変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「関係改善」と新たな官房長官談話が待たれる件

日本を以前のように意のままに操りたいナイやアミテージからみれば、安倍総理は継子のように聞き分けがなく見えるだろう。彼らにすれば、わが国の集団的自衛権は米国益だけに沿うものとして網を被せたい、それがわが国の国益に叶うかどうかはどうでもいい、ということだ。

現実的には、来年に決定している米軍の半島からの撤退後に起こりうる北の侵略に対して米軍は後ろに下がったままわが軍事力を半島において行使したい、それゆえの集団的自衛権だけをわが国に付与するということだ。
その際、わが軍は米の傭兵として米軍司令部の統制下にあればよく独自の戦略などは余計なことだというわけだ。

ナイやアミテージのご託宣をチョイルが以下のように拡散している。


オバマ米政権に近い米国の知日派の代表格として知られる米国のジョセフ・ナイ・ハーバード大学教授(元米国防次官補)が朝日新聞のインタビュー取材に応じた。安倍政権が進める集団的自衛権を巡る憲法解釈の見直しに向けた動きについて、安倍晋三首相の靖国神社参拝などを例示して「政策には反対しないが、ナショナリズムのパッケージで包装することに反対している」と語った。▼3面=賛否や論点を聞く

 ■憲法解釈見直しは「支持」

 近隣諸国の理解を得ることを一層困難にしているとして、政権の取り組み方に懸念を示したものだ。

 集団的自衛権をめぐる日本の憲法解釈について、ナイ氏は「戦後の憲法で非常に限定的に解釈してきた。これをより広く解釈することは正当なこと」と語り、解釈見直しで行使を容認することを基本的に支持する立場を示した。

 一方で、ナイ氏は首相の靖国参拝のほか、首相周辺が村山談話や河野談話の見直しに関する発言を続けてきたことを取り上げ、「日本が軍国主義に向かうのではないかと中国や韓国を不安にさせている」と指摘。「米国内でも、日本で強いナショナリズムが台頭しているのではないかとの懸念が出ている」と述べた。

 ナイ氏は「日本の集団的自衛権行使はナショナリズムで包装さえしなければ、東アジアの安定に積極的に貢献しうる」と強調。現在のやり方は近隣諸国の反発を強めることになりかねないとして「良い政策を悪い包装で包むことになる」と注文をつけた。

 国際政治学者のナイ氏は、クリントン政権時代に米国家情報会議議長や国防次官補を歴任。「ナイ・イニシアチブ」と呼ばれた日米安保の再定義を推進するなど、対日政策に深く関わってきた。


ナイアミテージ


 ■日中・日韓の緊張、米望まず

 《解説》ナイ氏の見解は、米国の安全保障政策に携わる多くの政府当局者や識者の間で共有されている。

 ナイ氏がアーミテージ元国務副長官らと2000年に発表した超党派の報告書は、日本が集団的自衛権の行使に踏み出せば「より緊密で効率的な日米安保協力につながる」とした。当時に比べ、東アジアの安保環境はさらに不安定になっている。米国内に目を転じれば、厳しい財政事情が国防予算を制約し、同盟国に一層の役割を求める声が強まっている。同盟国が自国の防衛力や米国との防衛協力を強化することは、米政府や議会が歓迎する動きだ。

 一方、安倍首相の靖国参拝や慰安婦問題をめぐる対応に頭を痛めているのも、もう一つの米国の顔だ。

 オバマ政権は「日本と近隣国の良好な関係は米国にとっても地域にとっても利益だ」(ケリー国務長官)と繰り返す。北朝鮮をにらんだ日米韓の協力は急務だし、日中関係でも緊張が制御不能なレベルまで高まることを望んでいない。国務省のサキ報道官は10日の会見で「過去の問題について、近隣国との強固な関係構築に資する形で取り組むことを日本の指導者に促している」と述べた。

 米国にとって日本の集団的自衛権の行使容認は本来歓迎すべきことだが、安倍政権によって発せられる歴史認識をめぐるメッセージと重なると、地域の不安定要因になりかねない――。ナイ氏の「良い政策に悪い包装」とは、米国のそんなジレンマを端的に示した言葉だ。(ワシントン=大島隆)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11031970.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11031970


之に対してわが国採りうる道は険しく狭い尾根を歩くがごとく難しい。

一つには、集団的自衛権をめぐる議論を長引かせ「戦争ができない国」のままいること。そして危うい時期をやり過ごす時間を稼ぐこと。

さらには、ナイが警告する「ナショナリズム」路線を敢えて採ること。なに、折に触れて靖国参拝を繰り返すだけでよいから簡単だ。

これらはオバマの面子を立てるための日米韓首脳会談後の事である。その後は、ロシアカードを切る局面もでてこようか。そうなった時のナイやアミテージの青ざめた顔が見てみたいものだ。

いずれにせよナイやアミテージが「知日派」だという誤魔化しや、その「ご意見」が重みをもった過去のような政治状況はすでに変容している。

それは第一次安倍政権崩壊のもととなった例の「腹痛」事件で安倍総理が身をもって味わい、そして逼塞中に練り上げたであろう戦略に由来するものと評価しておく。つまり安倍総理は自国益のため米「知日派」や奴らがリードする米政権の対日対東アジア政策に対しては面従腹背している、ということだ。この憶測が正しいかどうかは日米韓首脳会談前後により明確になってくるであろう。

オバマ無能政権とプーチンロシアとのパワーゲームはプーチンの勝利に終わることは誰の目にも明らかだが、わが国としては欧米と良好な関係を保ちつつロシアとの「友好」関係を築かなければならぬ緊張を強いられた外交が続く。

とりあえずは米国の要求に従い南朝鮮との「関係改善」を謀るのは致し方あるまい。しかしそれは南朝鮮次第だ、とのスタンスを崩してはなるまい。いずれにせよハーグでの24-25日の核安全保障サミットまでにはすでに十日を切った。パククネもオバマの顔をつぶすわけにも行かぬし安倍総理からも身を捨てての退却によりかえって退路を断たれた。決断するしかあるまい。

しかし「関係改善」がなっとしてもそのうえでATMに甘んずることや傭兵を半島へ差し出すが如き下策をわが総理が採るとは思えぬ。

総理の、河野談話見直しせず、とはまさに苦渋に満ちた選択だった。しかし、すでに決まった河野談話をめぐる事実検証の後に、つまり時間をおいてしかるべきタイミングで、新たな官房長官談話を出すことはわが国の外交安全保障上必要なものであり、同盟国や同盟国ではない(むしろ敵国というべき)国にあれこれいわれる筋合いのものではない。それどころか、同盟国という名の旧敵国やおこまりの現敵国の情報戦に対処するため是が非でも実行すべきイッシューとなったのである。










スポンサーサイト
  1. 2014/03/16(日) 02:05:02|
  2. 変容する世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

不発弾処理失敗はミュンヒェンだけか?

ローカルなニュースなので日本ではごく一部で報道されただけだったミュンヘン不発弾爆破処理失敗事件である。

 

FNNは以下のように伝えている。

 

ドイツ・ミュンヘン中心部で実施された不発弾の爆破処理が、想定外の事態に発展した。


第2次世界大戦の不発弾250kgを処理するもので、住民3,000人以上を避難させて行われた。


一応、成功はしたものの、爆発があまりに大きく、周辺のビルが火事になったり、商店の窓が割れるなど、予想以上の被害が出た。


爆破処理は、信管を外せなかったためのやむを得ない措置だったが、決断した市長たちも困惑を隠せない様子だった。」(ドイツ・ミュンヘンでの不発弾爆破処理で予想以上の被害発生

 

 

 

 

 

 

こちらでの続報による被害状況は、1戸の住宅が完全に破壊され、16戸が一時的に居住不能となったという。(Bombe sorgt für Chaos in München

 

さらに、ドイツ全土では一万発以上の不発弾が地下にあるといわれ、ベルリンだけでも三千発はあると予想されている。

 

またルール工業地帯もその重要性ゆえ集中的に爆撃を受けたことから不発弾も日常的に発見されており、今年に限ってもデゥイスブルクで五発、エッセンで四発の不発弾が処理された。

 

(Bombe sorgt für Chaos in München

 

 

この事件のニュースを見ながら、わたしはわが国をめぐる「領土紛争」を思い出していた。

 

戦後のわが国は防衛安全保障を日米安保条約により米軍に依存してきた。またGHQにより国際法に反して与えられた憲法の第九条により、国際紛争を解決する手段としての軍事力は放棄した。

 

これに由来するいわゆる「平和ボケ」と安全保障意識の消滅、といって言いすぎならば冬眠状態、によりシナ、コリア、ロシアなどに対して「平和を愛する諸国民」という幻想を貼り付けたままで腰砕けの屈辱的外交を続けた。

 

その結果が、われらが現在只今目にしている有様である。

 

まさに戦時に投下された不発弾処理を誤ったのである。

 

敵国がわが国に対して戦争を仕掛ける意欲を削ぐために充分な抑止力としての防衛力をできるかぎり早く整備しなければならない。そのための法整備は緊急の要件である。さらにそのためには売国政党から政権を奪取しなければならない。

 

否らざれば、極めて近い将来わが国は、敵により埋伏された「不発弾」により甚大な被害を被ること必至であろう。

 

 

 

 

 

 

 

  1. 2012/08/31(金) 11:32:00|
  2. 変容する世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

イラン暦のお正月

毎年太陽暦の春分の日が、イラン暦では正月元日である。

 

これはすでに亡くなった亡命イラン人の友人とお付き合いしている時に教わった。彼についてはいちどエントリーしたことがある。

 

夢想千一夜の39、イラン人VKL氏の思い出

夢想千一夜の40、イラン人VKL氏の思い出・続編

 

 

あのころ、この日にペルシアン・レストランに招待されてお正月料理を食したことがあった。

 

といっても特別なものがあるのではなく、ひき肉を叩いて平たく延ばして焼いたステーキであった。トルコのアダナ・ケバップに似ていた。

 

レストランの入り口は花や果物で綺麗にデコレートされていた。具体的にはそれぞれの表象があるということで説明されたのだがすでに失念してしまった。

 

 

春の始まりが一年の始まりというのもナットクがゆくのだ。

 

これはたぶんローマ暦が三月から始まるのと関連があるのだろう。

 

現行の太陽暦はグレゴリ暦であるが、月名にローマ暦が残っている。

 

ローマ暦で第七septemの月、Septemberは現在の九月である。

 

以下、第八octōの月、第九novemの月、第十decemの月まで同様である。

 

 

 

閑話休題

 

亡命の地ドイツで亡くなってしまった友人は、モスレムではなく英国が大好きな近代人であった。

 

彼によれば、イランホメイニ革命後でも中東地域ではもっとも近代化の進んだ国であるという。

 

メデイアの宣伝によればイスラム原理主義でこちこちに凝り固まった国柄、と誤解しがちであるが、宗教的原理主義者は米国イスラエルにより多いのではないか?

 

もっとイランについて知らねばならない。

 

 

  1. 2012/03/20(火) 12:40:00|
  2. 変容する世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【変容する世界】の再録

ブログ【変容する世界】は、ブログ《黄金の金玉を知らないか?》の「メル友」申請用に開設したのであった。

 

おもにフリーメーソンと「陰謀論」(conspiracy theory、すなわち正しく和訳すれば「共同謀議説」であるが)を柱に更新していたが現在放置モードになっている。

 

takemaru21さんに薦めた手前、自分でも再読してみた。そしてそのまま放置しておくにはもったいないテーマがいくつかあるのに気づいた。

 

そこでいくつかの記事をこちらに再録し、必要ならばさらなる考察を加えてみたい、と考えたのである。ここのほうが人目につきやすいからだ。

 

以下は再録である。

 

***********************************************************

上海からもち帰ったもの February.18 2010

 

新明きよ子が読売新聞特派員の肩書きで上海に渡航したのは、昭和14年の秋だった。それ以来彼女は17年三月まで海軍武官府犬塚機関長犬塚惟重大佐の秘書としてユダヤ問題の調査に当たった。

犬塚大佐が軍内親ナチ派の謀略で上海より転出させられるとの内命があると犬塚機関はすぐさま英米支のメーソン結社の手入れを敢行し50年にわたる極秘資料を入手した。

日本の敗戦そして占領直後からGHQは犬塚大佐とその秘書新明きよ子を罪名のない戦犯として手配した。


「これは英系メーソンが中国をしてGHQに働きかけたのだが、不思議な幸運とでもいうのか、亡夫犬塚は比島の戦犯容疑でマニラに二年近く抑留される一方、私は終戦直後、昭和二十年九月五日に入籍しないまま犬塚家に移っていたので居所が知られなかった。

つ まり実家は二回の強制疎開により、跡形もなくなり、昭和十九年十二月三十日父と死別し、母一人娘一人になった母が淋しがるので、私は母が納得するまで犬塚 家に入籍しないまま過ごしていた。だからGHQが取り上げようと努力した、北支、上海を中心とした五十年余のメーソンの極秘資料は、神の偶然といおうか、 まんまと犬塚の書庫に秘蔵されつづけたのである。」
(犬塚きよ子『フリーメーソンの占領革命』新国民社)

 

  1. 2012/02/16(木) 11:52:00|
  2. 変容する世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。