FC2ブログ

変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

皇帝の退位

といったってたいしたモンじゃあありません。じつは、F1のことなんですがね。数々の世界記録をうちたて、7度の世界チャンピオンに輝き、F1界にに君臨した「皇帝」ミハエル・シューマッハー Michael?Schumacher (「皇帝」というのは日本だけのマスコミ用語です、ドイツではこんないいかたせずに、ただシューミーと愛称で呼んでます。ちなみに、彼の姓は「靴作り屋」すなわち「靴屋」の意です)が昨日参加250回目のレースを最後に、F1パイロットとしてのキャリアを終えたんです。



興味のない人も多いと思いますが、最後まで読んでいただければ、あたしがこの件を取り上げた意味もわかっていただけるでしょう、だから最後まで付き合ってくださいね。

あたしも以前はまったく興味のない世界でした。しかし、1994年、日本人にも愛されたブラジルのF1パイロット、アイルトン・セナがイタリアGPレース中に事故死するということがあって、こちらも連日その報道でもちきりでした。でその事故の直後を駆け抜けていったミハエルがその年、初タイトルを獲得するという、劇的な展開になったため、ドイツでは、急速にF1ブームが盛り上がったんです。

もともとモーター・スポーツの盛んな国柄、自国からのチャンピオン誕生に、ドイツのファンは狂喜したといっていいでしょう。その後の彼のめざましい活躍はドイツ中を、といっても誇張ではなく、数百万といわれるモーター・スポーツ・ファン以外にも彼の名前を知らないドイツ人は少ないほどでしたからね。


わが息子も例に漏れず、熱狂的なシューミー・ファンですべてのレースを欠かさず見ておりました。そして彼の勝利のたびに跳びあがって喜んでおりました。そして、彼が表彰台のトップに上がり、ドイツ国旗が掲揚され、ドイツ国歌が吹奏されると、彼も小さな椅子に立ち、シューミーのように威儀を但し、国歌吹奏にあわせて国歌を大声で唄っておりました


ドイツで生まれ育ち、日本とドイツの二重国籍を有す息子は、F1レースにシューミーが勝利し、表彰されるたびに、その精神はまったくのドイツ人となっていったのです。いまははっきりと、「自分はドイツ人」だと声明しています。
ドイツ国旗の掲揚とドイツ国歌の吹奏が、そのことにはたした役割が大きかったのは言うまでもありません


そして多分、他のドイツの子供たちも、いや大人たちでさえ、その勇姿に感動し、ドイツ人としての誇りを胸にかきたてていたこと間違いありません。

彼のような傑出したパイロットがドイツから出現することは、しばらくはないでしょう。TVカメラの問いかけに、おおくのドイツ人がもうF1に未練はない、もうF1は見ないといっていました。わが息子も同様です。ドイツ国旗以外の旗が翻るのを見るはたえられない、というところでしょうか。

シューミーの表彰台での勇姿とドイツ国旗国歌が重なって、息子の生涯忘れられない思い出となって生き続けることと思います。




スポンサーサイト
  1. 2006/10/23(月) 08:27:00|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<周恩来、毛の宿敵として | ホーム | 「和諧社会」を目指す思想弾圧と民族浄化>>

コメント

No title

おはよう、レパートリー広いねぇ。おいちゃん親分。
  1. 2006/10/23(月) 09:50:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

だから、親分は勘弁ね、って言ったのに、あったく。とりさんもかなり頑固ですね(苦笑)
  1. 2006/10/23(月) 09:57:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

じゃ、おいちゃん。こんちは。
  1. 2006/10/23(月) 10:03:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

今年ってまだ日本におけるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツ年でしたっけ?
学校でドイツの「Deutshland」って雑誌もらってきました。
カトリン・パッシクさんってご存知ですか?
あとティニ・ミウラさん。
  1. 2006/10/23(月) 14:10:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

全然知りません、どういう人たちですか?
  1. 2006/10/23(月) 14:14:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

憧れの方ですね~おいちゃんもファンですか~
実は昔、カーレースに憧れて富士スピートウェイにライセンスを取りに通ったことがあります。仕事が忙しくなって途中で止めてしまいましたが・・・
フレッシュマンレースにしか出ませんでしたが、いい思い出です。
  1. 2006/10/23(月) 15:52:00 |
  2. URL |
  3. damedakorea #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

すごい、damedakoreaさん、
ってことはA級ライセンスをお持ちなんですね、尊敬申し上げます。マシンはなんだったんですか?おまけで、その勇姿をhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップしてくださいな。
来年からは、鈴鹿がおやすみになって、富士スピートウェイがニッポンGPの開催地になりますね。てえことはレースを見る楽しみが増えますね、だってコースのデテイルまでご存知なんでしょう、いやまいったなあ。
ちなみに、あたしに今の車は、ルノー・メガーヌです。お尻が可愛いのでつい買ってしまいました。でもアウト・バーンで190kmちょっとしかでません。次のをいま考慮中ですが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/BMW/" class="keyword">BMWミニ・クーパーかGOLF GTにするか激しく迷っています。サジェスチョンはありますか?
  1. 2006/10/23(月) 16:18:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

えええっ!何だか美しく誤解をされたようで~
A級までたどり着いたのは旦那だけで、私はB級迄です。日曜日に何回かレースに出てある程度の成績上げれば誰でも貰えます・・・ついでにマシンなんてたいそうな物じゃなくて友達の車(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">スターレット)を改造してみんなで乗っていました。
フレッシュマンレースは初心者が出るもので講義を聞いて資格をとれば誰でも出れました(その当時は)。
だから車のサジェスチョンなんて・・・烏滸がましいです。
今、旦那はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/BMW/" class="keyword">BMW540Mスポーツに乗っています。4年前に買いましたが、エンジンは調子いいみたいです。でもエアコンがよく故障するんですよね(ついでに付属のカーナビがいい加減で最悪、無い方がまし)・・・・旦那もアウトバーン走ってみたいと申しております。日本では制限速度がありますので・・・・おいちゃんが羨ましいです。
  1. 2006/10/23(月) 18:00:00 |
  2. URL |
  3. damedakorea #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ああそうなんですか、でもすごいなあ、うらやましいなあああ、レース出場したなんて。やっぱし尊敬もんです。
旦那さんはA級ですか、激しく尊敬申し上げます、どうかよろしくお伝えください。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/BMW/" class="keyword">BMWは電気系統が弱いので有名ですね、実はルノーもそうで、あたしのメガーヌもしょっちゅう電気系統がいかれます、とほほ。でも走りは日本車にない快感を味わえます。それにルノーの座席のすわり心地のよきこと、快感快感、うふふ。愛国者のあたしも車については、はっきり裏切ってます。日本車http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2590/" class="keyword">ガンバレ!
  1. 2006/10/24(火) 07:42:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

知り合いのプロカメラマンが、ルノーにくびったけです。

なんでも、撮影機材に優しい車なんだとか♪
  1. 2006/10/24(火) 11:16:00 |
  2. URL |
  3. にゃんこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

にゃんこさん、
あ,そうかも知れませんね、だってクッションが快感ですから、うふふ。それに、荷室も大きいですから。でもそれらは、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2595%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9/" class="keyword">フランス車に共通した特徴かもしれません。
しかし。この話題は結構受けがいいですね、あたしもちょいと路線転換しようかなあっと、考えちゃいます。
  1. 2006/10/24(火) 11:43:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

しなくていい。むじゅかしいのも大事。
  1. 2006/10/24(火) 12:38:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

だってシナのことばかりじゃあ、気持ちがくさってしょうがありませんよ。
もっとちがうことをしたい気分でいっぱいです。
例えば、
1)「車好きおいちゃん」、と改名して、欧州車のリポートをする。
2)「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリアからチャオ!」、と改名して、大好きなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリア文化について御託をチャラチャラ述べる。でもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツに住んでるのがネックだなあ。
3)「落語で茶化すシナ」、と改名して、おいちゃん節だけでエントリーを書く。これもやっぱりシナか、じゃあやだやだ。
なんかいいのないかなあ?誰かおせーておせーて!!!
  1. 2006/10/24(火) 12:56:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

http://magazine-deutschland.de/index_ENG_E1.php?lang=eng
のマガジンです。カトリン・パッシクさんはこの中にいるかも。

ティニ・ミウラさん。
http://homepage2.nifty.com/tini/index.html
  1. 2006/10/24(火) 15:07:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

へええ、
ティニ・ミウラさんが本の装丁をなさるってのはわかりましたが。
カトリン・パッシクが見つかりません、何をする人でしょう?
  1. 2006/10/24(火) 15:21:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ブログで小説を書いていて、それがヒットして、バッハマン文学賞を受賞した人です。
  1. 2006/10/25(水) 05:17:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ふーむ、そうですか、あたしはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツ文学はからきしなのでじぇんじぇんわかりまへーん。でも、ブログで小説とはね、あたしは、今現在、村上春樹の支持者なので、そんへんの機微が理解できませんが。小説って大学ノートに書くもんだと思ってました。だってそういうエッセーを村上氏がどこかで書いてましたからね、あたしってやはり古いタイプの人間なんでしょうかねえ?
  1. 2006/10/25(水) 08:28:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

というかブログで小説を書くのって盗作されそうで嫌じゃないですか。シナのお友達にネットで小説かいてて盗作されちゃった人いました。
村上春樹の「挪威的森林」をシナ語で読みました。日本語のと照らし合わせて。
  1. 2006/10/26(木) 04:04:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

それもそうですよね。
しかし、どうしてシナ語で村上さんを?シナ語のお勉強ですか?
シナ語訳者が白状してましたが、ジャズのこととかビーチ・ボーイズとかが出てくるとわけがわからず困った、とのことでず。ざまあみやがれ、とついつぶやいてしまいました。
  1. 2006/10/26(木) 08:08:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

シナ語の勉強でした。シナ語訳者はシナ人なんですね。
  1. 2006/10/26(木) 08:41:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

そうですよ、面白いから、その白状記http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップしてみようかなっと。
  1. 2006/10/26(木) 08:45:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/126-8f50e7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (11)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。