変容する世界

行ってはだめだ、安倍さん?

一週間前の出来事なのでもう旧聞になりますが、また例の中共の「喉と舌」(代弁者)の刺が喉に刺さってるようで気持ちが悪いので、その刺を抜いておくことにします。

その刺とは、以下のような与太記事でした。


日中首脳会談:温家宝首相が宋詞引用…靖国に行かないで?

 安倍晋三首相と会談した温家宝首相は宋詞の一節を引用し、靖国神社に行かないようえん曲に求めた。

 引用されたのは南宋の辛棄疾(しんきしつ)の「江西の造口の壁に書す」の中の、「青山は遮りとどめえず。畢竟(ひっきょう)、東流し去る」(山も大河の流れをとどめられない)で、日中両国の友好協力の発展が必然的だという比ゆに使った。

 だが、この下の句は「川辺の夕暮れ。私を悲しませる。山深く聞こえる鷓鴣(しゃこ)の鳴き声」と続く。中国では、キジの仲間である鷓鴣の鳴き声は中国語で「行ってはだめだ、兄さん」と聞こえるといわれている。【金子秀敏】

毎日新聞 2006年10月8日 22時44分 (最終更新時間 10月9日 1時29分)


 

金子氏は論説委員でかっては香港特派員を勤めたこともあるようなので、きっとシナ語にも堪能なのでしょうが、どうも牽強付会すぎて、やはり世論工作の臭みが強すぎて食えたもんじゃあありません。

何でかって?

まず原詞をみてくださいな。


菩?蛮??江西造口壁

辛弃疾

郁孤台下清江水,中?多少行人泪!
西北望?安,可怜无数山。

青山遮不住,?竟?流去。
江?正愁余,山深???。




?海南山鷓鴣
?

金子氏が訳した下両句は決して誤訳じゃあありません。しかし、この
詞は歴史の流れを前にして自分が何もできないという憂鬱さを表現しているんですよ。またこの??はシナ文学史的には憂鬱の象徴でもあるんです。
http://life.httpcn.com/Dream_Show.aspωact=1&word=%F0%D1%F0%B3


また
??の鳴き声についてですが、「行不得也哥哥」(現代シナ語音では、xing?bu?de?ye?ge?ge と発音)とシナ語ではいいますが、「行ってはだめだ、兄さん」と訳せないこともありませんが、普通には「だめだなあ、兄貴」あるいは「できないよ、兄さん」と訳すべきでしょう。

「行」は現代シナ語では、「できる」「大丈夫」という意が主であって、日本語の「行く」という意ではあまり使用されません。

つまり
原詞における??の鳴き声「行不得也哥哥」は、作者のどうにもならないという心情を表現するのに使用されているわけです。

にも関わらず、このような解釈を金子氏がなぜしたのでしょう?どうもシナ文学の専門家とも思えないのに、よくこの宋詞をご存知でしたね、しかもシナ側の寓意までしっかりとつかんで

あたしなら、温家宝の総理としての立場、上海閥と地方の党官僚の抵抗で思うにまかせぬ政治運営を嘆いての憂鬱な真情の吐露と解釈しますがね

あるいは、「いっちゃあだめ」といってるのにウンといってくれない安倍さんをうらんでる、とでも解釈しましょうか?

どうも金子さん、シナ側からそういう風に解釈せよ、そしてあんな風に記事を書きんさい、と吹き込まれたか「厳命」されたとしか思いようがありませんよ。

 
じつに中共の
「喉と舌」(代弁者)の名に恥じない一文ではありました。

?

スポンサーサイト
  1. 2006/10/15(日) 20:46:00|
  2. China(シナ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<シナ文明は都市文明 | ホーム | 路地裏の生活>>

コメント

No title

なるほど。納得いたしました。
  1. 2006/10/16(月) 00:25:00 |
  2. URL |
  3. 阿比留瑠比 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

御加減いかがですか、官邸詰めの激務とのこと、くれぐれもお大事に。
  1. 2006/10/16(月) 08:03:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ひよこをかまってくれてありがとう。おやぶんちは論客で混雑してるからそっと拝聴してます。毎日来てます。むじゅかしいけどおべんきょしてます。ほんとです。ほらね、また書いて赤っ恥、あはは。
  1. 2006/10/16(月) 09:18:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

見たなら何でもいいからコメント残してってくださいな。そこんとこよろしく。
  1. 2006/10/16(月) 09:23:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

え~っと、親分はシナ語に強いですね。ばいなら。
  1. 2006/10/16(月) 09:30:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

マルコおいちゃんすごいな~漢文の先生つまんなくってどうも。
でもマルコおいちゃんが先生したら楽しそう。
  1. 2006/10/16(月) 14:17:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

まあ漢文とシナ語はちがいますからねえ。漢文はあくまで日本の古典ですから。しかし、シナの古典を日本の古典にしてるところにそもそもの問題があるとは思いますが。
  1. 2006/10/16(月) 14:29:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お帰りなさいませ。
日本メディア全体が胡散臭い「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国は実はいい奴だよ臭」がプンプンしていて息が詰まりそうな中、ホッと一息つける素晴らしい記事、ありがとうございました。
  1. 2006/10/16(月) 15:37:00 |
  2. URL |
  3. タソガレ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

黄昏さん、
おほめにあずかり光栄です。

>日本メディア全体が胡散臭い「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国は実はいい奴だよ臭」がプンプン

それは安倍総理の訪シ以後のことですか?きっと「脱反日」だとばかりに世論工作してるんでしょうね。
幣ブログ、「中共の対日戦術の変換」(http://marco-germany.http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza.ne.jp/blog/entry/57195/)でも記しましたが、眉唾だと思います。胡?涛が陳良宇を政治局から解任できなかったことには正直びっくりしました。上海閥の力はまだあなどりがたいです。
  1. 2006/10/16(月) 16:47:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

まあ!お詳しいですね、中文古文に。
日本の新聞屋の物書きさんは”売文の王様”ですからあらゆる努力をして読者の歓心を惹こうと躍起になります。今晩のご飯の種に掛かっています、真剣です。反対にBloggerは真実の発言者だと思います。
日本の不幸は朝死や迷日(まいにち)のような反抗日本のゴミマスを涵養してしまったことです。みんなで買わないで早く潰したほうがいいですね。インテリが書いてヤクザが売って馬鹿が読む新聞/朝死・迷日。
  1. 2006/10/17(火) 05:54:00 |
  2. URL |
  3. kay-japan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おケイさん、
そうなんです、ここドイツでも朝死、ニッケイ、読売と当日の新聞ガミを売ってますが、あたしはもう全然買ったりはしませんよ。道端に落っこちてるときは、犬の糞のほうに蹴飛ばしてやります、「一緒に遊んでやってね」って。
  1. 2006/10/17(火) 07:55:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 安倍総理の訪シ以後のことですか?
はい。胡錦涛を話のわかる知日派などともてはやしていてうんざり。おっしゃるとおり、中共が舵を切ったのはそうせざる得ないと判断しただけだと思います。反日世論(上海)をどう料理するのか生暖かく眺め、たまにケツを蹴り上げるのが正しい戦略的互恵関係かと(笑)
  1. 2006/10/17(火) 16:23:00 |
  2. URL |
  3. タソガレ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/115-84f6a881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (10)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード