変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香港の平和デモと北京の権力闘争のドッキングについて

前回のエントリーから随分と間が空いてしまった。当方のブログへの意欲が喪失しているためだ。
しかしFacebookでは少数の友人知人に向けて連日書いてはいる。

香港情勢が緊迫しているので記録のためFBで書いたものをこちらへ転載しておく。時間を遡及する配列であることにご注意ください。


【10月3日】
石涛氏が指摘するように、習近平の父・習仲勳は1989年六四の武力鎮圧には最後まで反対し、その後は北京を離れ広東へ移住二度と北京に帰らなかった。その怒りや思想を息子近平は家庭内で直接肌に沁みて知っているはずである。一方、江沢民派は習近平をして香港民衆に発砲するよう迫っている。国慶節祝宴で六四虐殺の際の総理で行政責任者・李鵬が同席していたことから香港人・シナ人はそう受け止める。

しかしこれは習近平にとっては追い詰められた窮地ではあるがチャンスでもある。もし彼がシナのがゴルバチョフになろうという真意を持つ人間なら今回の事をもって一気呵成にその抱負を成し遂げることもできよう。六四虐殺の真逆を行えばいいのである。あの時の趙紫陽と鄧小平の関係と、今の習近平と江沢民の関係を比較すれば習近平の優位は歴然としている。

習近平が本当のところいかなる人物であるのか、われわれは間もなく知ることになろう。今回の件は将来書かれるであろう歴史の前の試金石である。シナ人ならきちんと襟を正すところだ。結局のところ党益を優先するのか国家国民の利益を優先するのかの分かれ道に立たされた習近平なのである。

さて、一方香港では周潤發や劉德華が民衆の側に立って発言している。香港民衆社会では彼らの吸引力は強く、また芸人側でも民衆の支持なくしてその芸能活動は成り立たない。もちろん今後はシナ大陸の市場を失うことを覚悟した上での発言であろう。実に男らしい人間らしい決断である。

その一方ジャッキーチェンはだんまりを決め込んでいる。下手にはしゃぐと麻薬所持で逮捕された息子が死刑にされかねないゆえそれもむべなるかな。しかし彼はこれまでシナのプロパガンダへの関与が多すぎた。また今回のように他の芸人と連帯できないような様では民衆からは今後そっぽをむかれるは必至であろう。彼には、今まで魅力的な映画の数々をありがとう、とお別れをする秋となった。




【10月2日】
石濤氏の分析では6月10日に発表された《“一国两制”在香港特别行政区的实践》白書こそ今回の香港をめぐる騒乱の導火線だったという。つまり習近平が仕掛けた「反腐敗」という権力闘争に江沢民派が反撃のため利用したのが香港だった。香港基本法に定められた普通選挙、一国二制度の概念に対して新たに「一国」を強調し安全保障と国益のため外部勢力が香港の特殊な地位を利用して反シ工作をすることに警告を発するものだった。いわば香港民衆と英米にたいする扇動である。香港で騒ぎが起これば党内は対外的に団結してみせねばならず権力闘争は停止する。追い詰められた江沢民がその手を使ったということだ。さて習近平の次の一手や如何?

CCP メンバー

【10月1日】
VOAが伝える江沢民が国慶節祝賀会に露出した時の様子。足取りもしっかりと健康そうに見える。香港情勢を踏まえ党指導部の団結を内外にアピールするため、とはいうが緊迫した生きるか死ぬかのレヴェルにいたった深刻な党内対立が垣間見える習近平と江沢民の表情である。




青山繁晴氏のシナ情勢に対する知識と見識は相変わらず貧しい。香港平和デモに対する催涙ガスを用いた「鎮圧」は習近平が命令したものだ、という。香港や海外華人のシナ語媒体は習近平に武力鎮圧を建議した香港行政長官・梁振英を激しく批判し建議を強く否定したのが習近平だという。それとは遠く離れたというよりむしろ真逆というべき見解がいったいどこから湧き出るのだろう?米国がこの問題に対して腰が引けているという見方も奇妙だ。裏で策動中ゆえ表ではだんまり、という見方がなぜできないのか?氏のリソースはますます怪しく思える。


2014-10.01 青山繁晴 水曜アンカー 提供:別寅かま... 投稿者 kigurumiutyuujin


石涛氏の分析では昨日の国慶音楽会に江沢民がその派閥の主だったボスたちを引き連れて露出したのは権力闘争の妥協の産物ではなくそ激しさを表すもので、闘争は継続中であり結果はまだ出ていない、という。この江沢民一派の揃い踏みが表すものは追い詰められているのは習近平で何事かの決断を迫られるだろう。

一方香港情勢だが、石涛氏は鎮圧前の1989年6月の北京とそっくりで中南海側の情勢も1989年同様その内部は激しく対立している、と述べている。また、結果は、香港が最初のドミノ牌となってその後陸続と大陸内部へドミノが倒れ共産党独裁を倒すだろう、希望的な観測をしている。

また、欧米の見方として香港民衆の闘争をダビデがゴリアテを倒した旧約の故事に譬える見方を伝えているが、これはパレスチナの2000年以来のインテファーダの際も用いられた比喩であり、密かに香港の民主運動の背景を物語っているとわたしは考える。

それはともかく、江沢民派の番頭で太子党のボスでもあった曽慶紅は1997年の香港「祖国復帰」から2007年まで香港を掌握しており、その際扶植したものたちが現行の香港指導部であるから、香港当局の民衆に対する措置は江沢民派が行っているとみて間違いはない。

いま目前で行われている香港民衆の抗議行動はすでに直接中南海の権力闘争に結びついている。これまで江沢民派を一人また一人と狙い撃ってきた習近平指導部は江沢民体制を崩せておらず、江派の反撃に逢い今次の音楽祭で江沢民が習近平のそばに直接座るという要求を呑まざるを得なかった。しかしまだ大事は発生しておらずこれからまだ起こるのだ、と石涛氏は述べている。

そして内部で生きるか死ぬかの闘争をしながらも外圧に対しては一致団結する共産党支配体制は香港をきっかけに崩壊する、と云いきっている。何やらその背後で蠢動する外国の工作を感じさせる予言である。




8月29日に書いたものを再シェアします。8月末の段階でシナ共産党北京指導部側も反北京側も準備が整っていた。





スポンサーサイト
  1. 2014/10/03(金) 10:11:46|
  2. シナ政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャッキー・チェンの息子の一件は中央指導部権力闘争の一環であること

Facebookではいつも述べていることだが、ジャッキー・チェンの息子の一件についてここに整理しておこう。

ジャッキー・チェンの息子・房祖名が麻薬使用の嫌疑で北京の自宅で逮捕されたが、19日の大紀元はこの一件は
中央指導部権力闘争の一環であることを述べていた。





さらに、同じ大紀元系統だが、ジャッキーチェンの息子逮捕の件は、ジャッキーその人を叩くためであり、その意とするところは(エンタメも管轄する)中央宣伝部における江沢民派(すなわち劉雲山)を叩くためと石涛氏が分析している。周永康は元・政治局常務委員だが劉雲山は現役政常委である。今回の権力闘争はかってなく激しい模様だ。

《石涛.Radio 》习近平打成龙 意在中宣部江家帮【概述】(2014/08/19)
https://soundcloud.com/shitao-radio/radio-20140824
中央电视台故意”裸游“房祖名,意在打击成龙。《华尔街日报》直接点名说:中南海似乎故意针对给江派站台的成龙的儿子,要把他们树立为反面的典范。


中央宣伝部における江沢民派(すなわち劉雲山)を叩くため、とはわたしの勝手な解釈である。念の為。

しかし、このジャッキーの息子の一件が発覚する前の12日、石涛氏は次の打倒対象が劉雲山であろうこと、とすでに触れていた。



しかしここで指摘されているリソースであるNHK記者とは誰なのだろう?

大紀元日本語版も、ジャッキーが息子を救うため習近平に電話で助命を乞うも拒否された、と伝えた。

<引用転載開始>
息子逮捕、ジャッキー・チェンが習近平主席に助け求め電話か
【大紀元日本8月22日】香港の映画スター、ジャッキー•チェンさんの息子房祖名(ジェイシー・チャン)容疑者は14日、北京で麻薬使用の疑いで逮捕された。ジャッキー•チェンさんは息子を救うため、急きょ、上京し、習近平国家主席に助けを求める電話をかけたが、拒否されたという。台湾の『壱電視』(NEXTTV)が19日、情報筋の話として報じた。

 それによると、ジャッキー•チェンさんは、中国共産党の政治協商会議の委員(参議院議員に相当)として、大物政治家などに人脈が多くあるが、ほとんど江沢民派の官僚で、現在の習政権と対立する立場にある。

 ジャッキー•チェンさんは息子を助けるために直接習主席に電話をかけたが、きっぱりと拒否されたという。

 しかし、中国メディアはジャッキー•チェンさんの息子を庇おうとし、関連情報の報道を控えている。ジャッキー•チェンさんは人脈を駆使し、影響力を強めているとみられる。

<終了>

麻薬使用はまだしも麻薬販売は則死刑の国柄故ジャッキーが息子を救うことができれば人治を当局が認めることになる。

ゆえに習近平が助命嘆願に応える可能性はない。

しかし父親としては努力するのは当然だ。

ジャッキーが習近平に直接お願いする前に誰かに救いを求めたはずだが誰も敢えて火中の栗を拾おうとはせず、それがこの件の背景にある最高意思の強さを物語っている。

つまり上にすでに述べたように、習近平指導部がはなから江沢民派粛清の一環として劉雲山という将を撃たんがためジャッキーという馬を射たという最高意思がある、このことである。

この場合、ジャッキーの助命嘆願はナイーヴすぎる、ということになる。

思えばジャッキーもシナ共産党の宣伝工作にコミットし過ぎたのである。
そして当時の権力者といえば現行最高権力者が粛清しようとしているその者なのである

江沢民



さて、この件に関わるのだが、最近のメルマガで石平氏は以下のように述べておられる。

<引用開始>
中国共産党の宣伝部門は今、
いわば「習近平(国家主席)崇拝」の
国内世論を作り出すためのプロパガンダ工作に力を入れている。

共産党機関紙人民日報の場合、7月に習主席の写真や名前を
朝刊1面に登場させたのは31日間中、実に27日。
「習主席広報紙」となっている観がある。8月に入ってからも、
雲南地震の関係報道では、
人民日報は必ず1面で習主席の指示や講話を紹介し、
震災の救助活動が習主席を中心に
展開されているような印象を国民に与えようとしている。

報道の内容においても、人民日報などの宣伝機関はやはり、
習主席が毎日国事のために
奔走している「ご様子」をクローズアップして、
「人民のために尽くしている
非凡なる指導者」とのイメージを作り上げようとしている。

今から数十年前、中国の宣伝機関は
まさにこのような手法を用いて
国民に「毛沢東崇拝」を植え付けていたが、
習政権になってから、それが見事に復活している。
2014/08/22ネット時代では嘲笑もの…「習近平崇拝」宣伝、もう一つの落とし穴


<引用終了>

この石平氏の今回の読みはハズレだろう。

習近平指導部が成立して以来、習と中央宣伝部との不協和音が目立っている。
主なところでは、<【南方週末】社説差し替え事件><習近平タクシーお忍び視察事件>などである。

石平氏が指摘する「習近平(国家主席)崇拝」プロパガンダも「赤旗を挙げて赤旗に反対する」類のもので、つまりは習を持ち上げると見せかけて貶める意図があると見なければなるまい

今回のジャッキー・チェンの息子の一件が中央宣伝部を管轄する劉雲山を撃つことに狙があるとすれば、「習近平崇拝」宣伝をめぐる確執が興味深い。これが習の劉に対する嫌がらせのための上意下達命令によるなら劉雲山のゆがんだ顔さえ思い浮かぶ。あるいは中央宣伝部内の習・劉両派の綱引きも考えられる。

ゆえに、石平氏の読みはあまりに単純すぎるといわねばなるまい。


【PS】
Facebookは本名で登録しているため、アクセスご希望の方だけにお知らせしている。
ご希望の方は鍵コメでリクエストをお願いします。









  1. 2014/08/22(金) 13:38:01|
  2. シナ政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

習近平「反腐敗」運動の大突破の行方【周永康立案】

これまで、シナ共産党には、党政治局常務委員の現役と経験者は刑事責任を追及しないとの不文律があったが、今回の周永康の立案によりその不文律が破られた。

石涛氏によるとこれは大変化であり、これによりかってない変革が可能になった。之を以て、石涛氏は今回の周立案の最大の意義、としている。


(シナ語学習者中級者以上向け)


周永康拘束より2年半の時間を費やしたが、これは一刀両断で失脚・党籍剥奪よりは相対的に「法治」を実行したともいえ大きな突破口ともいえる。また今回の突破は今後の習近平指導部がもし腐敗した時は同様に追及されることになり「民主」的ともいえよう。

石涛氏はさらに、周永康処理に長い時間と手間を要したが、この先、曽慶紅や江沢民処理にはそう時間はかかるまい、とのことだ。つまりすでに周永康立案という「法治」措置で党政治局常務委員経験者の刑事責任を追及するという難曲を突破したからにはあとは簡単だという事である。中南海劇場の見所はこれからだ~♪


(シナ語学習者中級者以上向け)


つまるところ、周永康はすでに「死んだ虎」であるから、注目すべきはその背後の曽慶紅・江沢民という二匹のまだ「生きている虎」である。

十八全大会の妥協で生き残った江沢民一派の徹底粛正に向けて努力を続けてきた習近平・王岐山の最終目的達成が間近い。

破られた不文律を再確認しておこう。

政治局常務委員の現役と経験者は刑事責任を追及しない、ということだが、

経験者ばかりではなく現役もそこに含まれるのである。

ということは現行政治局常務委員の中の江沢民派も射程に入っているかもしれない。

ひょっとすると、今回の「反腐敗」という名の権力闘争はこれまでない大変革をもたらすのかもしれない。

つまり、党益より国益を優先させるということだ。


(シナ語学習者中級者以上向け)


国益をはかるという名目で党の指導者の責任を追及する「民主」と「法治」の道が拓かれるのか?


国家主席・習近平、国家副主席・李源潮、国務院総理・李克強の国家権力トリオが共産党指導体制を「改革」するとは考えにくいが、政治改革の行きつくゴールは理論的にはそうならざるを得まい。

このことは、共青団の中では繰り返し練られた国策のはずである。

胡耀邦と党内改革派がめざす目標に向けて育成した人材が国家指導者となっている今を除いて政治改革を実行する機会はない。

習近平と団派の「改革」の行方に注目しよう。


また、習近平は「中国のゴルバチョフを目指す」との見方もある。

中国海軍はリムパックに初参加して戦意喪失、習近平国家主席は「中国版ゴルバチョフ」になる準備中

もしそうであるなら、シナ共産党統治の桎梏を離れたシナは、かってのソ連のように分裂するだろう。

わが国とっては実に好ましい成り行きとなる。








  1. 2014/07/30(水) 11:58:23|
  2. シナ政局
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2014.04.14【挑戰新聞】新! 胡錦濤訪胡耀邦故居...挺習近平?平反六四?


公開日: 2014/04/14

挺習近平反腐?! 胡錦濤悼胡耀邦 高規格維安!
怒! 拒蓋火葬場 廣東萬人抗議...副市長糗躲銀行!
連7晝夜"魔鬼週" 獵鷹突擊隊 挑戰身心極限!
錯過再等18年! "連環四血月"...必有歷史大事?!
天文盛事! "連續四月蝕"將臨 錯過再等18年!
耶穌與門徒共進"最後的晚餐"...當天就是逾越節!
耶穌曾娶妻? 埃及第8世紀莎草紙...記載祕密!
"科普特語"書寫耶穌己婚 文法錯誤 不足證實?!
1561年4月14日 德國紐倫堡上空UFO目擊事件!
紐倫堡神祕事件 數十架UFO"空戰"超過1小時!
"輪暴犯死刑太過重" 印度大選引發激烈論戰!
強暴與被強暴該同等量刑?! 印度政客被罵翻!
男女比例懸殊.女權低落 印度北方強暴罪犯多!


  1. 2014/04/14(月) 20:54:14|
  2. シナ政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

習近平青島爆発現場を視察 石油会社関係者9人拘束


公開日: 2013/11/28
【新唐人2013年11月28日付ニュース】中国では最近爆発事故が相次いでいますが­、多くが謎に包まれたままです。22日に山東省青島市で発生した石油パイプラインの爆­発事故もその一つです。事故の原因および事故前後に多くの疑問点が存在するだけでなく­、メディアもころころ態度を変えています。また、習近平国家主席の現場視察といった異­例な行動も、世論の憶測を呼んでいます。権威確立のためなのか、それとも周永康の「石­油閥」をつぶすためなのか。報道をご覧下さい。



丸山光三」

シナで連続する爆発事故・事件である。青島のパイプライン事故現場を習近平自らが視察慰問したことから、事故ではなく事件であることを物語っている。

はっきりいえば江沢民・周永康らの謀略テロの疑いがあるということだ。

江沢民時代に布置された政治局常務委員が各重要部門を分担して受け持つというシステムが、先の三中全会に決定により新たに設けられるシナ版NSC(【ロシアの声】はこれを称して「KGB」とす)により習近平に集中することになった。

これを不満とする江沢民一派の習・李体制への挑戦が露出しているのだ。

とすると、今回の青島の事件は、江沢民・周永康らを石油閥方面から切り崩そうとする習・李指導部の謀略であるやも知れぬ。

事ここにいたって、習近平が江沢民派などという寝言はもうすっかり見聞きできなくなっている。

その寝言を繰り返していた某産経北京特派員様はいったいどこに消えてしまったのか?

いずれにせよ、中共の権力闘争が斯くの如き激しさを増しているところから見て、この青島事件と前後して発生した中共のADIZ(防空識別圏)設定などは、習近平に恥をかかせるために江沢民派が仕組んだのではないか、という疑問が持ち上がるのは当然だろう。

日本国内では左様な意見は極めて少数派であるが、そのあたりが真実に近いのではないか?









  1. 2013/11/29(金) 11:27:04|
  2. シナ政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。