FC2ブログ

変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おいちゃんの推薦する、秋に聞く音楽

さて例年どおり、日本より一月早く、街は紅や黄に色づいてきたこのごろです。朝夕の気温も下がり、そろそろ暖房の恋しくなるドイツの晩秋です。

夏のあいだ外に向かって開かれていた感覚が、次第に内へ内へとむかっていくのを感じます(これは森有正の表現の剽窃)。生活の場も、戸外から部屋の中へと閉じ込められるようで、あの暗く長いヨーロッパの冬の予感に襟元をあわせる夕べ、また音楽に慰めをもとめる季節となりました。

こんな時節、どんな音楽に心の逃げ場を求めるのか、あたしの好みのCDを紹介して、皆さんのご参考に付したいと思います。

まず、ブラームス。秋といえばなんといってもブラームスです。このころは、FM各局も競ってブラームスを流し続けています。一番普通なのは、『交響曲第三番』でしょうか。その第一楽章の最初の和音は、まさに秋空高く通り過ぎる蕭蕭とした秋風の音を聞くようで、悲しみに胸ふたがれるようです。

しかしここでは、あえて『クラリネット五重奏曲』(Quintett?für?Klarinette?und?Streichquartett?h-moll?op.115,?ORFEO?Classic??München?1983)を紹介します。ブラームス晩年の行き所のない情念が、くねくねとうねった名作です。

クラリネット演奏は名手Karl?Leister、人生の秋を嘆くような味わい深い演奏を聞かせます。若手Sabine?Meyer(といっても、もう40代半ばになりました)にはまだない枯れた味わいです。

あたしは、日本に住んでいるときはブラームスの大ファンでした。
このクインテットも大好きな曲です。しかし、ドイツに来てすっかり好みが変わりました。なぜかというとブラームスはドイツの気候風土にあまりにもぴったりしすぎているからです。芸術とは、実生活を異化してこそその味わいがあるもの。ドイツで聞くブラームスは、どうもドイツの憂鬱な天気をそのままなぞっているようで、時に鬱陶しく感じることもあります。それでも秋になると、自然と聞いてしまうのは、この曲が、あたしの感性の波長にやはり合っているのかも知れません。


さて、クラシックはどうも苦手、というあなたにはジャズはいかがでしょうか?

ウエス・モンゴメリーの『The?Incredible?Jazz?Guitar』(Riverside?1169,?OJC20?036-2,?New?York?1960)です。実はこれ、あたしの初めて買ったジャズアルバムでした。もちろん当時はLP時代。繰り返し聞き込みました。一オクターブはなれた音を二つ同時に演奏するという、彼独自の「オクターブ奏法」が冴え渡ります。ピアノはあのトミー・フラナガン。若い読者の方には、村上春樹の『東京奇譚集』の最初の一篇に出てくる、あのトミー・フラナガン
と説明したほうが分かりやすいでしょうか

注目なのが、3曲めのバラード『Polk?Dots?And?Moonbeams』です。
トミー・フラナガンモノ・トーンのピアノも一音一音心に響きます。この曲を聴くたびに、そのころつきあっていた彼女のことを想います。今頃どこで何をしているのか、そっとその幸せを祈るばかりです。

ジャズもダメとおっしゃるあなたには、ハリーニルソンはいかがでしょうか?『A Little?Touch Of Schmilsson?In?The?Night』(RCA?Victor?1973)です。 




68年の映画『真夜中のカーボーイ』のテーマ曲を歌ってデヴューしたニルソン。一時はアル中で、これも落ち込んでいた時期のジョン・レノンの飲み友達でした。ほとんど再起不能といわれながらも、なんとか復帰したその頃の古いアルバム。アメリカン・スタンダードばかりをフル・オーケストラをバックにあくまで甘くしっとりと歌い上げます。1曲目の『Lazy?Moon』がお好みです。ほとんど歌詞も聴いて覚えるほど聞き込みました。曲と曲が切れ間なく続いていくアレンジも長い映画を見ているような気分にさせてくれます。

どれもあたしの思い出のつまったアルバムばかりです。本当は誰にも紹介などせず、ひっそりと自分の胸にしまっておきたい音楽たちでした。

皆さんもそれぞれのお好みをお持ちでしょうが、あたしの好みもよろしかったら味見してくださいな。

ではよい週末をお過ごしください。

スポンサーサイト
  1. 2006/10/27(金) 20:01:00|
  2. おいちゃんの薦める音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<おケイさん参上 | ホーム | シナとシナ文化の成立、『劇場都市』の4>>

コメント

No title

おいちゃん,ありがとうございます..
参考にします..
mizoさんのコメ中にオルガンがありましたので..
日本人ですが,井上圭子氏の「バロック・ファンタジー」が少しだけお勧めです..バッハやパッヘルベルなどの曲をうまく調和させています.

先日のエントリーの「車ネタ」には入れませんでしたが,こちらは少しだけ参加できました.
  1. 2006/10/28(土) 03:02:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

今朝、聞いて見ました。パソコンって便利だね。
  1. 2006/10/28(土) 08:31:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

mizoさん、
>>ボス推奨のブラームスを聞いてみようと思います。
1)ボス、は勘弁ね。
2)このブラームスは、かなりしみったれてますが、それでもよければ是非どうぞ。
2)『展覧会の絵』も『The Planets』もロックバージョンがありますね。『展覧会の絵』は確かELPで、『The Planets』は富田勲だったかな?
  1. 2006/10/28(土) 09:54:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

talkenさんも音楽好きでしたか、こういう雑学路線もやってみるもんですね、趣味を通して絆が深まるような気がします。
  1. 2006/10/28(土) 09:56:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

とりさん、
いつも感想をお書きになるのをお忘れなく、でその音楽はどうでした?
  1. 2006/10/28(土) 09:57:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>『展覧会の絵』は確かELP

これだけは辛うじて聞いたことがあります。
これ以上深くコメントはできません。
  1. 2006/10/28(土) 11:04:00 |
  2. URL |
  3. @隼人正 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

音楽の秋、落ち葉は乱舞する。いいですね。徳国はいかにも重厚な音楽の香りがします。あの国歌の荘厳なること”君が代”と互角だと感じます。徳国”三大B”のブラームスさん、このかたは確か独身のままだったとか(未確認)。優れた音楽は宗教と関係があるんでしょうか。Jazzならケイはジャックルーシェあたりをよく聞いていました。古いな~。
  1. 2006/10/28(土) 11:08:00 |
  2. URL |
  3. kay-japan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

夕方いじめはっけん。感想は?ったく。また、からかおうと思ってるでしょう。ん?からかいやすい?あのう、それって明らかないじめです。

え~っと、クラリネット五重奏ね。情念がくねくね・・。という言葉にかなり身構えましたので、さらっと淡々といい感じで聞きました。情念を感じないほど枯れているということかも?知性と教養にあふれるご指導、ご紹介のおかげでまた一つ聞きたい曲が。ありがとうございました。
  1. 2006/10/28(土) 12:50:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

そうですよね..
おいちゃんのお勧めの音楽を聴きながら..
おいちゃんの書いた小説を読む..
秋ですね..

ところで,櫻党さんのブログで「小説を書く」と言っておられましたが,いつごろ書きあがるのでしょうか.
  1. 2006/10/28(土) 14:26:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

皆さん大変盛り上がっているご様子ですが・・・・
クラシックはさっぱり・・・最近は全く縁がありません。

高校時代にはオケをやっていてクラリネットを担当していました。(家で練習するとうるさいとか、チンドンヤみたいとか言われ散々でした。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589/" class="keyword">リード代もバカにならない)
演奏会では上手く出来なくて顧問に吹いている真似だけしろ!なんて言われたことも・・・・
  1. 2006/10/28(土) 16:48:00 |
  2. URL |
  3. damedakorea #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

@隼人正さん、
今度はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/BMW/" class="keyword">BMWのあのエンジンが吹け上がるときの音のハナシをしましょうね。あれだって「音楽」の一種です。
  1. 2006/10/28(土) 19:30:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おケイさんもなかなか詳しいですね。たしかにブラームスは、シューマンの未亡人、クララ・シューマンに惚れていて、追っかけみたいなこともしながら、とうとう胸のうちを告げられず、独身で一生を終えました。その屈折した胸のうちが音楽にも現れていると思います。この五重奏曲もその一つだと思います。この曲をクララに対する思いのたけとして聴くと、より興味深いかも知れません。
ジャックルーシェのプレイ・バッハは、あたしも好きなものの一つです、今回は触れませんでしたが。うーむ、ハナシが合うようですね、今後ともよろしく。
  1. 2006/10/28(土) 19:38:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

とりさん、
まず『眼ある花々』を熟読されるよう期待しています。
  1. 2006/10/28(土) 19:40:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ahatenさん、
>>クラシックは「学校で毎日かかってるからいい」
それは音楽学校ですか?そうでないならいい学校ですね。
スタジオジブリの『魔女のhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25AE%2585%25E6%2580%25A5%25E4%25BE%25BF/" class="keyword">宅急便』には荒井由美がテーマに使われていましたね、あたしは彼女と同世代なのでその音楽も大好きです。
  1. 2006/10/28(土) 19:48:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

talkenさん、
櫻党さんには、あの上海の情景をみながら感じたことを「できれば」小説に書ければなあ、と書いておいたはずです。あたしは生憎その才能がありません。また気持ちも内部圧力もそこまで煮詰まっておりません、あしからず。
  1. 2006/10/28(土) 19:52:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

damedakoreaさん、
すごい、クラリネットがおできになれるとは、実にうらやましいです。あたしは、ウディ・アレンの玄人はだしのクラリネットが(その思想はともかく)好きで、自分で「Memory Of You」なんぞが飄々と演奏できたら、人生にもう思いのこすことはないだろうなあと想像することもあります。
  1. 2006/10/28(土) 20:02:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>今度はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/BMW/" class="keyword">BMWのあのエンジンが吹け上がるときの音のハナシをしましょうね。あれだって「音楽」の一種です。

マルコおいちゃんさん 助け舟ありがとうございます。
  1. 2006/10/29(日) 02:31:00 |
  2. URL |
  3. @隼人正 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

マルコおいちゃん 、クラリネットなんか吹けても今じゃ何の役にも立たないのよ~
それに、音が凄くうるさい。
昔、家で練習するときの練習場所はトイレでした。
余りにうるさく家族に嫌がられるからです・・・・
  1. 2006/10/29(日) 04:00:00 |
  2. URL |
  3. damedakorea #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

でも、あたしは尊敬申し上げます。ヒョーショージョー、あんたはエライ!
  1. 2006/10/29(日) 11:09:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

多分、play Bachです。深夜”一人”で耳を澄まして鍵盤の響きを聴いていると涙が落ちそうな気分にになりました。
  1. 2006/10/29(日) 11:32:00 |
  2. URL |
  3. kay-japan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ahatenさん、
加藤さんもよろしいんですが、彼女の思想は好きクありません、古い「新」サヨクじゃあありませんか、ああやだやだ。
  1. 2006/10/30(月) 09:39:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おケイさん、
ア、あたしもそうです。でも、
>>深夜”一人”
でいるのはよくありませんよ、要改進(笑)。
  1. 2006/10/30(月) 09:40:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツにお住まいなのですね。日本から遥か彼方の国。でもネットでいとも簡単に行き来できる感じがしています。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">izaを通じて書き込みあえるのがとても便利ですね。時間があればより多くの音楽を聴きたいと思います。
  1. 2006/10/30(月) 10:20:00 |
  2. URL |
  3. urai #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

uraiさん、
ようこそ。あたしは音楽の素人、またいろいろご教示お願いいたします。
  1. 2006/11/10(金) 16:54:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/135-9ea0d0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (11)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。