変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南チロル10、猛暑のミュンヒェン



帰途、ミュンヒェンに立ち寄りました。久しぶりの訪問です。ところがおりからの猛暑、気象台発表で
39℃、実際は40℃を超えていたでしょう。


とても街歩きをする天気ではありませんでした。


 


そこで映画館に避難、ちょうどその週末放映開始されたばかりのHarry Potter and the Order of the Phoenix(日本版の題名は知りません)を見てきました。その内容は見ていない方のために特に秘します。


 


ドイツ博物館のあるイザール川中州にある映画館です。





 


ERIKOさんに習って、そのトイレを特写。


 


映画館併設のカッフェー。


 


猛暑のため、川遊びをする人もいます。


 


 


「英国庭園」ではものすごいことになっていたに違いありませんがいって見る機会を逸しました。


 


カッフェーの木陰から望むバロック教会。バイエルンにはたくさんのバロック様式の教会があって、その筋に興味のある方の宝庫です。


 


最後に、雨來さん風に撮ったTV塔、オリンピック公園の中にそびえています。


 


もう一月前のことになってしまいました。休暇の思い出はいつふりかえっても心が和みます。嗚呼、また休みたい。今回のリポートはこれでオシマイ、お付き合いいただいて、ありがとうございました。


スポンサーサイト
  1. 2007/08/15(水) 13:11:27|
  2. 南チロル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南チロル9, エーデルワイス



Weißhorn(白い角)」という峰が「ワイン街道」の東に聳えています。2000㍍級の山です。(2316mm)


 














































その頂上付近の植物を紹介して、このシリーズを終えることにしましょう。


 


かの有名な「Edelweiß(エーデルワイス)」(気高い白)。アルプスおよびチロル地方を代表するこの地方の人々の心の琴線に触れる花でもあります。



 














































「エーデルワイス」という歌も、映画『サウンド・オブ・ミュージック』では「ドレミの歌」とともに印象が深く広く愛唱されていますね。





Alpenrose」(アルプスのバラ)


 


 












































さて最後の晩に名残を惜しんでくれたプール。小さなプールでしたが部屋のテラスのすぐ下にあったので重宝しました。


 










































豚児はいたくこの場所が気に入り「来年もまた来たいな」と感慨をもらしておりました。ドイツ語で不自由がないことが一番だったのかも知れません。



来年はさてどうなることやら、わたしはギリシアかスペインが良いと考えてはいるのですが・・・。


  1. 2007/08/13(月) 11:10:17|
  2. 南チロル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

南チロル8、「ワイン街道」

ボーゼンから南へ続く「Weinstrasse」(ワイン街道)にはたくさんの小さな村々がワイン(ブドウ)畑のなかに点在しています。


 


その中のひとつに、「Gewürtztraminer」の故郷「 Tramin」があるのですが、今回はそのちかくにある「Kalterersee」という小さな湖の畔で休暇を楽しみました。


 


ブドウ畑のなかにあるホテルのプール。むこうに湖が見えます。徒歩で二分。


 


 
























































ホテルの後ろはすぐ山。ホテルのプールからも湖からもどちらを向いても山、山。まるで盆地のようなものですが、しかしそこは広い渓谷でガルーダ湖を経てエミリア・ロマーナの平野へと続いています。


 


 






































ホテルの後ろの山から見下ろした湖。水藻の多いエコロジカルな水質。


 


 






































その山の上のオーストリア風の屋根をもつ教会。


 










































その祭壇。


 


 
























































教会の向かいの家に植えられていたトランペット・ブルーメ。


 








































もう少し「ワイン街道」が続きます。


  1. 2007/08/11(土) 10:20:32|
  2. 南チロル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南チロル7、ドイツ語村に嫁入りしたパオラ伯母さん

この稿は、イザ版の


http://marco-germany.iza.ne.jp/blog/folder/38859/ に続くものです。


 


 


「ワイン街道」の紹介の前に、イタリア語村からドイツ語村に嫁入りしたパオラ伯母さんについてのささやかな物語を述べたいと思います。


 


わたしから見て伯母という年齢とはいえもう83歳。でも脚が少し不自由な以外はきわめてお元気なようすです。


 


パオラ伯母さんは家内の家族が昔よくお世話になったサマー・ハウスの所有者です。


 


ところは「Fernberg」(遠い山)という、その名のとおり山道をうねうねと上がったどんづまりにその村はあります。それ以上は車では行けません。


 






































村の教会





















































サマーハウス。かろうじて電気は通じているのが電線でわかる。








そこがドイツ語圏のほぼ西南端、山の向こうの谷間からはもうイタリア語圏がはじまるところ。


 


パオラ伯母さんはそちらの村からこちらの村へ嫁入りして来ました。どうして言葉の違う村に来ることになったかについて伯母さんははずかしがって教えてくれません。


 


伯母さんが生まれたときはもうイタリア化まっさかりの時代、南チロル全域イタリア語が強制されていました。だから伯母さんがやってきた村も役場や警察はみなイタリア語、でも家庭内ではちと事情がことなりました。


 


村はあくまでドイツ語共同体、イタリア語だけでは用がたりません。だからおばさんもドイツ語をしゃべるようになりました。


 


でも子供ができてからは子供たちとはイタリア語の会話。というわけで家庭内では独伊のバイリンガルとなりました。


 


伯母さんは、八人の子供を生んで、しかし育ったのは男四人女二人の六人だけ。そして数年前、息子の一人を病気で先立たせてしまいました。だから子供たちの話になったときは悲しそうです。


 


次男はその父親とうまくゆかず同じ村に別居、20世紀も終わりの年に最愛の夫が牛の角に眼を刺されてそれがもとで亡くなり、三男が伯母さんと一緒に住んでいるだけ。



ほかの子供たちは他の家の子供たち同様に村をすてて
MeranInsbruckに働きに行って帰ってきません。


 
































伯母さんと三男





伯母さんの日課はすこし離れた教会に散歩をかねて祈りに行くこと。悩みの種は三男にとうとうお嫁のきてがいなかったこと。だから誰も跡継ぎがいないこと。


 






































左が教会、右が伯母さんの家。





そして自分の生まれたイタリア語村にはもう誰も身寄りがいないこと。


 


教会におまいりするたびに何を祈っているのかは伯母さんしか知りません。


 


パオラ伯母さんどうかご無事で長生きしてください。




  1. 2007/08/06(月) 20:46:57|
  2. 南チロル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

南チロル6、ボーゼン拾遺・最終編


休むと宣言しながら続けてのアップ恐縮です。もう少しボーゼンの紹介にお付き合いください。

 

旧市街の街並みを見てボーゼンからはひとまずさようならです。

 

やはりドイツオーストリア風の雰囲気の裏町。

 

 

色合いの美しい壁面がつづく通り。

 

 

その通りの手前の角にはりだしたカッフェの席と、その向かいには見たこともない装飾の出窓。

 

 

ドイツ式商標のでた商店。馬具の店でした。

 

 

 

いかがでしょうか?ボーゼンの可憐な街並みをご堪能いただけたでしょうか?

さてボーゼンの紹介はこれで終わり、次回は田舎の様子をいくつか。


街から帰ったその夕べ、翌日は天気がくずれそうな空模様。



  1. 2007/07/31(火) 20:37:00|
  2. 南チロル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。