変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【東谷暁】TPPは安全保障になるという幻想【2013年8月26日】

公開日: 2013/08/25

【東谷暁】おはよう寺ちゃん活動中【2013年8月26日】
1.ニュース目玉焼き
①日本政府TPPで海賊版阻止を要請
②消費増税9月の短観をみて判断
2.高齢者の負担が増える社会保障制度改革
3.TPPは安全保障になるという幻想

 

スポンサーサイト
  1. 2013/08/26(月) 07:41:00|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『TPP 黒い条約』東谷暁さん&施光恒さんライブトーク!!

公開日: 2013/08/19

ついに日本もTPP交渉に参加!しかし、TPPは本当に日本の成長を助ける自由貿易協­定なのでしょうか。それに疑義を唱える気鋭の論客七名が緊急出版したのが『TPP 黒い条約』です。『TPP 黒い条約』執筆陣のうち、ジャーナリストの東谷暁さん、政治学者の施光恒さんがこの日­は出演。黒い条約・TPP締結後の日本はどうなるのか? アメリカの真の狙いとは何か?TPPに加盟しない選択とは?マスメディアでは聞けない­、刺激的な議論をおふたりが展開します!

『TPP 黒い条約』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-...

出演者|東谷暁さん&施光恒さん
日 時|2013年8月8日(木)19:00 ~
場 所|紀伊國屋書店新宿南店3階 ふらっとすぽっと

詳しくは
http://www.kinokuniya.co.jp/contents/...

  1. 2013/08/23(金) 13:26:00|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭恵夫人もTPPは反対だった

環太平洋連携協定(TPP)も私は最後まで反対だった自民党にも反対の人はいっぱいいて、主人もつらいだろうと。だから私が素人ながら「ここはどうな の」と聞くと、「ここはこうだから大丈夫」とちゃんと返してくれたので、「では交渉をきっちりやってくださいね」と。家に帰ってまで責められてかわいそう ですが

 

と安倍昭恵夫人は語っておられる。

 

詳しくは以下の記事で

 

安倍首相夫人インタビュー

 

 

 

 

 

 

 

インタビューに答える安倍晋三首相の昭恵夫人=22日、東京・永田町の首相公邸

 

 

 

これは首相公邸で行われたインタヴューらしい。

 

ということは半ば公務の一部と考えられる。

 

昭恵夫人がこう語ることで、総理は夫人が代表する国民の声もきちんと理解されておられる、ということを間接的に述べておられるようである。

 

 

  1. 2013/03/26(火) 12:46:00|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊急検証 TPP交渉参加表明記者会見に秘められた爆弾

公開日: 2013/03/16

交渉途中で離脱は可能です。その大義名分は日米共同声明が守られない事です。TPPの­外堀は埋められています。
「TPPは交渉参加した時点で発効」はデマ:上念司氏の解説→http://bit.ly/YvY6Go


安倍総理は退路を確保した上で交渉参加表明をしています。更にこの会見である爆弾を投­げ込んでいます。
根拠はこの動画です「アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは」→http://youtu.be/HLVKAalmD48

 

 

 


TPPの危険性を訴える事により爆発の威力は更に増大します。
安倍総理の交渉を助けるためにもTPPの危険性を参加各国の世論に訴える事が重要です­。

追記:
カナダ・メキシコの念書について、事実と仮定すれば、当事国が公表していないので外交­上公開はできないが、もし今後日本に念書が送られて来たならば情報公開してTPP交渉­から離脱する事ができる(TPP終了)もし日本に念書が送られて来なかったら、カナダ­・メキシコが念書の無効を訴える事になる(TPP交渉のやり直し)つまり情報公開が交­渉の武器になっています
ツイッター版:http://bit.ly/Yz0pVW

引用動画
平成25年3月15日 安倍内閣総理大臣記者会見→http://bit.ly/12VBK6l

本家:http://www.nicovideo.jp/watch/sm20348605

 

 

<以上転載終了>

 

 

もし、わが政府が、カナダ・メキシコサインさせられたという念書を受け取りそれを公開できるとすれば善哉ではあるが、はたしてそれが可能であろうか、大いに疑問とするところである。

 

もし安倍総理がそれを公開しTPPを終了させるとすれば、その筋から必ず報復を受けること必至である。

 

それは総理の政治生命だけで終わらない報復になるかもしれない。

 

 

 

  1. 2013/03/16(土) 23:17:00|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPP対中包囲網論の胡散臭さと今から国民のなすべき事

産経新聞御用達の櫻 井よし子氏や佐藤優氏のいうTPP対中包囲網論だが、信用できぬ。そういう要素はあるにしても、そのために関税主権を放棄したり、グローバル企業に 好き勝手なことをさせることは国益に反する。

 

「逆に、日本がTPPに不参加ならば、軍事力と経済力を背景にした中国の覇権を防ぐことは極めて厳しい。「TPP反対派や反対政党に、親中派中国に近い勢力が多いのは偶然ではない」(官邸周辺)」日米で中国潰し 経済的、軍事的に牽制 TPP交渉参加

 

 

また斯くの如きTPP反対派は左翼と決め付けるやり方も正当ではない。TPP推進派はやはり胡散臭く てならぬ。なにか公言できない悪質な理由があるからだ。

 

また総理の交渉参加表明後の今になってこのようなTPP対中包囲網論が前面にでてきたことは、TPPが貿易協定ではないことの証明でもある。

 

対中包囲網は、第二次安倍内閣成立後着々と進捗しているし、あとはロシアとの協議が上手く行けば中共は必ず根 を上げるはずである。

 

しかしTPPはロシアに疑念を抱かせ日露協議の障害にもなりかねぬ。我が国をしてロシアに近づかせないために何か謀略的な圧力が総 理に加えられたのだろうか?

 

総理の交渉参加記者会見でも、総理にしては歯切れの悪い、何か隠し事をしているかのごとき印象であった。

 

そうなのだ、公言できない外交防衛上の理由から、総理はTPP交渉参加を決断されたのだ。

 

であるなら、やはり総理を敢然と支持応援しなければならぬ。

否則、惜しくも短命に終わった第一次安倍内閣の「失敗」を国民は繰り返すことになる。

 

苦衷の選択、やはりこれが安倍総理のTPP交渉参加表明に滲んでいた。

 

「戦後レジームからの脱却」のためには、中共の尖閣への侵略の野望を前に、また民主党により破壊された日米信頼関係により、まず日米同盟を再構築することから始めねばならなかった第二次安倍内閣の存立基盤そのものが綱渡りにも等しい危ういものである。

 

日米関係が最も重要な二国間関係といわねば、日米関係の桎梏から逃れらるための国力増進と強靭化への方策もとれない我が国のジレンマと苦衷が、いわゆる対米自立派にはわからないのだ。

 

しかし米国とそれを操る国際金融マフィアおよびグローバル企業マフィアたちの力量はやはり侮れない。

 

一月早々の訪米を望んでいた総理に対し何ごとかの交換条件が示され、そして総理はそれを呑んだ。そうしなければ、総理がもくろむ対中外交防衛政策も危うかったのだ。

 

対米自立への道は遠い。とくにTPPにからめ取られてしまえばなおさらのことである。

 

まずは、藤井聡教授が提起されたTPPから逃れる理論的には存在する四つの可能性の実現を図らねばばなるまい。

①交渉の過程で我が国政府が交渉から離脱する,
②最後の最後の批准の段階で我が国の国会がTPPを拒否する,
米国会が日本のTPP参加を拒否する
④TPP交渉がいつまでたってもまとまらず空中分解する。

【TPP反対】 藤井聡教授@顔本 理論的に存在するTPP不参加

 

 

また、万一、TPPが締結批准されてしまった場合は、

 

1)TPPによる国益毀損を最小化する
2)TPPによって国益毀損を被ってしまったのなら それを「回復する」

藤井聡教授@顔本 総理のTPP交渉参加表明で日本国民がなさなければならない事

 

ことが必要になる。

 

いずれにせよ、今や対米従属からの自立をめざすことはより遠くへと押しやられてしまった。況や「戦後レジームからの脱却」をや

 

対シ関係もおそらくは米国の制約とコントロールを受けることになろう。

 

総理、副総理、外相のアジア各国歴訪と、森元総理のロシア訪問が米国政府に疑念を抱かせてしまったようだ。

 

ちょうど、第一次安倍内閣の自立的外交防衛政策がブッシュの不興をかったことを想い起こさせる。

 

TPP締結批准まではまだ時間がある。この許された時間内に是が非でもアベノミクスを成功させ、我が国をしてデフレ脱却して経済成長させあらゆる面において強靭化をなし国力充実の準備をせねばならぬ

 

それが来るべき国難への最大の対策である

 

強い日本であればいわゆる同盟国の不遜で不公平な要求も跳ね返すことができ、また我が国への侵略の野望をもやす隣国への備えとなる

 

ゆえに安倍総理へ最大限の支持と応援を与えることがわれら国民がなすべきことであろう。

 

  1. 2013/03/16(土) 16:11:00|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。