FC2ブログ

変容する世界

シナとシナ文化の成立、『劇場都市』の4

以前に「高シナ文化」について

にて触れました。

以下、「高シナ文化」について『劇場都市』からの引用です。

?

この生産的な概念の意味するところは、一般にわれわれが無造作に中国とか中国人とか中国文化と称している対象が歴史の当初から中国の原文、「中国の」に傍点)chinesisch?(引用者注、ドイツ語で「中国の」)ではなかったということ、事実はこの東アジアの亜大陸には多くの地方文化 die?Lokalkulturen?(引用者注、ドイツ語で「地方文化」複数形)が漢・シナ人の文化と共存していたこと、それらとの共存拮抗の長い歴史的変化の過程で中国の原文、「中国の」に傍点)と呼ぶにふさわしい文化が形成されてきたのであり、その中核の役割を果たしたのが、城壁都市建設と農耕技術の改良などを指標とする相対的に高度に発達した黄河流域起源の漢・シナ人の文化だったことである。

?

??山文化的蛋壳高柄杯,1976年山??城呈子?址出土


おわかりでしょう、弊ブログでも批判した趙氏の「論文」にある
「中華民族」なるものがいかにイカサマで誤謬と悪意に満ちたものであるかそれは政治的にためする民族「理論」、はっきりいえば他民族を吸収合併融合、つまりシナ化、植民地化するための侵略理論なのです。

?

さらに引用を進めます。

?

つまり、「<中国>文化という概念は、<ヨーロッパ>文化なる概念と全く同様に、一個の<理念>なのである」とエバーハルトはいう。にもかかわらず、統合的で単一的な中国の原文、「中国の」に傍点)イメージがわれわれの社会に一般的であるのは、一つには伝統的中国の学者・官人(原文、スカラー・オフィシャルのルビ)たちが政治的文化的理由から自民族中心主義原文、エスノセントリズムのルビ)を信奉し、近代になってからは西欧文明の圧迫のもとで中国の知識人らがナショナリズムに強く傾倒して、彼らの歴史的精神的な単一性を強調してきたからであり、一つには民族的にも文化的にも相対的にきわめて統合性の高い歴史を有するわれわれが、自分の鏡にあわせて中国人の中国像を受け容れ拡大してきたかである。

?

中国」とは理念であって国名ではないこと、ゆえにその国を指すとき、われわれ外国人が「中国」と呼ぶことの奇怪さが、ここからもわかると思います。そして、実に明晰な以上の分析に付け加えるものが有るとすれば、それは、敗戦後のGHQの占領政策の基本であった WGIP(War?Guilt?Input?Program)日本国民に戦争責任を刷り込む洗脳工作のせいであった,ともいえるのではないかと考えます。すなわち<戦前使用されていた「支那」は「中国侵略」のために「中国」を侮蔑し差別するために使用されたものであるから、今後は「中国」を使用せよ>、と。そして、この洗脳は「戦後民主主義」というサヨク思想の桎梏により、いまなお我々を呪縛し続けているのではないでしょうか?

?

シナ化、植民地化の問題に戻れば、

?

前2000年以前から、(中略)十種、またはたぶんそれよりも多かった初期の地方文化は融合を開始した、そして数世紀して高シナ文化が形成されていき、同時に地方文化の一部は高シナ文化のうちに融合したが、他の一部はそれとのあいだに摩擦を起こし、その結果地方文化として留まり周辺諸民族文化になった。(中略)しかしそれらもまた、一部は高シナ文化に統合されて消滅し、一部は北中国から他の地方、とりわけ南中国と東南アジア地域へ移動していった一一一一一一そして、この過程は現在もなお進行しつつある。

?

この現在進行形のシナ化、植民地化は我々がまさに目にしている事であること、みなさん激しく納得されるところでありましょう。

?

しかし、みなさん、この現在進行形のシナ化、植民地化は、チベット、東トルキスタン、並びにラオス、ミャンマーだけではなく、すぐにも台湾、そしてわが祖国日本へと向かいつつあることあたしの読者の皆さんなら、これも激しく納得されることと思います。「対岸の火事」ではすまないこと明瞭ではありませんか?

スポンサーサイト
  1. 2006/10/26(木) 22:12:00|
  2. Sina, 『劇場都市』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<おいちゃんの推薦する、秋に聞く音楽 | ホーム | おいちゃん路線転換か?アンケート集計発表!>>

コメント

No title

お邪魔しないつもりだったのに。おやすみなさい。うるうる。
  1. 2006/10/26(木) 23:14:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あ、とりさん、またコ難しかったですか、でも読んでいただけましたか?ご感想も残していってくださいね。
そうそう、『眼ある花々』はいかがでしたか?
  1. 2006/10/26(木) 23:17:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こ難しくはないけれど、みんな耳垢のほうに殺到してる。
  1. 2006/10/27(金) 08:43:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

筆おろし、いえね、単純に。コメント空っぽのところに変なことかいちゃいけねぇ、と一応ひよこはド緊張するわけで。ま、懲りずにこうして書いとりますが、あしからず。
  1. 2006/10/27(金) 08:46:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

筆おろしにこだわるとは、なにか美しき思い出をお持ちのようですね、うふふ。
  1. 2006/10/27(金) 08:59:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんぱんは。チャイナについては考えれば考えるほど、知れば知るほど「厄介だなあ」「面倒だなあ」という感情ばかりが募ります。
  1. 2006/10/27(金) 11:38:00 |
  2. URL |
  3. 阿比留瑠比 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あたしも鬱陶しくてたまりません。できれば一気に振り払いたいものですが、相手が相手ですので、ゆっくり気長にやっつけるしかありません。
  1. 2006/10/27(金) 11:42:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

まあ、こちらからわざわざ出向くこともないでしょう。核武装を含む国防力の整備、につきると思います。その上で自滅を待つ、でしょうか。
とりあえず、「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259D%259E%25E6%25A0%25B8%25E4%25B8%2589%25E5%258E%259F%25E5%2589%2587/" class="keyword">非核三原則」を見直す、と宣言するだけで十分だと思います。
  1. 2006/10/27(金) 14:22:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>とりあえず、「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259D%259E%25E6%25A0%25B8%25E4%25B8%2589%25E5%258E%259F%25E5%2589%2587/" class="keyword">非核三原則」を見直す、と宣言するだけで十分だと思います。

中川(酒)政務会長が酔った勢いで言うかもしれませんね。
飲みすぎはいけませんよ!阿比留記者殿!
  1. 2006/10/27(金) 16:58:00 |
  2. URL |
  3. @隼人正 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

@隼人正さん、
他人のことをゆってる場合カーのココロダー!
  1. 2006/10/27(金) 17:04:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>他人のことをゆってる場合カーのココロダー!

でも阿比留記者も「国を憂い、われとわが身を甘やかすの記」といっているぐらいですから、私も「他人を憂いわが身を甘やか」しています。orz
  1. 2006/10/27(金) 17:30:00 |
  2. URL |
  3. @隼人正 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国というのは全くの自称で、それは自分たちは世界の中心なのだという夜郎自大で不遜な邪(yokoshima)からきているんですよね。自分たちの居るところは世界の中心なんだから他の場所(他国の意味です)なんて所詮オマケみたいなもんで無断で黙って行こうが入国しようが泥棒しようが知ったこっちゃないんです。だってもともとはシナ大陸以外も自分たちの物だという概念ですから(だから世界中でシナ野獣の不法移民に困り果てています)。放っておけば魚釣り島・沖縄島は無論、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾・鮮国・日本・ヴェトナム・http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC/" class="keyword">ミャンマーなど跡形もなくシナ共匪に頑張られちゃいますよ。悠久な歴史の流れの中に於いていまは危ない時期だと思います。シナ崩壊が近づいている時期は特に周辺にも大混乱が起きます。なにしろ13億16億ですからね。負のImpactも大きいです。どさくさに紛れるように日本国がいつの間にかシナになってしまう可能性も十分ありま。”神風”はもう吹きませんよ、日本人さんはあの面白い首相の”神の国宣言”を笑ったんですから。
  1. 2006/10/28(土) 00:54:00 |
  2. URL |
  3. kay-japan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

alison-001さん、
しばらくでした。ちゃんと見てて下さったんですね、ありがとうございます。
>>「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」とはどの地域をさすのか?
もう、おケイさん(kay-japan)が答えてくれますが、ひとつだけ付け加えるとすれば、朱子学の開祖、朱熹の有名な言葉に以下のようなものがありますね、「修身斉家治国平天下」。一般には為政者の心構えとして、「まず自らの身を修め、家を斉のえ、そしてやっと国を治め、天下を平らぐことができる。」というわけですが。注目すべきは、「平天下」という部分です。儒家は、為政者の聖徳によって異民族をして「中華」になびかせる、と説明しますが、この本当の意味は、天下、すなわち自国(「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」)以外の世界(天下)を平らぐ、すなわち武力で平定する、ということです。このことからも、シナの「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」観、世界観、またシナ文明の構造的な侵略性が明らかであると思います。このこと、いずれ独立したエントリーをhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップするつもりです。
  1. 2006/10/28(土) 09:35:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ahaten さん、
存じ上げません。是非お読みになって、その内容をリポートしてくださいよ、お願いします。
  1. 2006/10/28(土) 09:39:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おケイさん、
まさに、おっしゃるとおりです。貴重なご意見ありがとうございました。この件につき、いただいたコメントとあたしの考えをあわせて、エントリーをひとつhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップしようと思いますが、かまいませんか?ご返事ください。請確認一下、多謝。
  1. 2006/10/28(土) 09:42:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

alison-001さん、
いただいたコメントをエントリーに使用させていただいてよろしいでしょうか?Please confirm back.
  1. 2006/10/28(土) 10:13:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

賛同賛同!ぜひともそのように希望いたします。素晴らしい論説を楽しみにしています。
>すなわち武力で平定する、ということです。
そして独り占めにしてしまう。 ここが、おフランスの中華思想と大きく異なる点なんですね。おフランスでは外界の”文化”も自國に取り込んで更なる発展をした。シナさんは欲望をただただ拡大するだけ。ばっかみたい。日本人さんは”心の準備”をしないといけませんね。もう遅いかもと危惧します(それを言っちゃあ、お終いよ)。みんなで頑張るしかない。
  1. 2006/10/28(土) 10:44:00 |
  2. URL |
  3. kay-japan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

alison-001さん、おケイさん、
ありがとうございます。是非やっつけたいと思います。
**注、この「やっつける」はただの implement の意味で使っています。誤解される方が多いので、ここで念の為おことわりしておきます。
  1. 2006/10/28(土) 16:52:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/134-51f892d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (12)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (93)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (12)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード