FC2ブログ

変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「中国」とは国なのか? 下

二篇目は、『博士の独り言』への投稿です。ご存知のような博士への言論妨害のため、博士のブログが損傷されてしまったため、日付けが不明になってしまいましたが、内容から九月中、自民総裁選以前であることは確かです。?


以下引用です。
?



博士ご指摘のとおり、中国はいわゆる国家ではありません。わが国はいち早く18世紀以来の欧米式の近代国家、「国民国家」(Nation?State)の形成に成功しましたから、その国家観に照らして隣国もそうであると思いがちですが、まったくの誤りです。国民国家の柱は、国民と国語の形成義務教育の完備国境の確定国民皆兵による国防軍等等ですが、わが明治国家は立派にそれを果たしていました。

?

隣邦では、中華民国がそれを目指しながらも、内に巣くった共産党との武力闘争に敗北し、国民国家形成を果たさず、台湾へと逃げ出し、そこにあった日本による基礎工事を受け継ぐ形で国民国家を普請中です。願わくば、台湾人自身の手で完成されむことを。

?

さて、大陸では中華人民共和国成立後の数年間を除き、権力闘争、政治運動に明け暮れ、ついには文革という一大内乱により国家崩壊の危機に瀕しました。そして「改革開放」という名の、チャイナマーケットカードを囮にした外資と海外先進技術の導入という悪魔的狡猾な一手により、資本蓄積と技術開発の手間を省く経済改革、その実は資本主義経済の確立による危機回避を図ったのでした

?

しかし、ご存知のとおり、いまや表向きは「経済大国」と自称しながらも、内実は今回ご指摘のとおり義務教育の不備、国民意識もかろうじて反日教育により繋ぎ止め、軍隊も国軍ではなく共産党の私兵国境線も(領土拡大のため故意に)不確定と、国民国家の体をまったく成していませんこの「国」は共産党という最大の軍閥が武力で奪取した旧中華民国の領土をいま尚武力で統治し、人民を搾取し続けているだけの、軍閥国家に過ぎません共産党に国民国家の形成を目指すつもりはどうもなく自己の統治に都合のいい中華帝国へと先祖がえりを目指しているようです。まさにわが国への最大の脅威です

?

わが国は、戦後の占領政策によって砕かれた背骨、自立した国防の権利を回復し、この敵性隣国の帝国主義にそなえるべきでしょう時間はあまりありません、次期政権に大いに期待するところです。

大変長々と失礼しました。博士の健闘を祈ります

?

?

上の軍?隊も国軍ではなく共産党の私兵」にご注目を。中共により台湾に駆逐され、台湾を不法に占領し続ける「中華民国側では、中共を称して「共匪」と呼びます。?共産党匪賊の意です。

この匪賊については、張藝謀の映画『紅高粱』に具象的な描写がありますから参考になさるといいと思います。(但し、日本軍の「蛮行」に捏造があることにご注意)


また、高島俊男氏に『中国の大盗賊』という著書があり、講談社現代新書に収められています。シナの匪賊と王朝交代について非?常に解りやすい解説を提出されておられます。是非ご一読を。

?

つ?いでに言えば、高島氏は他の場所で、「中国」とシナについての明確な定義もされています。上記新書においては出版社の都合によるものか「中国」を使用され?ておられますが、氏は公開の言論の場で「中国」のかわりに「シナ」を使用される言論人のお一人です。他には、呉智英氏、兵頭二十八氏がいらっしゃいます。?各氏におかれては中国」という呼称をわが国にだけ強要するシナの政治目的と歴史的欺瞞性をはっきり見抜かれてのことと愚考します。「閉ざされた言語空間」の中での勇気ある言論活動に敬意を表します。

スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 16:11:00|
  2. China(シナ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
<<Sina Ideologie、シナの国家観、『劇場都市』の5 | ホーム | 「中国」とは国なのか?上>>

コメント

No title

>上の「軍 隊も国軍ではなく共産党の私兵」にご注目を。

清朝崩壊後となんら状況は変わりがないですね。

「アメリカの鏡 日本」ではないですけど、同じ過ちを米国が今後しないことを望むばかりです。
  1. 2006/10/31(火) 16:28:00 |
  2. URL |
  3. @隼人正 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

え、どんな過ちですか?日本を敵にまわすってこと?
  1. 2006/10/31(火) 16:30:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お疲れ様でございます
この記事は復刻して欲しかったコメントだと思います.
シナが軍閥の集合体であることを改めて認識したのを憶えています.http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E5%25AE%2589%25E9%2596%2580%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6/" class="keyword">天安門事件の折にも,なぜか北京でなくて地方の軍閥が治安していましたね..
何かのきっかけで,シナが内部崩壊するとき,これら軍閥ごとでの分割統治になるのでしょうか.もともと地方ごとで言葉も違いましたし.ただ,核の管理だけはどうするのかと..
  1. 2006/10/31(火) 18:21:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おはよ、力作に敬意を表して。おやすみなさい。
  1. 2006/10/31(火) 22:14:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

talkenさん、
そういっていただけると、励みになります、ありがとうございました。
六四の時は、一時治安軍の間での衝突も伝えられていましたから、かなり深刻な権力闘争だったわけです。ですから軍閥割拠は現実的な発生可能な事態とは考えられます。核管理については、ソ連解体時の際のことが参考になるのでしょうか。
幾つかの経済共同体に、各軍区軍閥を加えての分裂国家ができたとして、そのうち幾つかの国が核を所有したとしても、現在の状況よりましなのではないかと愚考します。

しかし、これはなかなか考慮に値する問題なので、よく考えて見たいと思います。いいアイデアをいただき、ありがとうございました。分裂のシュミレーションも面白いかも知れませんね。
  1. 2006/10/31(火) 23:44:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

とりさん、
おはようございます。いま仮眠から目覚めたばかりです。あけて今日は、万聖節でこちらは休日です。ですからこれからすこし夜更かしします。
  1. 2006/10/31(火) 23:47:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

『シナ人をやっつけるのはシナ人しかいない』。含蓄ある言葉だと思います。おいちゃん さんはそれを言い現しているんだと思いました。ではそれをどうやるのか、それはシミツで~す。”地球はみんな良い人・お友達、シナともお友達にならなくてはいけませんよ”と教すえられて育った日本人さんには解りませ~ん。失礼いたします。
  1. 2006/11/01(水) 04:48:00 |
  2. URL |
  3. kay-japan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おケイさん、
そのシミツとやらを、あたしにだけこっそり教えてくださいませんかねえ?
あるいは台湾では密かにそんな計画が進行中なんでしょうか?それならホント頼もしい限りです。Go ahead to implement!
  1. 2006/11/01(水) 10:26:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ごん・りーはきれいだけどやっぱりはんにちやろうのえいがはみたくない
  1. 2006/11/01(水) 11:44:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

マルコおいちゃん、こんばんは~

個人的には中共の経済力って張り子の虎じゃないかと思うんです。商品の最終工程である「製造」だけなら外資が工場を建てればすぐに実行できますが、シーズ、ニーズ両面からのマーケティングと製品企画から商品企画へ至る上流工程は、真似をしようと思ってできるものではありません。

ですから中共にとってのアドバンテージは安い労働力以外には何もないと思います。それに加えての格差と環境問題。
我々が留意するべきは中共でいかに儲けるかではなく、いかにして被害を最小に押さえて中共の崩壊を迎えるようにするかではないかと思っています。

私も「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」という呼び方は誤解を与えると思います。まるで一つの文明としての国家がずっと続いてきたと思い込んでしまう危険性があるからです。ずっと続いてきたのなんて中華思想くらいのものでしょう?
シナを使うか、あるいは各王朝名を使うのが良いと思います。
  1. 2006/11/01(水) 12:21:00 |
  2. URL |
  3. 小龍景光 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

極少数の人間(中共)が暴力で支那を不法占拠している、これがいわゆるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国って事ですかね
この中共と手に手を取り合って、仲良くしよ~、とか言ってる政治家の気が知れません
  1. 2006/11/01(水) 16:09:00 |
  2. URL |
  3. sarah #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

以前大陸の掲示板で「愛国」と「愛党」は矛盾しないのかという議論を目撃したことがあります。質問者は日本人で、この質問に中国人は次のような感じで答えていました。

「国そのものを共産党と認識するのか、国を今、共産党が支配しているにすぎないと認識するのかによって違ってくる。現在は、前者から後者への移行時期であると考えています。」

ほぉー、と感心したのですが検閲であえなく削除されてしまいました。
愛”国”心をもった輩が増えることは中共王朝にとっては危機ですよね。だから解放軍が「党への忠誠」を定期的にやたらと強調したがるのかと。国が党より上位であっては困るのです。そう考えると、李登輝による台湾の民主化に対してミサイルを撃ち込むほどの危機感を中共が持っていたこともうなずけたり。
「愛国主義教育」の弊害はよく反日に偏りすぎであるといわれますが、もうひとつ国という意識を植え付ける結果になっていたり。
日本ではhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2595%2599%25E8%2582%25B2%25E5%259F%25BA%25E6%259C%25AC%25E6%25B3%2595%25E6%2594%25B9%25E6%25AD%25A3/" class="keyword">教育基本法改正に伴い「愛国心」の表現を巡って、「国家統治機関に対する忠誠と誤解を招く」などと反対している輩がいましたが、これを実践しているのがまさに中共だということですね。ところが、その輩は中共を高く評価していたりする。
なんだかどんどん話が逸れ支離滅裂になってきたので、この辺りで。書き逃げ御免(笑)
おやすみなさい。
  1. 2006/11/01(水) 16:15:00 |
  2. URL |
  3. タソガレ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お蓮さん、
お気持ちは、よーくわかります。ここでは、ただシナの匪賊とはどういうものかを具象的に見られる、手に入りやすい媒体として、あの映画を取り上げました。
アナロジーでよければ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%25BB%2592%25E6%25BE%25A4%25E6%2598%258E/" class="keyword">黒澤明の『七人の侍』のいわゆる「ノブセリ」がそれに当たります。
  1. 2006/11/01(水) 17:43:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

小龍景光さん、
いちいちごもともです。
1)特に日本からの資本と技術、および重要部品の供給は、シナ経済にとっての生命線ですから、外交的に大いに利用すべきです。

2)ご覧のように、あたしは「シナ」を使用しています。小龍景光さんも、是非そのようにお願いいたします。
  1. 2006/11/01(水) 17:48:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

sarahさん、
あれらは売国で食ってるわけですから、自主的に退場を願うのが無理ならば、消滅させる(比喩ですが)しかありませんね。
  1. 2006/11/01(水) 17:50:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

タソガレさん、
論旨はともかく、言わんとするその意とお気持ちはよく理解できました、うふふ。
また相互に情報交換お願いします。
  1. 2006/11/01(水) 17:53:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ahatenさん、
あ、そのリポートよろしくお願いしまーす。
  1. 2006/11/02(木) 02:08:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あぶない! 危ない!

マルコおいちゃんさん こんにちは
小生 右の人が右と言えば右を向き、左の人が左と言えばつい左を向いてしまいそうなところがまだある、無免許運転中です。とはいえ、そろそろhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%25AA%258D%25E7%259F%25A5%25E7%2597%2587/" class="keyword">認知症、アルツハイマーなどの症状が出ていると家族から叱責されつつあるところです。オルテガ:『大衆の反逆』は二度読み、バーク:『http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2595%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9/" class="keyword">フランス革命の省察』を一度読んだが殆ど理解しておらずもう一度読み直そうと思っているんですがなかなか進みません。そんな状況で最近ブログを始めました。

>日本がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国を征服し統一することは、すなわち中国が日本を征服して統一することと同じ結果・・・・それは中国が一つであるという・・・になるからだ。

つい信じて、「それじゃぁ、一丁やったろかぁ! 中国の近代国家建設!、日中併合!」などと思ってしまいます。つい敵の甘言に誘われそう。くわばら!くわばら!
今後も、「日本の脊髄」を示していただきたい。よろしく。

小龍景光さん こんにちは
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国(いやー、ごめん:シナか)は有史以来現在も体質は変わっていません。非近代の野蛮国家だと思っています。共産党政権になって核兵器だ、原子力潜水艦だといいながら野蛮な道具だけは近代化してしまった。
藤井厳喜氏の「厳喜=元気のでるメルマガ」83号で、
>近代を経た社会と前近代の比較をすると、実は世界では近代の方が圧倒的少数派である。
 世界で今、人口は65億(2006年2月26日・http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ政府推定)だというが、そのうち法治主義や言論の自由の保障された社会の人口は9億に過ぎない。絶対的なマイノリティーである。
と言っています。
近年のごたごたは、近代国家VS 非近代国家の抗争と言え、今後益々熾烈になってくるような気がする。そして先進国/自由民主主義国(近代国家)がたかられ、揺さぶられ、弱体化されていきそうで心配である。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259B%25BD%25E9%2580%25A3/" class="keyword">国連を形骸化し、『国際民主http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2580%25A3%25E5%2590%2588/" class="keyword">連合』を結成すべきであると愚考している次第です。「近代を保守する」ことが喫緊の課題だと仮想して生ます。

愚痴を一つ!
「歴史の終わり」で世界は「近代国民国家」で終わり!
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259D%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A2%25E3%2583%2580%25E3%2583%25B3/" class="keyword">ポストモダン等は不要と愚考している次第。
前近代国家は早く近代化するなり消滅するなりすればよい。その為に(両者に)日本は協力すべきである。
  1. 2006/11/03(金) 05:32:00 |
  2. URL |
  3. ortega21 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ortega21さん、
>>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259B%25BD%25E9%2580%25A3/" class="keyword">国連を形骸化し、『国際民主http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2580%25A3%25E5%2590%2588/" class="keyword">連合』を結成すべきであると愚考している次第です

まさに、おっしゃるとおりです。
すでに形骸化した「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259B%25BD%25E9%2580%25A3/" class="keyword">国連」(United Nations,すなわち「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2580%25A3%25E5%2590%2588/" class="keyword">連合国」、いくら和訳を変えてみたところで、その本質はかわりません。)は、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD/" class="keyword">米国と日本が脱退すれば、たちまち予算不足で破産です。おっしゃるような新しいアリアンツの結成は米国の視野に入っていると思います。日本は常任理事国になりたいなぞとアホなこと考えずに、そのセンでシナとhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">ロシアを排除したアリアンツ(国際機構としては機能しやすい)に参加したほうが得策でしょうね。
ただシナ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">ロシアという前世紀的遺物の帝国主義国を会議の場に貼り付ける、という機能が現「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259B%25BD%25E9%2580%25A3/" class="keyword">国連」(すなわち「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2580%25A3%25E5%2590%2588/" class="keyword">連合国」)にはあるわけですから、その辺との兼ね合いが新アリアンツ成立の鍵になると思われます。
  1. 2006/11/03(金) 08:56:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/141-7acb10d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (11)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。