FC2ブログ

変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シナ人大移動の原因と理由その2

前回文字化けしてしまった分の再録です。

環境的

森林の無計画な伐採による北方の砂漠化と、南方の水害 自然災害)

郷村企業の乱立による農地の減少(農業生産の落ち込み)

地方党官僚による果てのない収奪による農民農村の貧窮(政治的無秩序)

農薬の乱用による食物汚染(生態系の破壊)

工場の垂れ流す廃液による深刻な環境汚染(生態系の破壊)

劣悪な居住環境(人獣共住)の華南地方を発生源とする新たな疫病の蔓延(疫病)

衛生知識の欠如の下での売血によるAIDSの蔓延(疫病)

 

技術的

根本的に立ち遅れた技術的基礎(取り戻し不能)

軍事利用に偏った技術開発(民生用技術の立ち遅れ)

外国からの技術移転にたよる工業生産(独自の技術開発の不能性)

開発技術への再投資を知らない短期的展望の企業経営(独自の技術開発の不能性)

 

心理的

「経済発展」にともなう貧富の格差の拡大(昂まる不平)

自己欺瞞とあまりに主観的な「経済大国」という虚像(昂まる外国への蔑視)

歴史教育による外国への怨恨(昂まる外国への憎悪)

社会的不公平が是正されないためのルサンチマンの蓄積(昂まる爆発の危険性)

「開放」にともない流入する海外の豊かな生活の情報(昂まる外国への憧憬)

 

政治的

相も変らぬ独裁と人治(民主と法制への渇望)

一向に手をつけられない政治改革(民主と法制への渇望)

絶え間のない権力闘争(人民に見捨てられた共産党)

党政官僚の腐敗(人民に見捨てられた共産党)

「中央に政策あれば、地方に対策あり」(いきわたらない統治と地方の独立性)

 

この他、まだまだあるとは思いますが,この辺でやめておきましょう。書いていて鬱陶しくなるほどの劣悪な社会状況ではあります。

 

不断の戦乱と異民族の侵入はないにしても、人口大移動の条件は整っていると見るべきでしょう。

 

現在の人口は一説にはすでに十五億を超えたといわれています。この人口圧力が弱まる可能性は現在のところみあたりません。

 

しかも、以前にも触れたように、文明の恩恵、現在で言えば「経済発展」の恩恵に与るのは都市の住民だけ、農民は古代以来の奴隷生活。しかも、その生活水準は益々拡大するばかり。農民たちが、どこか新天地に活路を求めたくなるのも無理はないともいえるでしょう。

 

 

 

しかし,一介の農奴がいきなり海外へと移民する可能性はなく、都市へ都市へと流入し底辺の都市労働に従事し、いつかは都市の住民として文明の恩恵に与ろうとするわけでしょう。ですから、この国内の人口移動は内陸から沿岸地方へという方向性をもっています。

 

「改革開放」の初期には「盲」と呼ばれ、いまは「民工」呼ばれる一群の都市へと流入した農民達。経済発展が継続するかぎりでは、それら農民をプールするだけの容量が各沿岸都市にあるとしても、ある日その経済発展が止まるとき、その時の混乱を想像すると他人事とはいえ深い恐怖を覚えます。

 

 

沿岸諸都市の目覚しい経済発展は外国からの資本投下と技術移転にたよっているのですから、いわば他力本願の、言葉をかえれば「あなたまかせ」の経済発展です。

 

しかも、共産党員が政治権力、官僚の地位、資本のすべてを掌握し、政官財の三位一体の支配構造を堅持し、そして経済活動の成果すなわち剰余価値は、設備投資、開発投資、社会資本への投資へと還元されることはなく、上記支配構造の上部へと吸い上げられ、彼らの海外個人秘密銀行口座へと流出するだけなのですから、もし海外からの資本と技術の流入がなんらかの理由により停止すれば、たちまち経済発展もそれにつれて停止し、社会矛盾が一気に爆発することになるでしょう。

 

ここにこそ、胡錦涛指導部が日本との関係改善をあせる根本的理由があるのです。

 

胡錦涛の共青団派、江沢民の上海閥、曽慶紅の太子党の三つ巴の権力闘争の行方はいまだ見えてきません。その結果しだいでは、すなわち反日を標榜し政治利用する上海閥が、団派と太子党の聯合勢力押し返し、あるいは生き延びをはかっての再度の闘争に、再び「反日」を利用するかもしれません。そのときは、日本企業の忍耐もきれてしまうのではないでしょうか。

 

日本企業の撤退、経済発展の停止、北朝鮮の核武装をめぐる極東の軍事バランスの変化、止まないシナの軍拡、北京オリンピックの中止、etc...Xデイを引き寄せる要素は益々増えていきます。

 

Xデイのその日その時を境に、沿岸諸都市から溢れ出るように、シナ人たちが海外へと爆発的に流出しないと誰が断言できるでしょうか?

 

あるいは、大方の予想するように中共指導部は、対外戦争という賭博手段に出てしまうかもしれません。その際、戦術として意図的な人口流出という手段を使用する可能性も否定できません。

スポンサーサイト
  1. 2006/10/20(金) 17:18:00|
  2. Sina, 『劇場都市』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<あるラオス華僑の話 | ホーム | 台北市長選>>

コメント

No title

>戦術として意図的な人口流出という手段を使用する

もう使用しているような気がするんですが…。シナ人情報ネットワークって想像以上にすごそうです。留学生にも親戚がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">オーストラリアにいるだのフランスにいるだのってどこにでも進出している感じですよ。
  1. 2006/10/20(金) 23:53:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あれ、お早いですね。
そうですね、現在ある人口流出も確かに戦術的だと思います。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリアへのシナ人流入について 2」「日本へのシナ人流入は?」でもちょっと触れておきましたが、その危惧があるためここのところ、それに関してのエントリーをhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップしているわけです。
あたしが、ここでいってるのは、戦争が本当に始まってしまったときに、大量にかつ一度に(ここがミソですが)難民を放出する戦術をとるのではないかということなんです。
  1. 2006/10/21(土) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

一言忘れてました、おやすみなさい。よい週末をお過ごしください。
  1. 2006/10/21(土) 00:05:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ahatenさん、
その凶暴性、危険性、侵略性 etc をその文明の発生発展拡大の歴史から構造的に明らかにしたい、というのが弊ブログのテーマの一つなのです。引き続きひいきにしてやってくださいな。
  1. 2006/10/21(土) 09:12:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

興味深く拝見させていただきました。
このところ中国では、連日「社会主義和諧社会」キャンペーンです。農村重視の文革時代に逆戻りでしょうか。中でもかつての「雷鋒に学べ」の現代版「??」に学べが都市部でブームです。彼は数年前に亡くなった歌手ですが、慈善活動が有名で、皆それに学んで慈善活動をしましょうと言うものです。暇な時にでもご覧下さい。
http://ent.people.com.cn/GB/8222/42055/49902/index.html

日本にたかるのは、やめてもらいたいですね。
  1. 2006/10/21(土) 14:40:00 |
  2. URL |
  3. sakuratou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「和諧社会」の「和諧(he xie )」とは「ハーモニー」、「調和のとれた」の意、でしょうが、およそシナ社会の現実と離れすぎていて、最初この言葉を目にした際、一瞬なにをいわんとしているのか理解不能でした。ないものねだりも程がある、という正直な感想でした。
しかし、およそ中共がスローガンとする言葉の逆の現実が存在するために、「そういうのはやめようね」というわけですから、現在シナの直面するイッシューが「対立」と「不調和」であることがわかります。具体的には、権力闘争の激化と、社会矛盾の深刻化と言うところでしょうか?
  1. 2006/10/21(土) 16:36:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おいちゃん,お疲れ様でございます..
人的・物的に国家・国土が疲弊して収奪構造が常態化している中でこの枠組みから抜け出すことをただ一つの夢としてるのシナ人は無限にいるでしょうね.これは何千年前も昔からのことですから,今までに流出したシナ人を合わせると,暗数も含めて国土にとどまっている人口の倍程度になるのでしょうね.
だとするとこれが世界同時多発的に事を起こしたらかなりやばい事になります.
そうでなくても,この流失シナ人口の1パーセント程度を裏家業していると考えると何千万人というチャイナマフィアがいるわけです.この支那極道だけでもテロを起こすとすると,これだけでも大変なことになりますね.
マルコおいちゃんのエントリーは必読です..
また勉強させてください.
  1. 2006/10/22(日) 05:00:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おいちゃん、わかりました。
おかげさまでよい週末をすごしてきました。浅草をぶらり~
  1. 2006/10/22(日) 21:22:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

talkenさん、
強大な「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」であることが、アヘン戦争以来のシナ人たちの夢でした。それを実現した、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25AF%259B%25E6%25B2%25A2%25E6%259D%25B1/" class="keyword">毛沢東とhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD%25E5%2585%25B1%25E7%2594%25A3%25E5%2585%259A/" class="keyword">中国共産党は基本的に、シナ人達の支持を受けています。共産党が崩壊して他の党が政権をとっても、または共産党が、改名して生き延びた時にも、強大な「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」を維持することは MUST なわけです。
逆に、シナが弱体した時、あるいは相対的に弱者のときは、ご心配のようなことは起こらず、孫文のときのように、わが国に助けを求めてくるでしょう。
現在、社会矛盾の爆発をふせぐための経済発展を維持するために、わが国の資本と技術が必要なくせに、素直に援助を求められないのは、この「強大な「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」」の面子のせいです。
ですから、結論はわが国がより強大となって力で圧倒するしかないでしょう。その時は、これまでの無礼を笑ってゆるしてやってもいいでしょう。結局、シナ人は力を信じ、強者には屈服するだけの奴隷精神の持ち主ですから、そうした付き合い方が一番いいのです。
  1. 2006/10/22(日) 22:10:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お蓮さん、
浅草かあ、いいなあ。大黒屋のゴマ油で揚げた天丼食べたいなあ。
昔、吾妻橋のにむこうにアサヒビールの工場があって、併設のビアホールでは作りたてのビールが飲めました。いまはウンコビルになっちまいましたね。ビアホールはまだあるそうですが、工場直売じゃあないと意味なしですね。
ああ、昔はよかったなあ、と歎ずるおいちゃんでした。
  1. 2006/10/22(日) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あのね、あたしゃ麒麟麦酒のんでるの。
  1. 2006/10/22(日) 22:36:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ああ、あのただ苦いだけのやつですか、すいません、あたしあれ嫌いなんです。みんながのんでるってのも気に入りません、あたしは天邪鬼ですから、みんなと違うことをしたがるたちなんです。
こっちでは町ごとに地ビールがあって、そしてもちろん工場作り出しの新鮮なやつがいつでも飲めます。ビン入りは、いけませんね、馬のションベンみたいで、どうも閉口です。下戸のくせに、結構うるさいんです、あたし。へへへ。
  1. 2006/10/22(日) 23:33:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あ、そう。
  1. 2006/10/22(日) 23:38:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おいちゃん、昔の浅草ってちょっとエロいんじゃないの。
>大黒屋のゴマ油で揚げた天丼食べたいなあ。

今度代わりに食べにいって差し上げます(笑)

びいるは飲めません。甘いお酒しか…
  1. 2006/10/23(月) 14:08:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ああ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2595%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9/" class="keyword">フランス座とかそういう類のことをいってるわけ?あたしは、そういうのは全然知りません、うふふ。

>大黒屋のゴマ油で揚げた天丼食べたいなあ。
今度代わりに食べにいって差し上げます(笑)

うれしくって涙がちょちょぎれるわい、くーーーー。
でも大黒屋の天丼は、長ーーーーく待たされるから、気をつけてね、へへへ。

甘いお酒って、甘酒じゃあないよね、まさか。
  1. 2006/10/23(月) 14:19:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/123-a6300089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (11)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。