変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【第五十五夜】 文質彬彬

C老師は上海ではじめてあったタイプのシナ人であった。

 

かれはわたしのシナ語教師のひとりであったが、他の誰ともちがった人格でわたしの記憶に残っている。

 

それは強力な印象ではなく、ふとすると忘れてしまうような儚い印象であるからこそ、尊大で驕慢な自己主張ばかりを見飽きたシナにおける生活の中では、そこだけほっと息がつけるような、そのようなほのかな心温まる場所としてわたしのなかで息づいているのである。

 

かれは人一倍からだが痩せて小さく、ひょっとしたら栄養不良の環境下で育ったのではないかと思わせるほどだったが、実はかれは恵まれた家庭に育ったということだった。

 

かれは小さな声で話す。だから上海人としてはまったくの異例であった。そしてその顔にはいつも小さくささやかな笑みがたたえられていた。そしてそれはシナでは普通でよくある愛想笑いや偽の親密さなどとはまったくちがって人の心に届いた。すくなくともわたしにはそうだった。

 

それは当時のシナ社会のなかでは、まったくの奇跡に思えたほどだ。

 

かれの風采は決してよいとはいえない。小さな体に大きな頭をのせ、整った顔立ちとも言えずしかも分厚い近眼鏡をかけていた。

 

さらに、当時はそれしかなかったのであるが、中山服という孫文が日本の学生服から考案したという、日本では人民服と言い慣らされた例の服装であり、しかも着たきりスズメ、何の変哲もないものだった。がしかし急いで付け加えておかねばならぬが、いつも清潔にたもたれ着崩れもない。

 

勉強だけができる優等生という人のようにも見えた。事実そんな具合であったのかもしれない。

 

しかし彼のそのシナ古典文学についての知識は深く、しかもそれについて一切のひけらかしなどはなく、こちらが何かたずねない限りその豊富なしかも見識をもった意見が開陳されることはなかった。

 

だからどれほどの文学知識がその大きな頭脳に満ちているのか知るすべもなかった。

 

 

 

 

 

クラス全体の蘇州日帰り旅行のときのことである。

 

蘇州には多い庭園のなかでも特に有名なある名園での昼食の後で、C老師とわたしは庭を散歩しながらとめどもない話をしていた。

 

話は唐詩からはじまりいつか宋詞に移り、諸葛孔明の『出帥表』から明清小説まで、何をたずねても即座にそのかそけき言葉遣いとちいさな声で滔々と正統でしかも味わいのある見識が流れ出したものだ。

 

このような学識と教養が見かけは学生のごとき目立たない小さな人物に潜んでいるのだ。

 

これがシナの奥深さか、としみじみと感じ入った。そして<文質彬彬>という言葉を思い出した。日本語では<文雅>というべきか、その若くしてすでに磨き上げられた風格に、シナの文人の伝統とはこのようなタイプをも生み出すのか、と感慨深く思ったものだった。

 

わたしが老師と春ののどかな蘇州名園をそぞろ歩いたその日の記憶を、二十五年来なぜかすっかり忘れていた。

 

しかしいまなぜかふと記憶の暗闇のそこにやわらかい光があたり、ほのぼのとした温かみとともにわたしに甦ってきた。

 

わたしが以前、かなり辛らつな言葉遣いでシナ文明とそれが生み出した鬼胎をあげつらい批判していたとき、それでも一抹の後ろめたさに似た気持ちがあったのは、C老師のような人がいてわたしに深く暖かい印象を残していてくれたからだったのだろうか。

 

わたしは、だからそのような温かいイマージュのほうをこれからは語らなければならないのかも知れない。

 

 

 

これは外部サイトから転載しました。

 

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2009/02/08(日) 20:39:00|
  2. 夢想千一夜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【第五十四夜】 R伯父さんと「ユダヤの陰謀」

これは外部サイトからの転載です。

 

 

 

R伯父さんの母方の祖父はユダヤ人だった。それゆえその身分証明書には<J>の文字が印刷され一目でそれと検査する人間に知れるようになっていたという。

 

R伯父さんは戦争が始まると16歳で徴兵され6年間というもの、つまり第二次世界大戦の全期間中、前線をあちこち転戦させられ帰宅を赦されなかった。

 

すなわちユダヤ人は早く死ね、ということだったのだろう。

 

しかし伯父さんは無事帰還をとげた。何者かの加護があったのだろうか?

 

さて伯父さんが東方戦線に派兵されていたころ、ハンガリーだったかルーマニアだったで、アーモンドの豊富に収穫される地方に駐屯していた時の事らしい。

 

母親のアマレット好きを思い出した伯父さんは、大量にアーモンドを仕入れて故郷の母に送ったとのことだ。

 

母はたいそうよろこんで早速多量のアマレットを焼き上げ家族みんなで戦争に行って帰ってこない伯父さんを懐かしみながら、彼の故郷と母を思う心に涙しながら午後のお茶とともにそれを食したのだという。

 

さて、お茶のあと仕事にもどった父が急に気分がすぐれず帰宅した。

 

しばらく休んでいたがどうにも回復しない父は医者にかかった。何を食したかとたずねられて、アマレットしかも多量に、と答えた父に対する診断はアーモンド中毒、ということだった。なんでも、アーモンドに含まれるある成分は毒性で苦いアーモンドにはそれが多く含まれるのだという。

 

その晩、地区党委員会のナチ党員が家をたずね、あれこれ尋問したという。

 

その党員によればユダヤ人である息子(伯父さんのこと)がそのドイツ人の父を毒殺しようとしたのではないか、という嫌疑だったらしい。

 

すなわちこれこそ家に代々言い伝えられる「ユダヤの陰謀論」であった。

 

 

 

 

数十年後、身内となった日本人がきたというので伯父さんはわざわざ遠くから会いに来てくれた。

 

伯父さんはいささかくたびれた風情だったが、枯れたような風格のある笑いが人生の重みを感じさせる人だった。

 

その後しばらくして訃報を聞いた。後から思えば、あれは伯父さんがお別れのためにやってきてくれたのだった。

 

 

 

 

 

  1. 2009/02/06(金) 20:51:00|
  2. 夢想千一夜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【第五十三夜】 岸辺の鳴き声

これは外部サイトからの転載です。

 

 

 

 

 

 

それはたぶん寒さがわたしにそんな夢を見させたのであろう、と思う。事実、寒さで目が覚めたのであったから、そのとおりなのであろう。と信じたい。

 

わたしは暗い岸辺にいた。

 

もう雪は止んでいたが、日暮れが近づいていた。

 

このまま茫々とした荒れ野で夜を迎えるわけには行かない。しかしわたしはぜんぜん急ぐ気持ちや焦りはなかった。

 

目前に広がる荒れ野と見えたのはどうも大きな池らしい。そこに雪が積もっているのだ。その下は厚い氷が張っているにちがいない。

 

時折、強い風が吹き積もった雪を巻き上げまるで吹雪のようにわたしに吹きつけてきた。

 

薄暗い視界の向こうにかすかにまたたくものがある。それはたぶん人家の灯りに相違ない、そう信じて進んでゆくと、

 

右手のほうから、まるで大きな波のような雪のうねりがわたしの方へ向かってきた。

 

それは津波のようにわたしを呑み込みそうに見えたので恐怖に足が止まった。

 

しかしそれはたぶん幻想だったのだろう、わずかの雪がわたしの足元を風に流れて行くのが見えただけだった。

 

何者か岸の向こうで鳴く声が聞こえた。

 

鳥のようなあるいはサルのような引きつるような連続した鳴き声が薄闇をついて聞こえてきたのだ。

 

とすると向こうに見える人家で買われている家畜なのだろうか。

 

しかしあのぼんやりと見える明るいものが灯火であるという確信はない。ただ漠然とした期待とともにそう感じるだけなのである。

 

そのとき、ふと恐ろしい想像がわたしをとらえた。

 

わたしの足元は凍った池ではなく、滔々と流れる大河ではないのだろうか、という理由のない思いつきである。

 

わたしはただ固い氷と信じた何物か上でただどこへとも知らず流され続けているだけなのかもしれない。

 

もうあの明かりも見えず鳴き声も聞こえない。ただ飄々と舞う風花が寒さをわすれさせるほど美しくわたしの前を吹きすぎて行くばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

  1. 2009/02/05(木) 21:19:00|
  2. 夢想千一夜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【第五十二夜】孤独な労働

 夢でわたしは工場にいた。その二階の事務所で急を聞いて下の階の生産現場に行くと、そこは積雪のように一面の白に覆われていた。

 

しかしそれは雪ではなかった。ちょうど豚の白身でつくるラードのようでもあるし、マシュマロのようでもあった。

 

何かの事故で化学製品が噴出したようにも見えた。

 

わたしは一人スコップをもってそれを排除し始めた。

 

わたしのほかには誰も見えない。

 

ひたすらその作業に励んだ。

 

苦痛は不思議と感じなかった。ただその作業に何の意味があるのか疑問ではあったが、とりあえずそれを片付けることが先決であると思った。

 

大きなポリ袋にスコップで少しづつ入れて、二三十は詰め込んだろうか。

 

ふとこれが毒性の物質だったら剣呑なことだなあ、とのんびりと思った。

 

...外部サイトで続きを見る

 

 

 

 

 

  1. 2009/02/03(火) 18:12:00|
  2. 夢想千一夜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【第五十一夜】 バロック教会の足音

 

夢でどこかの教会にいた。ドイツ南部にあちこち点在するバロック様式のひとつだろう。明るい天井画から天使たちが落ちてきそうな午後である。

 

わたしは師と二人で隅から隅まで輝かしく厳粛な世界にうっとりとしていた。師の歩む速度はきわめて遅い。一度なぜかと尋ねたことがあった。

 

なに、子供たちが幼いころその歩く速度にあわせて散歩することで習慣になっただけです。と、いいながら目はいつものようにこちらを試すようにかすかに微笑んでいる。

 

どうして僕はこんなにドイツバロックが好きなんでしょうね?とわたしにたずねるがわたしは知りようもないのだ。

 

師は、ご自分の研究とはとくに関係もないバロック教会をたずねてドイツオーストリアをたずねることを趣味とされている。

 

しかしわたしはその旅行に同伴したことはいままで一度もない。

 

たまに旅先から、こんどそちらにお邪魔します、ご都合はいかがですか、という電話をいただきうれしいやらビックりするやらということが何年も続いた。

 

ところがある事情から、師のバロック教会めぐりも途絶えてしまっている。

 

...外部サイトで続きを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 2008/11/24(月) 00:30:00|
  2. 夢想千一夜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。