変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014欧州議会選挙結果について

先週末に投票が行われた欧州議会選挙でフランスのFN(国民戦線)が大躍進して欧州に激震が走った。

産経は以下のように伝えた。

欧州議会選挙、仏では極右政党が首位に 反EU勢力、各国で躍進
2014.5.26 10:20 [欧州]

FN.jpg

25日、欧州議会選での勝利を受け、パリ郊外で記者会見するフランスの極右、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(AP)

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)欧州議会選挙(定数751)の開票が25日夜(日本時間26日未明)行われた。フランスで極右政党の国民戦線(FN)の首位が確実視されるなど、EUに批判的な勢力が躍進する勢い。債務危機を機に広がったEUへの不満の強さが改めて示された。

 出口調査などに基づく欧州議会の推計では、最大会派の中道右派、欧州人民民主党が得票率28.2%(予想議席212)で首位を保ち、第2会派で中道左派の欧州社会・進歩連盟が24.8%(同186)。中道右派・左派などの主流派が過半数を維持する見通しだが、既存のEU懐疑派と合わせ、「反EU」勢力は2割近くの約140議席程度に上ると予測される。

 フランスではFNの得票率が約25%で同国の74議席中、20議席以上を得るとみられる。全国規模の選挙でFNの首位は初めて。保守系最大野党が2位。オランド大統領の与党社会党は約15%に低迷する見込み。

 英国ではEU脱退を唱える英国独立党(UKIP)が与党保守党、最大野党の労働党を抑え首位をうかがう。ギリシャでは「反緊縮財政」を掲げる最大野党の急進左派連合が第1党に躍進し、極右政党も議席を確保する見通しだ。

 このほか、イタリアでEUに懐疑的な野党、五つ星運動が第2党となり、ドイツでも反ユーロ政党「ドイツのための選択肢」が欧州議会選初参加で議席獲得が確実視されている。

 欧州では緊縮財政への反発や雇用不安から極右など反EU勢力が支持を拡大。選挙の結果を受けて、EUの政策が直接左右されることはないが、首脳会議での議論には影響を与えるとみられている。

 投票率は過去最低の43%をわずかに上回る43.1%だった。 

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140526/erp14052610200007-n1.htm



丸山光三」

戦後左翼レジームが強固なドイツで、反EU・ユーロ政党のAfD(Alternative für Deutschland=「ドイツのための代案」という意味、Alternativeは「選択肢」とよく訳されるが「別の」「異なる」というニュアンスが無視されている。ドイツ語のAlternativeには「これではない別の」、というニュアンスが強い)が欧州議会に議席を得たことは歴史的意味がある。

それは将来、2014年欧州議会選挙がEU崩壊の歴史的転回点だった、と回顧されるほどのものだろう。欧州各国国民はもうEUとユーロにはこりごりだと感じている。ドイツでいえば、ギリシア破綻問題が大きな契機となり反EU/ユーロへの流れが強まっているのだ。

与党CDU・SPD大連立政権もこのEU/ユーロ問題についてはあいもかわらず既定路線支持で凝り固まり民意を汲めなくなり、AfDが躍進できた条件となった。昨年の連邦議会選挙で健闘したものの議席を得ることができなかったAfDもその支持層が広がりさらに発展することだろう。わたしは日本国籍なので投票権はないが、もしあるならAfDを強烈に支持する。


2014欧州議会選挙結果

また、フランスのFNは「極右」政党と見做されるが、それは左翼媒体から見ればそうなのであって、実際は中道右派より右、つまりは真正保守にしかすぎない

その反移民政策が注目されて今回の欧州議会選の結果を欧州で反移民意識が高まっている、という見方は一面的と思う。独仏伊などのEU主要国にとっては移民問題も深刻だがしかしそれよりもEU/ユーロを維持するための財政負担が大きすぎ納税者の不満が高まっているのだ。少なくとドイツではそうである。

しかし、移民問題に限って言えば、トルコ人移民問題は今や背後に引き下がり今もっとも憂慮されている移民問題はEU域内からのブルガリア・ルーマニアからの人口流入だ。とにかく国境がないのだからたまらない。これを視点を変えてみればドイツは、破綻したEU加盟国を援助するのではなく破綻国の貧民を受け入れることを余儀なくされているということで、つまり貧困の移転である。受入国国民にはたまったものではない。

反EUも結局は銭金の問題であり、それが如実に政治に反映したのが今回の欧州議会選挙の結果であった、と言えよう。






スポンサーサイト
  1. 2014/05/28(水) 21:32:12|
  2. 欧州政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

不老不死の薬ユーロ??

すでに旧聞に属するが、7日、ドイツのメルケル首相が、

 

共通通貨ユーロはドイツにとって不老不死の薬だ」と発言した、という報道があった。(←クリック)

 

がしかし該当する英文もしくは独文の記事が見つからない・・・

 

ひょっとするとブルームベルク日本の捏造記事か~!?

 

記事の要旨は、メルケルがユーロの重要さを強調したということだが、「不老不死の薬」に相当するドイツ語はない。無理やり訳せば<alle heil>だろうが、この語彙は非常にネガテイヴな意味である。

 

日本だって「不老不死の薬」といえば「ないものねだり」の意で用いるであろう。

 

そのことからもブルームベルク日本の記事は奇妙である。

 

虚心坦懐にこの文を読めば、

 

ドイツにとってユーロは、ないものねだりの妙薬であった。だからドイツマルクへ回帰しよう。」

 

となるではないか?

 

もしメルケル首相が「不老不死の薬」云々と述べたとすれば、このようなホンネを述べたのである。

 

 がしかし首相の立場としては建前を述べるしかない。それでも以下のようなことも述べることは出来る。

 

メルケル首相が当日(7日)、バイエルンの姉妹政党CSU(キリスト教社会同盟)の大会で述べたのは、実は以下のような重要な内容であった。

 

 

"Euro-Staaten, die sich nicht an die gemeinsamen Regeln derHaushaltsdisziplin halten und dadurch sich und die Währungsunion inSchwierigkeiten bringen, müssen damit rechnen, die Währungsunionverlassen zu müssen"Merkel unterstützt Europapolitik-Leitantrag

 

拙訳

ユーロ加盟国で、国家予算秩序に関する共通の規定を守れず、ゆえに共通通貨同盟に困難をもたらす国々は、共通通貨同盟より去るべきである、と見なさねばならない。

 

 

これはもちろんギリシアをはじめとするPIGSの国々のことを指していることは誰しも異論がなかろう。

 

 

同じ日、CSU(キリスト教社会同盟)の実力者で国益派保守のPeter Gauweilerが、連邦大統領に手紙を書き、大統領はEFSF(European Financial Stability Facility)を阻止するよう要求したという報道もある。(←クリック)

 

(バイエルンの正直もの・亀井静香か?)

 

 

EFSF拡大法案については、ドイツ衆議院は可決しているが、加盟国最期の法案可決を待つスロバキア国会は否決した。しかし与党は、来年総選挙を行う(実は政権を野党に与えるという取引)ことで野党の同意を得て再可決する模様である。

 

国益追求のホンネと、EUおよびユーロ堅持の建前の狭間で各国国内の不協和音は高まっている。

 

ギリシア破綻問題の先送りはいずれ崖っぷちに至り、ギリシアは通貨同盟を去ることになろう。ユーロを守ろうとするならその道しかないことを、メルケル首相もすでに間接的に述べているではないか?

 

 

 

 

 

  1. 2011/10/13(木) 10:40:00|
  2. 欧州政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ギリシア追放は不当だが自ら脱退するなら・・・♪

本日やっとギリシア危機とドイツ政局をめぐる報道らしきものがあったサンケイである。しかし事態は日々進捗しているのである。

 

ギリシア首相のパパンドレウは訪米を延期した。破綻回避で忙しいから、(←クリック)ということらしい。つまり米国はギリシア破綻を救えないから行っても無駄、といったに等しい。

 

さて、本日のロイターは、ギリシアがユーロ加盟継続か否かの国民投票を実施するかも、(←クリック)と報道している。

 

これはドイツにとってはよい知らせである。

 

昨日、メルケル首相は、ギリシアをユーロ圏から追放するなら政治的に破滅的なメッセージを発することになると警告した、(←クリック)のであった。

 

がしかしギリシアが自主的に出て行ってくれるならそれは追放にはあたらないので実は助かる、このことである。

 

昨日ものべたように、EUおよびユーロ加盟各国は、本音では自国益を追及したい、しかし建前である欧州共同体や共通通過を否定しにくい、このジレンマに悩んでいるのだ。

 

だからいくら頭をつき合わせて議論しても成果は乏しい(←クリック)のは当然である。

 

だからドイツなど欧州主要各国は本音では、笊に水のギリシア支援は中止したい、しかし止めるとはいいがたい、だからギリシアが自国益を冷静に健闘して、他国からの財政支援に頼ることなく再生をめざしてほしい。つまりユーロから脱退して自国通貨に回帰し、ハイパーインフレに耐え、そして国民経済を立て直してほしい。

 

しからざればユーロそのものを道連れにしてしまう。

 

この気持ちを間接的に表現したものが、「秩序ある破綻」、「タブーなし」といったドイツ自民党党首レスラー氏の発言だったのである。

 

さらにしかし、ドイツ国民の6割が考えているように、ユーロそのものの意義に疑念をもつ欧州加盟各国の国民は増加中であろう。

 

(共通経済主体がない共通通貨というその存在自体が矛盾しているユーロを無理に維持するよりはいっそ消滅させてほしい)

 

 

このことであります。

 

 

註>最近はロイターの報道が頼りである。サンケイだけを眺めているあなた、世界は刻々と動いておりますよ、くだらない三面記事ばかりのサンケイでは置いてけぼりになる、このことでありますよ~~~

 

 

 

 

  1. 2011/09/20(火) 09:28:00|
  2. 欧州政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メルケルは敗北していない

今に至るもサンケイは「報道しない自由」を行使中のベルリン市議会選挙だが、しかしアサヒの以下のような捏造よりはましか?

ベルリン市議選で社会民主党勝利 連立与党の敗北続く 

不愉快でせうが二度クリックしてアサヒの記事をごらんください。

 

 

 

得票率31%をえて第一党を維持したものの2%下げたSPDが勝利したとはいえず、CDUも市政政権交代はできなかったものの2%得票をのばしたのだから敗北とはいえまい。

 

(アサヒのいいたいのは、「社会民主党勝利」という左翼プロパガンダのみ)

 

このことであります。

 

さて、

 

前々回でも指摘したようにFDP(ドイツ自由民主党)は議席を失う惨敗であり、連立をになう国政政権与党の敗北にはちがいない。

 

これで再来年の総選挙では連立見直しは間違いないだろう。

 

 

「ニ大政党」のCDU(/CSU)とSPDどちらも選挙で絶対的過半数を獲得できず、小党との連立、あるいは二大政党による大連立で組閣するしかないという二大政党制がすでに破綻しているドイツでは、FDPのような小党が政権のキャスティング・ボートを握ることが多く、およそ民主主義の原則に反しているのだ。

 

しかもFDPのような自由原理主義、規制緩和主義、市場放任主義は欧州の価値観には反している。

 

欧州の価値観といえば社会民主主義的社会保障政策すなわち大きな政府を組織運営せざるを得ず、「ニ大政党」のCDU(/CSU)とSPDどちらも左右の重点はあっても、そのような欧州的価値の「理念」を否定するものではない。

 

そこへもって、今回のレスラー党首のユーロ脱退論がごとき「理念」否定は、本音ではどうあれ選挙という民意反映の場では受け入れられなかったということか。

 

今まではEUおよびユーロはドイツの国益に有利であった、がしかし現今のような国家破綻するユーロ加盟国がでようという状況では、EUおよびユーロはドイツの国益に反すること、このことを知る政治家および国民はいまだ多数派を形成できていないのである

 

今回のベルリン市議会選挙の教訓として知るべきはこのことではないか?

 

 

 

  1. 2011/09/19(月) 12:35:00|
  2. 欧州政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

驚きのベルリン地方選挙結果

例によってサンケイは「報道しない自由」を行使しているか、あるいはまったく関心がないか(それも問題であるが)する、本日のベルリン地方選挙の結果である。

 

 

 

ここ数日まるで野党であるかのごとき発言が目立ったレスラー党首の率いる国政連立与党のFDP(ドイツ自民党)が大敗した。

 

投票率を6%近く下げ、獲得したのはたった2%~!!!

 

つまり5%に満たない政党には議席を認めない「5%条項」に基づきFDPはすべての議席を失った。

 

かわりに、というのかPiratenpartei Deutschland ( ドイツ海賊党) がいっきに9%を獲得して15議席を得た。

 

 

もともとベルリンではつよいSPDが2%下げたものの31%を獲得して第一党にとどまった。CDUは逆に2%上げたものの22%で第二党。

4%以上あげた緑の党が18%獲得したため、SPDは左翼党との連立を解消し緑の党と新たな連立を組むと思われる。

 

ギリシア破綻に対するドイツの負担についての感心はベルリン市民には低いのだろうか?国民の最大の関心がそこにあると見て大いに水を向けたレスラーFDP党首の読みが外れた、このことであろう。

 

逆にメルケル首相の率いるCDUが得票率をやや伸ばしているのはEUとユーロを防衛しようということへの支持だろうか?

 

 

以下の記事の予測が当を得ていたことになる

独連立与党のFDP、ベルリン特別市選挙で議席失う可能性

<9月16日(ブルームバーグ):今年の地方選挙において6州連続で後退を余儀なくされたドイツのメルケル首相率いる連立与党連合は18日に行われるベルリン特別市選挙でも屈辱を味わう可能性がある。世論調査では、与党会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と国政で連立を組む自由民主党(FDP)が、ドイツ海賊党に議席を奪われる見通しを示した。

  ドイツ海賊党にとっては、ベルリン特別市選挙で初の議席獲得となる。有権者はここ1年間の地方選挙を通じて、連立与党のユーロ圏債務危機への対応に批 判票を投じてきた。CDUとFDPは現在、ユーロの将来とギリシャへの金融支援をめぐって対立しており、メルケル首相が現在の連立相手と2013年の再選 に挑むかどうかは不透明だ。>

 

みなさんサンケイだけを眺めていては世界の様子はわかりまへんよ~!

 

このことであります凹凸

 

 

 

 

 

  1. 2011/09/18(日) 23:13:00|
  2. 欧州政局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。