FC2ブログ

変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Sina Ideologie、シナの国家観、『劇場都市』の5

ここで、シナ人の国家観が問題になってくると思います。

漢字の「国」とは、「國」が正字で「囗」のなかに「或」、「戈」(ほこ)すなわち武器と「口」すなわち人口、「一」すなわち土地を,城壁の中に収めた形です。古代ユーラシア大陸に普遍的だった都市国家がすなわち国家だったのです。

?

『劇場都市』は今までずいぶん引用紹介してきましたが、実はこの城壁都市についてから説き起こされているのです。なぜ都市が問題になるのかと。

?

古典的な都市の第一の標識は都市を囲んでいる城壁にある。(中略)都市に相当する中国語の一つに城市があり、ヨーロッパの諸都市がしばしば名称に??burg,?-borough?の接尾語をもち、市民を意味するドイツ語が Bürgerであるのは周知のことに属しよう。

?

そして大室氏は、いままで紹介してきた都市の現象に関する素描と分析をされた後、

?

都市は、わけても自覚的に構成されたばあいには、その都市に固有の宇宙論、プランニング、建築,祭祀、礼儀作法、哲学、見世物、文芸、工芸品、流行、逸脱などを表現する。個々の都市はそれぞれに解読されるべきテキストなのである

?

として、「都市の解読」という歴史人類学という手法で各時代、各都市を読み解くという壮大な著述に着手されるのですが、ここではとりあえず城壁都市に留まりましょう。

?

春秋戦国時代のシナは、まだ皇帝というものがおらず、シナと総称すべき文明が現れてもいません。それは、周王朝が各地に封じた諸侯が割拠し、それぞれ「中原に鹿を追って」いたわけです。それらの諸侯、例として燕国は「燕」(現在の北京の近く、ついでにいえばそれ故,北京の別名は「燕京」という)、呉国は「呉」(現在の蘇州)、越国は「会稽」(現在の紹興)の各都市がその「国」であり、決してそれらの都市を首都とする一定の領土を有する国家ではなかったのです。我々が想いうかべるそのような国家は、じつは18世紀の欧州にはじまる「国民国家」(Nation?State)であり、それを古代シナ、しかもシナ成立以前の社会に投影しているだけなのです

?

当時のシナ以前のシナにおける、国々とは諸都市国家であり、その支配する領土、すなわち都市を養う農地は流動的であり、国境などというものも存在しなかった、このことがシナ人の国家観の原風景といってよいでしょう。

?

また、例の「治国平天下」の「治国」とは、このような都市国家を治めることであり、「平天下」とは、それらの諸都市を平定すること、というのもまたシナ人の世界観の原風景と呼べるかも知れません。

?

そして、実際にその「平天下」を最初に行ったのが最初の皇帝、秦の始皇帝でした。秦(qin, sin、sina,?china),?すなわちシナの始まりでもありました。

?

岡田英弘氏は、その著書『皇帝たちの中国』において「中国」と皇帝の関係を以下のように定義されています。

?

いわゆる中国の歴史とは、皇帝の歴史そのものである。近代以前には、「中国」という「国家」があったわけでもなく、「中国人」という「国民」があったわけでもない。言い換えれば、「中国」という国家が先にあって、それを治めたのが皇帝だったのではないということになる。先にあったのは皇帝である。

?

皇帝の支配が直接及ぶ範囲を「天下」といった。この「天下」とは、具体的には、皇帝を中心に展開した都市のネットワークをさすものであり、各地にはりめぐらされた商業都市網の経営が、すなわち皇帝制度の本質なのである。

?

これまた、実に解りやすい明快な定義です。学問とはかくあるべきものという見本でしょうか。

?

これら古代のシナにおいて発生した現象を、牽強付会に現代の世界にあてはめ、「平天下」を目論むのが現中共政権ですまさに時代錯誤な烏滸の沙汰ではありませんか。普通は800年ほどで変化するといわれるエートス(ethos),すなわち人間および社会集団の習慣的道徳的な行動思考様式。しかし、二千年以上たってもいまだそのエートスを転換できないシナ人をみると、それを支配するシナ文明の桎梏の深さがうかがい知れます

あたしは、マルクスのいう「ドイツ・イデオロギー」(Dueutsche?Ideologie「近代化の夢を抱きつつも、天空のはるか彼方にある幻想から脱却できないドイツ人たちに「目覚めよ! そして目の前にある現実を見よ!」と訴えかけた」引用http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/book/099.htm から)、に倣い、このシナ人を縛るその特有の観念形態を称して、「シナ・イデオロギー」(Sina Ideologie、China Ideology)と名付けておきましょう。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/01(水) 16:01:00|
  2. Sina, 『劇場都市』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<上海閥の反撃? | ホーム | 「中国」とは国なのか? 下>>

コメント

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」と皇帝の関係。非常に明快ですね。国民=支配される人々ということでしょうか。今も全く変わっていませんね。
  1. 2006/11/01(水) 16:20:00 |
  2. URL |
  3. sakuratou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

櫻党さん、
ご理解いただいて恐縮です。しかし、
>>国民=支配される人々ということでしょうか。
とのお言葉には意義ありです。おっしゃられようとする意はわかります。しかし、あえて反論させていただきます。
「国民」というものは、シナには存在しません。国民とは国民国家と相互に依存しあって存在するものだからです。
かろうじて都市住民がそれに近いかも知れません。しかしそれも実は奴隷性の程度の問題にすぎないのですが、都市住民はそれなりの行政サーヴィスを受けていますし、政治的権利も一定程度与えられています。
しかし彼ら自体が農民を彼らに奉仕する奴隷として蔑視している事実を、櫻党さんも現地でよくご存知と思います。それこそ奴隷性の典型的な表現ですね。魯迅のいうところの「奴性」あるいは「阿Q精神」そのものです。奴隷は、主人に諂い他の奴隷に対しては主人のように振舞うのです、ああやだやだ。
そしてシナの農民は「奴隷」と定義するのが、やはり論理的に正しいと思います。あるいは「臣民」でしょうか?シナ皇帝の帝国に居住する皇帝の私物としての臣民、それがシナの奴隷(都市農村住民を問わず)の別名です。
なぜなら、シナには国民国家はいまだ成立しておらず、古代以来の「皇帝」の支配する「帝国」があるだけだからです。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B4%25E3%2583%25AB/" class="keyword">モンゴル、東トルキスタンの人々に質問することを想像してみましょう、「あなた方はシナの国民であろうか?」と。さてどんな答えが返るでしょうか?
奴隷の立ち上がる日がくるのは何時か?それがシナにおいて繰り返された王朝交代、すなわち革命(命を革める)の鍵でしょう。
  1. 2006/11/01(水) 18:25:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

中華思想とは自分たちが世界で一番強くえらいのだと言っているのですね。実際16世紀まではいろんな分野で世界一だったとか例によって司馬さんが書いてたと思います。もし中国がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A8%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2591/" class="keyword">ヨーロッパ大陸に位置していたらアメリカ大陸はコロンブスよりも100年位前に発見されていたでしょう。
鄭和の初航海が1405年ですし、その船団がすごい。500名近い乗り組みの巨船に六十船、総勢3万人に近い数が大航海に参加していたのですから。
中華思想は一点が高くその他のものはそれにひれ伏すものとの考えは「朝貢」が歴代皇帝に受け継がれたことにもあられていますね。
富士山は高いがゆえに貴いのではなく、その裾野が広いからだと言われるそうですが、中華思想ではその中心点より他は低くなければならず、他の国はその裾野であって富士山の一部と考えているのかもしれません。
中国人には国境の意識がないことは、彼らは他国への偉大な出稼ぎ者であることから容易に想像できます。
もともと欧州や他のアジア地方からの流民がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国に入り込んだと見られる資料があるそうです。
食うためにはなんでもありが中国人みたいで、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD/" class="keyword">米国への違法入国を繰り返すhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A1%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25B3/" class="keyword">メキシコ人とその姿を重ね合わせることができると思います。
あるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A1%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25B3/" class="keyword">メキシコ人がTVで言ってました、我々は国境を越えたのではない、国境が我々を越えたのだ。と。
政府を全く信じていない人々の言葉でしょう。
  1. 2006/11/01(水) 21:42:00 |
  2. URL |
  3. hirotami #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

hirotami さん、
コメントありがとうございます。「華夷秩序」へのご理解、そのとおりです。
今後、あたしの名付けた「シナ・イデオロギー」への理論的批判を続行したいと考えています。今後とも、よろしくご教示お願いいたします。
  1. 2006/11/01(水) 22:38:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

マルコおいちゃんさま。
慧眼の深い見事なまでの解説、ありがとうございました。
  1. 2006/11/02(木) 02:08:00 |
  2. URL |
  3. sakuratou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

白熱の議論に横合いから割り込んでお邪魔します。

以前中村粲先生が雑誌で「反共史観」を書くべきだとおっしゃって今執筆中らしいのですが、そのとき、あわせて「匪賊史観」も著して欲しいなぁと思いました。中華共産帝国は、結局、「匪賊」の成り上がりだと思っていますから。皆さんの議論に「匪賊」という言葉が出てきたので思い出しました。

もう一つ思い出したのは、台湾の件です。李登輝氏が、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾を多党化し、陳水扁氏が国民党軍をhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾国軍に変えました。これは画期的なことと思ったものです。そのとき、李登輝、陳水扁、両氏に、にノーベル平和賞を与えるべきだと感じました。(今からではもう遅いのかなぁ)

以上、勝手割り込み ごめんなさい。
  1. 2006/11/03(金) 05:03:00 |
  2. URL |
  3. ortega21 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ortega21さん、
ようこそ、はじめまして。
>>中華共産帝国は、結局、「匪賊」の成り上がりだと思っていますから

おっしゃるとおりです。前にも紹介した高島氏の『中国の大盗賊』にもそのことちゃんと書いてあります。

>>李登輝氏が、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾を多党化し、陳水扁氏が国民党軍をhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾国軍に変えました。これは画期的なことと思ったものです

これこそ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾「国民国家」化のメルクマールでした。
しかし、ノーベル平和賞はいかがなものでしょう。あれは欧米の価値観、国益(複数)が強く反映されますから、その時々の政治状況に決定されるわけで、結局その当時は欧米にとって利用価値がなかった、ということじゃあないでしょうか。
  1. 2006/11/03(金) 08:45:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

マルコおいちゃんさま。
またまたお邪魔します。

>しかし、ノーベル平和賞はいかがなものでしょう。あれは欧米の価値観、国益(複数)が強く反映されますから、その時々の政治状況に決定されるわけで、結局その当時は欧米にとって利用価値がなかった、ということじゃあないでしょうか。

ということは、私はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%258E%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E8%25B3%259E/" class="keyword">ノーベル賞を過信していたと言うことか?
確かに、日本のおかしな文学者が、ノーベル文学賞を受賞し、金某が金で平和賞を獲得して今国際制裁でグタグタ言っているようですね。(笑)
何事も過信は禁物。ってとこかぁ。
  1. 2006/11/03(金) 16:17:00 |
  2. URL |
  3. ortega21 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

そうです、大江某とか金某の場合は「ノータリン賞」とするべきでした。
  1. 2006/11/03(金) 16:53:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/142-ea109cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (11)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。