変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【水間政憲】ひと目で分かる水間政憲のカウンター・プロパガンダ

公開日: 2013/09/13

今回は、ひと目で分かるシリーズの最新刊『「アジア解放」時代の日本精神』を刊行され­た水間政憲氏をお迎えし、安倍総理を支え、かつ中国共産党を強打する「歴史認識」戦略­についてお話しいただくと共に、そのバックボーンとなる「歴史事実」について、貴重な­写真の数々を使って説明していただきます。


出演:古谷経衡、saya、水間政憲
皇紀2673年8月23日収録

スポンサーサイト
  1. 2013/09/13(金) 22:10:00|
  2. 水間政憲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【水間政憲】従軍慰安婦捏造の根源「アメリカ」の真実[桜H25/8/26]

公開日: 2013/08/26

従軍慰安婦など、悪質なコリアンロビーに便乗し、日本を上から目線で人道倫理で責め立­てるアメリカ人。しかし、彼らこそ占領下の日本で野獣の如き振る舞いをした犯罪者であ­り、そうであるからこそ、子供だましのような反日プロパガンダに飛びつくのである。

今­回は、カウンター・プロパガンダで日本の名誉回復に尽力しておられる水間政憲氏をお招­きし、進駐軍の根本にあったアジア人差別と軍紀の乱れ、それと対極にあった日本の「大­東亜の大義」等について、新著『ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神』を基に­解説していただきます。

  1. 2013/08/26(月) 16:03:00|
  2. 水間政憲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【水間政憲】写真で見る「日中戦争」時代の武士道精神[桜H25/5/30]

超拡散希望か《『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』の目次》


■『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』の目次は、スクープ写真の内容に準じた小見出しになっていますので、写真がおおよそ見当がつくでしょう。



孫文の言葉(1)

毛沢東の言葉(2)


【はじめに】(3)


本書は、我が国の未来を担う子供達への「日本罪悪史観予防ワクチン」の目的と、忘れ去られている武士道精神の復活を祈念して上梓しました。


現在、小中学生が学んでいる歴史認識は、「GHQ占領下」で行われた以上の危険な洗脳が行われ、中高の入試問題などに「嘘」が公然と出題されているのが現状です。


ここまで歴史が歪められたのは、「GHQ占領下」の強力な洗脳ラジオ放送、「真相箱」の編集に加担した朝日新聞と宣伝放送したNHKが中心になり、占領が解除され、主権が回復した後も繰り返し「日本罪悪史観」を撒き散らして来たからです。


本書を上梓するにあたって、朝日新聞社が戦前に発行していた『北支事変画報』や『日支事変画報』『支那事変写真全集』『支那事変画報』、そして『アサヒグラフ』は、創刊号からすべて調べ尽くし、数千枚の写真を収集しました。

朝 日新聞が1975年に『アサヒグラフに見る昭和前史』や『アサヒグラフに見る昭和の世相』と、たて続けに出版した中に掲載されなかった写真に、朝日新聞社 内で勃発した組合側による革命(1968年)以降、朝日が中国に配慮し、隠したい「日中戦争」(支那事変)の真相があると判断しました。


その中から、説明する必要のない「ひと目でわかる」写真を厳選し、196枚を一挙に掲載しました。

これらには、1919年、国際連盟(ベルサイユ講和会議)に於いて、我が国が提出した「人種差別撤廃決議案」を否決した英国米国などが畏れた、日本軍の「武士道精神」(義・礼・勇・仁・誠・忠・名誉)が、見事に記録されています。


覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様が、本書に記載されている情報を国内外に拡散されたとき、無意識に擦り込まれていた人々が、「日本罪悪史観」の間違いに気付かれることを願ってやみません。


平成二十三年四月二十八日


主権回復の日に記す


近現代研究家水間政憲

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■第1章 中国民衆から歓迎された武士道精神


「日中戦争」時代の中国では日の丸が翻っていた(6)


1939年には中国諸都市の治安は回復していた(7)


中国各地で日本軍は日の丸で歓迎されていた(10)


中国の子供たちに愛されていた日本軍(11)


日の丸は平和の象徴になっていた(12)


支那事変は中国各地で感謝されていた(14)


実際にあった南京事件(15)


軟弱外交は戦争を誘引する(16)


親日アドバルーン(18)


中国各地で開催されていた反蒋介石大会(19)


西安事件は世界史の分岐点になった(20)


1938年1月18日の近衛内閣の声明「国民政府ヲを対手トセズ」は正鵠を射ていた(22)


蒋介石を英国の傀儡権力と見破っていた中国人(23)

反英デモは中国各地で行われていた(26)


中国の大人も子供も日本軍を信頼していた(28)


日本社会が戦後激変した訳(30)


テロが頻発していた中国の都市(35)


上海はテロの街(37)


布告を興味深く読む中国民衆(38)


食糧の支給に殺到した避難民(39)


難民救済に奔走していた日本軍(40)


日本の優しい兵隊さん(41)


北京の捕虜収容所(42)


捕虜解放の式典(43)

俘虜への慈愛(44)


中国で蒋介石軍や共産党軍と対峙していたのは日本軍だけでなかった(45)

勇壮な騎馬隊(46)


北京でラマ教のお祭り(48)


日本人が忘れてはいけない恩義(49)


抑圧から解き放たれた蒙古民族(50)


南京陥落後に半月旗翻る(51)


戦死した軍犬に感謝の誠を捧げる兵士(52)


中国軍事挑発の罠(56)


「近隣諸国条項」によって教科書に記載できない「通州大虐殺」(57)


通州大虐殺の現場(58)


日本の我慢も限界、日本軍将兵惨殺事件(59)


日本軍を頼っていた避難民たち(62)


当時と現在の中国人の違い(64)


松井大将が発令した「南京城攻略要領」(65)



戦場における日本軍の武士道精神(66)


■第2章 南京を蘇らせた武士道精神


アイリス・チャンも「南京大虐殺」の宣伝に悪用した有名な写真(68)


北支で認識されていた共産主義の危険性(70)


1937年10月19日石家荘にて(71)


日本軍はどこでも同じように行動していた(72)


孫文像は日本軍が守った(73)


南京問題を終結させる決定的なスクープ写真(74)


南京問題終結宣言(75)


南京陥落の翌日に新政権誕生(77)


南京陥落の2日後には祝意の旗行列が行われていた(78)

南京陥落2日後に「慶祝成立新政府」のアドバルーン(79)


南京陥落2日後に天安門で五色旗と日の丸が翻っていた(80)


南京陥落2日後に天安門広場を埋め尽くした5万人の中国民衆(81)


南京陥落の慶祝行列に北京も天津も人、人、人の波(83)


貴方の常識で判断できる「南京大虐殺」の虚構(84)


1980年代の朝日新聞「南京大虐殺」キャンペーンを支えた洞富雄早稲田大学教授(85)


日本罪悪史観洗脳ラジオ放送『真相箱』の台本は「南京大虐殺」の元本だった(86)


写真は歴史の捏造を拒否します(88)


日本軍の軍医が南京で中国の傷病兵を献身的に治療していた(89)


日本軍を貶めた戦後の朝日新聞(90)


中国の「南京大虐殺」は、「通州邦人大虐殺」の焼き直し(91)


日本人の真情は戦場でも同じだった(93)


南京の年の瀬の賑わい(94)


年の瀬の日本軍にも忙中閑あり(98)


南京の元旦(99)


日本軍と南京市自治委員会の一体化(100)


南京市自治委員会発会式(101)


天津の旧正月と北京の正月(102)


19378年;抗州のお正月風景(104)


平和よみがえった抗州と済南(106)


「南京攻略要領」を実施していた日本軍(109)


中国人の物売りに信頼されていた日本軍(112)



中国の子供達は日本軍兵士をまったく怖がってなかった(114)


教育熱心なのは日本人の特質(117)


鎮江の学校で授業をしている日本軍兵士(118)


戦場で音楽を奏でる日本軍兵士(120)


活気づいて作業をしている南京市民(122)


朝日新聞は中国で映画も撮影していた(123)


厳格さを極めていた日本軍(124)


日本人の名誉は女性も傷つけられている(125)


武士道と相容れない欺瞞(126)


■第3章 平和を取り戻した中国


トウ小平が遺した言葉の意味(127)


南京の白衣の天使(128)


家路につく避難民達(129)

南京陥落から2カ月過ぎた頃の城内(131)


維新政府成立慶祝の南京市民の旗行列(133)


維新政府成立一周年記念の旗行列(134)


日中共同慰霊大法会(141)


同時期にユダヤ人にも発揮された武士道精神(142)


南京でも行われていた捕虜の解放式(145)


平和な日常が蘇っていた南京の街頭風景(147)


平和が蘇った中国(149)


聖将・松井石根大将(150)


あとがき(151)


★以上、目次の一部を抜粋しました。小見出しと掲載した写真は合致した内容ですので、歴史を楽しみながら検証していただければ幸いです。



★予約受付中!

ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神


※ ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

 

 

 

  1. 2013/05/31(金) 08:51:00|
  2. 水間政憲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水間政憲; 超拡散希望《靖国神社に参拝した麻生副総理はご立派です》

超拡散希望《靖国神社に参拝した麻生副総理はご立派です》

2013年04月23日 13:17




超拡散希望《靖国神社に参拝した麻生副総理はご立派です》


麻生副総理と古屋国務大臣が靖国神社を参拝した事に関して、気が狂ったように感情的なニュースを流していたのはNHKでした


今回の靖国神社春の大祭に、麻生副総理と安倍首相の親友の古屋国務大臣が、堂々と参拝できたのは、4月10日の中山成彬先生の国会質疑が影響しています。


以前から麻生副総理は、拝殿で参拝していることは承知してましたが、今回はテレビカメラに収まっていることで、中国へ意図的なメッセージを発信したことになっています。


4 月10日、中山先生は、衆議院予算委員会に於いて資料を配布し「この香港の開放と言う雑誌は、中国でよく読まれているのですが、お配りした資料に周恩来元 首相の日記が転載してあります。中国は現在、日清・日露戦争後から日本は中国を侵略したと批判してますが、いまでも中国人から中国人民共和国「建国の母」 と慕われている周恩来元首相は、日露戦争後の1918年、日本に留学中に靖国神社春の大祭を見て感激したと、日記に書いています。
周恩来元首相が靖国神社春の大祭に、大感激したそうですので、安倍首相も安心して靖国神社を参拝してください。」との趣旨で発言していました。

情報戦とは何か、普段からそれを認識している国会議員は、極少数の限られた一部議員だけです。麻生副総理の愛読書は、数十年間「ゴルゴ13」が掲載されている『ビッグコミック』です。


そこには、あらゆる情報戦の形が描かれてますので、「周恩来の日記」が意味する「情報の価値」を確信したと思っております。

中山先生が、周恩来の日記に触れたとき、麻生副総理が大臣席で食い入るように周恩来の日記を見ていた姿は、非常に印象的な光景でした。


それは、その日記の価値を理解されたからです。その価値が解らない馬鹿は、国会議員になる資格は無いでしょう。


いまNHKは「八重の櫻」で、江戸後期から明治初期の大河ドラマを放送しているが、当時、朝敵にされ戦死した会津藩士は靖国神社に祀られておりませんので、福島の真の復興を願っているのであれば、戊辰戦争で戦死した会津藩士を合祀することが大事なのです。


麻生副総理と中山成彬先生は、戊辰戦争最後の決戦である、函館戦争の幕府側頭領だった榎本武揚が建立した「小樽龍宮神社」に、「日本鎮護」を祈念して、麻生副総理は2007年8月に参拝して、榎本武揚の銅像の周りに「おんこ」と「さくら」を植樹されました。


中山成彬先生と中山恭子先生は、2010年6月、榎本武揚の銅像横の祠に「さくら」を植樹され、現在、ゴールデンウイークの頃に咲き誇っています。

ゴールデンウイークに北海道へ観光で行かれる方で、札幌で時間のある方は、電車で小樽は30分で駅から数分ですので、是非、日本再興を願っていらっしゃる皆様方も龍宮神社を参拝して「日本鎮護」を祈念して戴ければと思っております。


下記は、麻生副総理と中山先生御夫婦が小樽龍宮神社を参拝したことについて、綴った「水間条項」のURLです。


google.com/gwt/x?client=ms-nttr_docomo_gws_aw-jp&gl=JP&source=sg&u=http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1167.html&ei=Fah1UZXyLcOikwWR84DgCg&wsc=tb" >http://www.google.com/gwt/x?client=ms-nttr_docomo_gws_aw-jp&gl=JP&source=sg&u=http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1167.html&ei=Fah1UZXyLcOikwWR84DgCg&wsc=tb



★予約受付中!

ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリーhttp://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
(条件;上記全文掲載)

  1. 2013/04/23(火) 18:13:00|
  2. 水間政憲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水間政憲;ネットだけ転載フリー、《朴クネ韓国大統領の憂鬱》

●《朴クネ韓国大統領の憂鬱》


■中山成彬先生の国会質疑にたいして、韓国と国内のマスメディアは沈黙していますが、次に朴大統領が「正しい歴史を直視して」との発言を心待ちにしております。

中 山先生に使用していただいた一次資料は、小生が過去に『正論』や『SAPIO』誌上に発掘スクープとして発表したものですが、その当時、反日メディアだけ でなく保守言論界も沈黙した資料です。今回は、我が国の言論界だけでなく、韓国をも沈黙させる威力があることが証明されました。


実 際、1990年代、「南京裁判」の訴訟支援をしていて確信したことは、法廷で通用する資料がなければ、勝訴できないとの確信でした。言論界に於ける歴史認 識論争も同じです。「百人斬り裁判」にも、勝訴できる決定的な資料を提供してありましたが、最高裁までの法廷に提出されることはありませんでした。その詳 細に興味のある方は、『反日包囲網の正体』(PHP研究所)でご検証ください。


言論を情報戦と認識して活動していますが、雑誌メディアに寄稿しても発売中だけの話題に終始していては、情報戦の武器になりませんので、この数年は、資料を単行本にまとめて発表するように戦略を転換し現在に至っております。


中国韓国との情報戦に勝つには、敵の嫌がる資料で戦うことが基本になります。また、反日メディアの権化、朝日新聞を黙らすには、朝日新聞の資料を使うことは常套手段です

実際の裁判では、個人の主張など無意味なのです。


最近、逗子にお住まいの熱心な保守を自認されていらっしゃる方から、小生の著書が「いままで見たことのない資料ばかりで驚かされた」と、お手紙をいただきました。

それは、ほとんどがスクープ資料ですので、他の著書に掲載されてませんので無理のないことと思っております。


最近、つくづく思うことは、インターネットがここまで発達していなかったら、今頃、田舎に帰って社会と断絶した人生を送っていたことでしょう。


その意味でインターネットの発達は、我が国を大きく変化させることのエネルギーを実感しています。


覚 醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方は、最前線の情報に触れることも可能になり、政治家やマスコミ関係者より核心情報に直接触れることが でき、既存の歴史認識を一瞬で飛び越えれる時代になりました。今回、中山成彬先生に使用していただいた一次資料は、『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真 実』、『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』、『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実国益を守る「国家の盾」』(いずれもPHP研究所刊)にすべて収録されていますので、詳細が理解していただけるようになっております。


予定していた「ひと目でわかる…」シリーズは、少し遅れていますが、丸ごとスクープ資料をまとめますので、衝撃的な一冊になります。御期待を裏切ることは無いと思っておりますので、宜しくお願い致します。


※ ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》(条件;上記全文掲載)

  1. 2013/03/23(土) 23:38:00|
  2. 水間政憲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。