日本人は?


 


A> もちろん、そうだけど。日本人はそれほどじゃない。みんな会社派遣の人が多いし、会社が彼らをまとめる単位じゃないかな?


B> すると君の場合は?


A> つまり日本人とはあまり付き合いがない、というわけさ。


 


C> さみしくないかい?


A> 君たちとこうしてつきあうのも楽しいよ。


 


B> オス!(笑)


A> オス!(笑)




f4615dbagif

http://abroad.hotel.travel.yahoo.co.jp/images/maps/albania.gif

  1. 2007/04/21(土) 11:56:23|
  2. エトランゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シナ移民、温州人LHくんの場合



このシリーズではドイツ在住の外国人をリポートしてきましたが、今回のLHくんはもうドイツにはいません。よって共通の知人であるLYさん(女)に登場してもらい、LHくんについて語る形式にしてみます。

 

 

Q、でLHくんは、いまたしかイタリアだったね。

A,そうね、もうかなりになるわね。

 

Q,イタリアのどこ?

A,さあ、よく知らないけど、フィレンツエの近くだと思うけど。

 

Q,プラートじゃない?あそこはかなりシナ人が多いと聞いたけど?

A,あっ、そんな名前だったわ。

 

Q,じゃあ、やはり被服業をやってるわけだ。

A,服を作ってるのはそうだけど、雇われでしょう。

 
プラートの古い街並み



Q,でどうやってイタリアに渡ったのかな?かれはドイツ政府に難民申請してたわけでしょう?

A,向こうから車で迎えに来て、それに同乗していったわけでしょう。だってスイスを通らなければ国境でのパス・コントロールはないものね。

 

Q,じゃあドイツ政府に挨拶はなしで?

A,どんな挨拶するわけ?これからイタリアへずらかりますから、よろしくって?

 

Q,向こうの人たちもやはり温州人だよね。

A,そうね、とくにイタリアはほとんど温州人でしょ。

 

Q,君もそうだったよね?

A,そうよ、でも彼とはちがう地方だけど。

 

Q,彼に聞いたんだけど、政府派遣でチェコに働きにきてたそうじゃない?

A,そうね、それは聞いたわ。

 

Q,で、ある日曜日、手荷物一切もたずに郊外電車に乗って、まるで気晴らしの遠足に出るようなふりをしてドイツ国境までやってきて、それで難民申請をした、といってたなあ。

A,まあ、そうなの?

 

Q,そうらしいよ。チェコではある工場の電気工をしていたらしい。当時は、東欧諸国が社会主義を捨て去ったものの、どの国もみな経済危機で、とくにチェコはひどかったらしいからね、安手の労働力が必要だったみたいだね。で、かっての社会主義兄弟国のシナから労働者を派遣してもらってたみたいだね。

A,どうでもいいけど、どうしてシナ、シナっていうの?

 

Q,気に障ったらごめんね。だってこっちはシナ人じゃないから「中国」っていう義理はないだろう?ドイツ人もChinaっていうだろ?

A,まあ、かってにすれば

 

Q,で、LHくんの近況はどうなの?結婚した?

A,ええ、こどもが一男一女。

 

Q,そりゃあ、まあよかったね。落ち着き先が決まって。で君は?

A,旦那がイギリスにいるから、息子が留学できる年になったら向こうへ行こうとおもってるわ。

 

Q,そうか息子さんは、シナにいるんだっけ?

A,生まれてすぐ故郷の両親にあずけて育ててもらったのよ。もう大学生。もうすぐ卒業だから、そしたらイギリスに留学させるつもりよ。

 

Q,どうしてドイツじゃないの?

A,英語のほうがなにかと役立つでしょ。

 

Q,なるほどね。君の苦労ももう少しってわけだね。がんばってね。

A,謝謝。


「発展する」温州の夜景

  1. 2007/04/14(土) 16:05:00|
  2. エトランゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

トルクメンから来た理容師

あるラオス華僑の話
あるキルギスタンからきたロシア人


に続いてドイツで出会った異邦人の小さなシリーズ。今回は、トルクメンから来た理容師です。

??

?

あたしの行きつけの理容店はトルコ人(実はトルコ国籍のクルド人)経営の店です。なぜかといえばドイツの理容師は手先が不器用なのかよい仕事にあったためしがありません。しかしトルコ人は細かい行き届いたいい仕事をします。もちろん日本のサーヴィスと手先の器用さには及びませんが、セカンド・ベストの選択です。

?

その店に新しい理容師がやって来ました。M君としておきましょう。

?

?

問)君はトルコのどこが故郷なの?

答)僕はトルコ人じゃないよ。イラク人だ。

?

問)へえー、でもボスと話してたのはトルコ語だよね。

答)僕はトルクメン人だよ。君は?

?

問)日本人だよ。

答)ああ、日本人ね。シナ人かと思った、失礼。

?

問)いいよ、よく間違えられるから気にしないよ。トルクメンならトルコ語が出来るはずだ。で、トルクメン語とトルコ語の差はどれくらい?

答)さあ、方言というところかな、あまり変わらないよ。

?

イメージ、http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-938547-78-3.html


問)イラクでは、クルド人イラン人の問題が大きいそうだけど、トルクメン人がイラクにもいるとは知らなかったなあ。

答)そうね、余り多くはない。せいぜい人口比で3%程度かな。

?

問)で、トルクメン人はどこに住んでいるの?

答)クルデイスタン南部だね。

?

問)やはり政治亡命?

答)そう父がサダム・フセインの弾圧から逃れてドイツに亡命した。

?

問)そうだろうね、君はまだ若そうだ。

答)父に呼ばれて数年前にやってきた。

?

問)祖国のことは気にかかるだろうね?

答)米軍さえいなくなればすべてうまくいくはずさ。

?

問)そろそろ撤退を考えているらしいよ。

答)だといいね。さあこんな具合でどう?(と手鏡を後頭部にかざす)

??

以上、「床屋談義」でした。


参考にトルクメニスタン(旧ソ連から独立)の位置を示します。

?


http://wpedia.search.goo.ne.jp/search.phpωMT=%A5%C8%A5%EB%A5%AF%A5%E1%A5%CB%A5%B9%A5%BF%A5%F3&LINK=1&kind=epedia


M君は、イラクのマイノリテイとしてのトルクメンです。 この
トルクメニスタンとは直接の関係はありません。
しかしトルクメニスタンイランをはさんでイラクとの近さがお解かりになると思います。

イランを背景にイラクでの力を強めるシーア派、さらにはクルド人シーア派クルド人イラン系)ゆえに、スン二派マイノリテイのトルクメン人の立場はより弱いものになるでしょう。
イラク国内情勢次第では、より多くのトルクメン人の亡命が増えるかもしれません。

  1. 2006/12/17(日) 18:29:00|
  2. エトランゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。