変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何か区切りをつける時節

先週一週間を家内の実家で過ごした。ちょうど国内の旧盆と合致したが偶然である。しかしこちらは気温が15-18℃「温かい冬」といった風情でそこが国内とはちがったドイツらしいところであった。

もう夏は終わった、と実感せざるを得ぬ。

こうした気候ゆえ感覚がまた内向きになってゆく。

また義母の家ではオンライン設備もPCもないので迫られて読書と思索的生活となった。帰宅してみてPCの前に座ると自分とPCとの間の親和性が喪失しているのに気づく。

これまでしばらくのあいだ動画の貼り付けでお茶を濁してきた当ブログである。それは自分のための備忘録といった意味合いもあったのだがもうそれにも興味がつきつつある。心変わりしやすく継続性がない自分の性格をあらためて確認した次第だ。

さて、にも関わらずこうした文章を書き始めたのはある変容があったからだ。思い出してみれば当ブログは【変容する世界】であるから自己の変容を語ってもいいはずだ。

こんな駄文を読みたくもないし、わたしの変容について興味もないという方はどうかここで読むのを止めてほしい。

Small_DSC3599.jpg


ある変容とは個人的な表層意識の指向性の変化であるがしかし深層意識の促しもあるのか知れぬ。こういう事態は休暇中によく発生する。それも当然だろう、生活が異化されるからだし、また休暇の意味もそこにこそある、といわねばなるまい。

帰宅してPCに向かって写真をいくつかFlickrや500pxにアップロードし、EXITEにエントリーを一つしただけで、このブログには何もしなかったのは、ここはわたしが初めてブログをもったイザの後継ブログであるからだ。

イザがむこうの勝手な都合で閉鎖消滅した際、こちらに引っ越したわけだが、今ではあの時ブログを止めてしまえばよかった、とも考えている。

その考えが適切かどうか過去記事をずっと読み直していた。その結果、当時のわたしをして「書きたい」と思わせた発語の圧力をまざまざと感じることができた。さらに、今のわたしにはその内在的圧力が喪失していることを感じた。

一方、コメント欄に少なからず登場するおなじみの方々でお亡くなりになった方やブログを止めてしまった方、消息不明の方などもおられ、ブログとはそもそもそも何の意味有や、などとも考えてしまう。

かってはいくつもブログをもち書きまくっていたことがずっと過去のように思えても、せいぜいが8年来のことなのだ。しかし今の世の中で8年とは長い時間ともいえようか。

いずれにせよ何か区切りをつける時節となったことを感じているのである。これが本日の結論でさてこのあと何ができるのかただいま思考中であります。

small_DSC3522bw.jpg

(イメージは二つともアントワープにて撮影。使用機材: Nikon D610+AF-S 50mm F1.8G) 



スポンサーサイト
  1. 2014/08/19(火) 10:26:57|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

(全録)フィギュア・【浅田真央】選手が会見

公開日: 2014/02/24

ソチオリンピック日本代表選手団が、25日午前に帰国した。その後、フィギュアスケー­ト女子の浅田真央選手(23)が、都内の日本外国特派員協会で会見を行った。(全録)




かって長嶋茂雄は、記録よりも記憶に残る男、といわれた。

その神話性は浅田真央にも通じる。


神話を共有できた国民はまた強く一つになった。

ありがとう、お疲れ様でした♪






  1. 2014/02/25(火) 18:20:53|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロシア文学を生んだロシア人の魂健在なり

 

 

われわれは斯くの如き人々を隣人としてもっている。

 

人心荒廃した自称「大国」と比してこれを如何に見る。

 

かたやもう一つの「友好国」は自他の区別がつかぬほど我が国に甘えきった幼児性をむき出しにして駄々をこねつづけている。

 

表面上はともかく心の友として付き合うべきは誰か

 

あなた自身のこころがあなたに知らせてくれるであろう。

 

 

  1. 2013/05/10(金) 09:49:00|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

村上春樹の「ボストンへ」を朝日が故意に誤訳?

「世界市民」というアサヒ用語をはたして村上春樹氏本人が使ったのかどうかは不明であるが、朝日記者が村上氏がネット版ニューヨーカー誌に寄稿した文のタイトル

Boston, from One Citizen of the World Who Calls Himself a Runner」を

ボストンへ。ランナーを自称する一人の世界市民から」と訳した、このアサヒ・イデオロギー?き出しの用語法はあまりに香ばしい。

村上春樹さん「ボストンへ」 テロめぐり米誌に寄稿

 

 

よって2Chでも村上氏をサヨクと罵るコメもある。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367614679/

 

 

「だがちょっと待ってほしい」(ご存知、これもアサヒ用語)

 

「寄稿は日本語から英訳されており、記事中の引用は記者の翻訳。」

 

とアサヒの記事に注釈があるのはまだ良心的というもので、どうも気になるのでネット版ニューヨーカー誌をあたってみて、上記英文タイトルを確認したのである。

Boston, from One Citizen of the World Who Calls Himself a Runner

 

これを素直に訳せば、

 

ボストンよ、ランナーを自称する世界の一市民から>

 

でなければなるまいよ。

 

しかしすでに述べたように村上氏の日本語原稿がどうなっていたのかは不明なので、まあけっきょくのところなんともいえぬのが無念ではある凹凸

 

私見に拠れば、村上氏は団塊の世代ではあるが、学生時代から政治とは距離をおいていたことがその作品からうかがえるし、斯くの如き低劣な朝日B層用語を使用するお方には思えぬ。

 

朝日の記者はきっと村上氏の著作を読んではいないのであろう。

 

まあどうでもいいことなのだが、村上氏の件の文を以下にコピペしておくので、興味のある方はご参照くださいまし♪

 

 

Boston, from One Citizen of the World Who Calls Himself a Runner

 

EdNacional-Murakami#20D3126.jpeg

In the past thirty years, I’ve run thirty-three full marathons. I’verun marathons all over the world, but whenever someone asks me which ismy favorite, I never hesitate to answer: the Boston Marathon, which Ihave run six times. What’s so wonderful about the Boston Marathon? It’ssimple: it’s the oldest race of its kind; the course is beautiful;and—here’s the most important point—everything about the race isnatural, free. The Boston Marathon is not a top-down but a bottom-upkind of event; it was steadily, thoughtfully crafted by the citizens ofBoston themselves, over a considerable period of time. Every time I runthe race, the feelings of the people who created it over the years areon display for all to appreciate, and I’m enveloped in a warm glow, asense of being back in a place I missed. It’s magical. Other marathonsare amazing, too—the New York City Marathon, the Honolulu Marathon, theAthens Marathon. Boston, however (my apologies to the organizers ofthose other races), is unique.

 

What’s great about marathons in general is thelack of competitiveness. For world-class runners, they can be anoccasion of fierce rivalry, sure. But for a runner like me (and Iimagine this is true for the vast majority of runners), an ordinaryrunner whose times are nothing special, a marathon is never acompetition. You enter the race to enjoy the experience of runningtwenty-six miles, and you do enjoy it, as you go along. Then it startsto get a little painful, then it becomes seriously painful, and in theend it’s that pain that you start to enjoy. And part of the enjoyment isin sharing this tangled process with the runners around you. Tryrunning twenty-six miles alone and you’ll have three, four, or fivehours of sheer torture. I’ve done it before, and I hope never to repeatthe experience. But running the same distance alongside other runnersmakes it feel less grueling. It’s tough physically, of course—how couldit not be?—but there’s a feeling of solidarity and unity that carriesyou all the way to the finish line. If a marathon is a battle, it’s oneyou wage against yourself.

 

Running the Boston Marathon, when you turn the corner at HerefordStreet onto Boylston, and see, at the end of that straight, broad road,the banner at Copley Square, the excitement and relief you experienceare indescribable. You have made it on your own, but at the same time itwas those around you who kept you going. The unpaid volunteers who tookthe day off to help out, the people lining the road to cheer you on,the runners in front of you, the runners behind. Without theirencouragement and support, you might not have finished the race. As youtake the final sprint down Boylston, all kinds of emotions rise up inyour heart. You grimace with the strain, but you smile as well.

I lived for three years on the outskirts of Boston. I was a visitingscholar at Tufts for two years, and then, after a short break, I was atHarvard for a year. During that time, I jogged along the banks of theCharles River every morning. I understand how important the BostonMarathon is to the people of Boston, what a source of pride it is to thecity and its citizens. Many of my friends regularly run the race andserve as volunteers. So, even from far away, I can imagine howdevastated and discouraged the people of Boston feel about the tragedyof this year’s race. Many people were physically injured at the site ofthe explosions, but even more must have been wounded in other ways.Something that should have been pure has been sullied, and I, too—as acitizen of the world, who calls himself a runner—have been wounded.

 

This combination of sadness, disappointment, anger, and despair isnot easy to dissipate. I understood this when I was researching my book“Underground,” about the 1995 gas attack on the Tokyo subway, andinterviewing survivors of the attack and family members of those whodied. You can overcome the hurt enough to live a “normal” life. But,internally, you’re still bleeding. Some of the pain goes away over time,but the passage of time also gives rise to new types of pain. You haveto sort it all out, organize it, understand it, and accept it. You haveto build a new life on top of the pain.

Surely the best-known section of the Boston Marathon is HeartbreakHill, one in a series of slopes that lasts for four miles near the endof the race. It’s on Heartbreak Hill that runners ostensibly feel themost exhausted. In the hundred-and-seventeen-year history of the race,all sorts of legends have grown up around this hill. But, when youactually run it, you realize that it’s not as harsh and unforgiving aspeople have made it out to be. Most runners make it up Heartbreak Hillmore easily than they expected to. “Hey,” they tell themselves, “thatwasn’t so bad after all.” Mentally prepare yourself for the long slopethat is waiting for you near the end, save up enough energy to tackleit, and somehow you’re able to get past it.

 

The real pain begins only after you’ve conquered HeartbreakHill, run downhill, and arrived at the flat part of the course, in thecity streets. You’re through the worst, and you can head straight forthe finish line—and suddenly your body starts to scream. Your musclescramp, and your legs feel like lead. At least that’s what I’veexperienced every time I’ve run the Boston Marathon.

Emotional scars may be similar. In a sense, the real pain begins onlyafter some time has passed, after you’ve overcome the initial shock andthings have begun to settle. Only once you’ve climbed the steep slopeand emerged onto level ground do you begin to feel how much you’ve beenhurting up till then. The bombing in Boston may very well have left thiskind of long-term mental anguish behind.

 

Why? I can’t help asking. Why did a happy, peaceful occasion like themarathon have to be trampled on in such an awful, bloody way? Althoughthe perpetrators have been identified, the answer to that question isstill unclear. But their hatred and depravity have mangled our heartsand our minds. Even if we were to get an answer, it likely wouldn’thelp.

 

To overcome this kind of trauma takes time, time during which we needto look ahead positively. Hiding the wounds, or searching for adramatic cure, won’t lead to any real solution. Seeking revenge won’tbring relief, either. We need to remember the wounds, never turn ourgaze away from the pain, and—honestly, conscientiously,quietly—accumulate our own histories. It may take time, but time is ourally.

 

For me, it’s through running, running every single day, that I grievefor those whose lives were lost and for those who were injured onBoylston Street. This is the only personal message I can send them. Iknow it’s not much, but I hope that my voice gets through. I hope, too,that the Boston Marathon will recover from its wounds, and that thosetwenty-six miles will again seem beautiful, natural, free.

 

Translated, from the Japanese, by Philip Gabriel.

Haruki Murakami’s most recent book to appear in English is “IQ84.” His latest novel has just been published in Japan.

Illustration by Ed Nacional.

 

 

 

  1. 2013/05/03(金) 23:26:00|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

悠仁親王と書く<ロシアの声>に学べ

<ロシアの声>が、「悠仁親王、小学校入学」という記事を載せている。

産経なども他のマスゴミ同様にあいもかわらず「悠仁さま」と敬称の誤使用を改めようとしないのは何ゆえか?

 

 

<以下転載>

 

悠仁親王、小学校入学

 

悠仁親王、小学校入学

日本の皇位継承権者である6歳の悠仁親王が小学校に入学した。親王は両親とともに入学式に出席し、集まった人々にお辞儀し、感謝の言葉を述べた。

   親王は御茶ノ水女子大付属小学校に入学した。幼稚園では歌うことに興味を示し、飼育コーナーの雄鶏の世話をしていた。また、走ることや竹馬に乗ることにも興じていた。

   6年前の誕生は、40年間現われなかった男子の皇位継承権者として殊の他喜ばれた。このことにより、皇統の潜在的危機を脱し、女性および女系天皇を認めるべく法典を改正するか否かという論争に終止符を打つことが叶った。

   悠仁親王は叔父の徳仁皇太子、実父の秋篠宮親王に次ぐ皇位継承順第3位。

   イタル・タス

 

<転載終了>

 

しかしながら、せっかく親王の敬称を用いながら、ご覧のように敬語を動詞に用いることはできないようである凹凸

 

  1. 2013/04/07(日) 16:22:00|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。