変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シナ化されない文明の強靭さを

「原則として男たちが中国語を読むことを学び中国人に服を着ることで、それは始まる。しだいに彼らは中国語を話し、中国人の宗教的儀式のいくらかを実行するようになるであろう。そうなると女たちまでが中国語をはなすことを学び、中国人の服を着て、彼女らの足を纏足しさえもするであろう。」

 

大室幹雄氏が『劇場都市』に引用するH.R.デイヴィース『雲南』の記述である。それはいわゆる「少数民族」ロロ族のシナ化の様子である。さらにつづけよう。

 最後にロロ語は次第に見放され、若者たちは中国語以外は何も知らずに成長する。いちどこの段階に達すれば、変形はほとんど完璧である。次の世代はたぶん憤慨して彼らのロロ起源を拒絶するであろう。」

 それは雲南の1909年の記録である。

 また、同じころ宣教師サミュエル・R.クラーク(Among the Tribes in Southwest China, London, 1911)は述べていることを引用して、

 「チュン・チア人は中国化が進んでいて、都市部に居住し交易に従事するものもあり、それが持続すると、彼らは自分たちの娘の足を纏足にして中国化の完成に近づく。彼ら自身は祖先は中国人で江西から移住してきたというけれど、クラークの聴いたところでは、言語は中国語よりもシャン語とシャム語に似ている。」

 また、

 「イギリスの宣教師ボールトンがミアオ人部落に学校を開き、ミアオ語をローマ字化して教えたところ、生徒の親たちは自分たちの言語よりも中国語の読み書きを子どもらができるようになることを熱心に希望した」

 という。

 以上三つの例はすべて20世紀初頭の雲南でおこった出来事を外国人が記録したものだ。そこからいわゆる「少数民族」がシナ化していく有様が描かれている。シナ化した「少数民族」は、自らの由来する経歴を詐称しさえしている。それが圧倒的シナ化の趨勢の前に無力である彼らの選び取った生存の道なのであろう。

 おそらくは多くの民族がそのようにしてシナ人の中に溶け込んでいったものと思われる。いわゆる「漢・チャイニーズ」とは南シナではそのように形成されてきたのである。

 そしてこれは現在進行形であることを忘れてはならない。それは自然の社会的趨勢ばかりではなく政治的人為的にシナ人により組織され実行されているのだ。

 雲南からメコン河へと溢れ出るシナ人の人口流出は、しだいに関係する国家と民族との間で軋轢を高めいずれば爆発するであろう。

 またウイグルとチベットに対するあからさまな「漢・チャイニーズ」の移民と、現地民族の「浄化」すなわちシナ化政策はまさに今現在進行中なのだ。

 かってシナ化は、都市化と殖民地化との三位一体である、との大室氏の理論を紹介した。

 この現在進行形のシナ化は、いわゆる「中華人民共和国」国境内で行われているかぎりは極力隠蔽されてわれわれの眼に触れることはない。しかしその「国内」で進行するものの表徴としてわれわれがこの目で見ることができるものがある。

 それが世界各地に多発している新「チャイナ・タウン」の建設である。

 元来、チャイナ・タウンとはシナ人が華僑として海外に居住する際、自然発生的に形成される集団防衛、相互補助を目的とするものである。しかし今やそれが意図的に計画的に、またおそらくは戦略的に世界各地に作り上げられているのだ。

 もとよりあるチャイナ・タウンの形成もまた、これまで述べてきたようなシナ人の膨張の形をかなりそのまま表徴しているのである。...続きを見る

 

人気blogランキングへ参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2007/11/05(月) 16:02:00|
  2. シナ人流出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビルマのシナ化と地政学的影響

メコン川はシナに発しビルマ、ラオス、タイの国境を成しカンボジアを通過してサイゴンを抜けて南シナ海へ流れ込む。

 

この地域でシナと直接国境を接するのはヴィエトナム、ラオスとビルマである。しかしヴィエトナムは歴史上シナへの警戒感は強く、近くは1978年の鄧小平の国内政局をにらんだ策略により「懲罰」のため攻め込んだいわゆる「人民解放軍」をヴィエトナム軍がコテンパンに撃ちくだくという快挙をなした。

 

それゆえかこの国境をこえてのシナ人移民が多かろうはずはない。かなりの交易はあるようであるが。

 

問題を抱えるのはラオスとおよびビルマであろうが、さてこの両国がどれほどの危機感を有しているのかは定かではない。

...続きを見る




人気blogランキングへ参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。

  1. 2007/10/07(日) 21:41:00|
  2. シナ人流出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あるインドシナ華僑との会話二題

以前、「あるラオス華僑のはなし」としてエントリーしたものに、あらたにもうひとつヴィエトナム華僑の話を追加しました。


以前、シナ文明の構造から生まれる「シナという病」II,
http://marco-germany.at.webry.info/200709/article_47.html
  

なぜシナ人は大移動するか、の記事において、

 

「流入した圧力は第四の力動的な流れをより圧力の低い南方の西江流域と南西の雲南-貴州の盆地へ送り込む圧力を作り出し、さらに、最後の地帯から生力学的な力はインドシナ半島のメコン河流域まで漏れ出した」

 

との引用をしたのを憶えておられると思う。


 

今回は、そのインドシナ半島のメコン河流域の一国、ラオスからやってきたL君のハナシをしたいと思う。何かの参考になると思われる。ほとんどがL君から聞いた事そのままに,但し一部都合によりぼかしてある。会話はおおよそシナ語で、一部ドイツ語も使用した。

中略

  

ここで同じインドシナ難民のCL君に登場してもらおう。CL君はヴィエトナムからのいわゆる「ボート・ピープル」そのままの体験をしたそうだ。彼は、L君と同じ難民キャンプにいてドイツへの飛行機の中でL君と知り合い、L君と同じドイツ語学校で席をならべた仲間同士、彼らの会話はもっぱらなぜかドイツ語だ。おたがいドイツ社会に同化しようと努力したころの名残だろうか?しかしCL君は潮州語、ヴィエトナム語、ドイツ語以外に広東語も北京語も話せる。

 

 

Q>  ええと、君も潮州人だよね。

CL> そうさ、ヴィエトナム華僑はほとんどが潮州人だ。

 

Q>  お父さんがヴィエトナムへいったのはいつごろのこと?

...続きを見る


  


人気blogランキングへ参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。

  1. 2007/10/05(金) 14:00:00|
  2. シナ人流出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。