変容する世界

おいちゃん一時休筆のお知らせ

といっても完全休筆というわけじゃあなくて、シナ文明批評の分だけちょいと休ませていただこうかなと、こう思ってるわけなんですが。

?

これまでは、シナ文明に構造的に内在する侵略性についてざっと述べさしてもらって、先の、シナ・イデオロギー(Sina?Ideologie?)まで行き着いて、これからもうちっと突っ込んでそのイデオロギーを批評しなくっちゃあなあ、といういい場面にさしかかってるのは承知なんです。そうしようとは思うんですが、はっきりいって電池切れといってもいいかもしれませんが、少し充電の必要をひしひしと感じてるわけなんです。

?

このあと、シナ人はなぜ食人するのかとか,纏足した理由はとか、生体から臓器をとりだして売買するとか、平気で子供も死刑にしちまうとか、まあそういうシナ人の肉体観についてじっくり述べていこうかなと思ってます。ねえちょっと面白そうでしょう。

?

結論からいえば、シナ文明における霊性(Geistigkeit,? Spirituality)の欠如、とこうなるはずなんですが。だから肉体はただの物質としか捉えられないわけで、他の物質と同様に取り扱うことに論理上なりますね人間の肉体とは、我々にとってはただの肉ではなく「人間の」に非常に重きがあるわけなんですが、シナにはそれが無い、ただの肉、これが結論です。

?

宗教性の欠如、といってもいいかもしれません。シナ人は宗教を信じない。儒教、道教、仏教といろいろあることはあります、がそれらはあくまで現世利益を願うものである。また中共が「信仰の自由」は認める、が「布教」は認めないと、実質的に宗教を禁じているということもあります。が禁じなくても、シナ人には真の宗教性がない。何者かは知らずとも大いなる者を畏怖するということがない。畏怖しひれ伏す対象は、強大な世俗権力のみである

?

ゆえに、欲望の解放装置である資本主義を取り入れた後、なにもその欲望に歯止めをかけるものが無いユダヤ、キリスト教を信じるものには神の目がある。モスレムにもアッラーがいる。仏教者にはカルマがある。しかしシナには何もモラルのブレーキが無い。だから欲望のおもむくまま、資源食料を食いつくし、エネルギーを浪費し、環境を破壊し続けるまっこと恐ろしいことじゃあありませんか?行き着くところは地球の破滅ですよ、みなさん。とこっちのほうでは、肉体性をはなれて別の問題になりますがね。シナには、資本主義は似合わない、危なすぎる。というのが、もう一つの結論でした。

ただこれらのことを一つ一つ例を出して、それに説明を加え、解析批評するまでは、もうちょっと時間が必要なんです。年明け早々にでも再開できたらなあ、とは考えちゃあいるんですが。

?

というわけで、ちょいだしの予告編でした。

?

なにせ日本では暮れの商戦ってんですか、まあこっちではクリスマス商戦ですが、まあ忙しいわけです、暮らしをたてなくっちゃあいけませんしね。そんなわけでじっくり考えてエントリーをアップするなんて、いかにも無理かなあ、という事なんですがねえ、わかっていただけるでしょうか。いえねあんな駄文にしたって、こっちは結構無い頭を絞ってるわけでして、雑感文や時局なんかはまあちょいとやっつけられるかも知れませんがね、それに他の皆さんのお邪魔をして、コメントを書かせていただくことはお許し願うかも知れません、そういうことでよろしくご理解いただきたくご挨拶させていただきました。

?

実を申せば、先だってのアンケートなんぞは、読者の皆さんの弊ブログに関する意識調査、いわば市場調査の意味合いもあったわけで、いまさらぶっちゃけてもお許し願えるかどうかわかりませんが、とりあえずお詫び申し上げます。どうもあいすいませんでした。おかげさまで雑感文路線でもなんとか凌げそうだと確信できました。シナについてもとりあえず軽めにやっつけていきましょう。こんなところで如何でしょうか?今後もおつきあいいいただければ、まことに幸ひでございます。

へい、お後がよろしいようで。

?

おまけ(俗名、Großblüten-Sonnenröschen、学名、Helianthemum?grandiflorum)?

remark:?俗名、「中国」、学名、Sina?と同じレトリックでした。

この可憐な小さな花は、アルプスを原産地とする高山植物ですが、ドイツでは普通に咲いています。もう冬だと言うのに、あたしの家の前であくまでもひっそりと咲いています。

Sonnenröschenとは「お日さまのバラちゃん」という意の可愛い名前です。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/05(日) 16:01:00|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:41
<<台湾政局 11月6日 | ホーム | 台湾政局、 いくつめだっけ?>>

コメント

No title

シナ人の非宗教性というか倫理性の欠如というものは,大陸を訪れたときに感じる違和感の一つとして覚えることができますね.
およそ,この世に存在する生物は節度を守って環境に適応しながら個体数を制御するが,とある人類はそのようなことはせず,無節操に増え続け,地球という宿主を脅かすまでに増殖する,これとよく似た生態を持つのがウィルスであり,とある人類はウィルスと同じなのだ.この「とある人類」こそシナ人であり,彼らはウィルスと同じなのだと思います.
おいちゃんの「なにもその欲望に歯止めをかけるものが無い」という言葉から,映画「マトリックス」のエージェントスミスのこのセリフの一節を思い出しました..
  1. 2006/11/05(日) 17:55:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

talkenさん、
すばらしいサポート、ありがとうございました。
>>この「とある人類」こそシナ人であり,彼らはウィルスと同じなのだと思います
思えばhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/SA/" class="keyword">SARS(シナ肺炎)やhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%25B3%25A5%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B6/" class="keyword">鳥インフルエンザは、我々にそのことを比喩的に知らしめてくれたわけですね。
  1. 2006/11/05(日) 17:58:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

mizoさんお師匠、
暖かき励ましのお言葉、胸にしみいります。そうなんです、ほんと鬱陶しくてね、で、この冬はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリアを中心に駄弁をふるおうと考えています。
  1. 2006/11/05(日) 18:42:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ビックリしたじゃないですか。
画像を織り交ぜた軽~いタッチのエッセイなんか、いかがでしょうか?テーマは何でもアリで。
個人的にはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツ人他、ヨーロピアンの日本観などを知りたいですね。
  1. 2006/11/05(日) 19:10:00 |
  2. URL |
  3. ウロボロス #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ウン、そのセンを考えています。それしかこの冬をのりきる手立てはなさそうです。シナのことばかりじゃあねえ、こっちがまいっちゃいます。ただあたしは欧州人じゃあないので、連中の日本観はちと難しいかな、と思います。
  1. 2006/11/05(日) 19:16:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おやぶん、びっくりさせないでよ。二週間もの長い休暇の間さびし~ぃ。めそめそ。うたさまに助けられてやっとhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B6/" class="keyword">イザになじんだんだから。ばばが旅からかえったとたんにあんなタイトル見せられて心臓止まりそうになりましたよ。ほんのわずかの留守でとてもとても読みきれない。でも嬉しい。空白だけはいやですよ。長い冬に備えて明るく軽いタッチの路線?いいねぇ。まってまぁ~す。ドキドキ・・。ゼーゼー・・。あ~びっくらこいた・・いがった~~。
  1. 2006/11/05(日) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うたさま、ご冗談を、がはは。
  1. 2006/11/05(日) 22:29:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

このエントリを読んで、プロティスタンティズムの倫理、という言葉を思いだしました。チャイナの無軌道で無原則なやり方にはうんざりです。
  1. 2006/11/05(日) 23:49:00 |
  2. URL |
  3. 阿比留瑠比 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

マルコお兄ちゃん!
びっくりしたじゃないですかぁ~~~
TB見て・・・何それ?って思いました。
お兄ちゃんのためになるシナ講座の再開はゆっくり待つとして~ お兄ちゃんの日常生活も書いて下さい。待ってます!
  1. 2006/11/06(月) 00:48:00 |
  2. URL |
  3. damedakorea #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いきなりのTBびっくりしましたよ!
何事かと。
まさにdamedakorea さんと同じ印象でした。
>TB見て・・・何それ?って思いました。

あとシナ講座は過去のエントリーを再放送したらいかがでしょうか?(これならばコピペと若干の修正でOK)
同じエントリーでも皆さんのTBやコメントでまた違ったものになるかもしれませんよ。
  1. 2006/11/06(月) 04:31:00 |
  2. URL |
  3. @隼人正 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

支-那http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25B3/" class="keyword">ジンは無宗教・無神論シャではありません。
『拝金教』のトでっす。ただのブタだと思えばあんな下賎な生き物など考察に値しませんよ~。くしくも2007年は支-那大陸は”ブタ年”になります。ゆっくり攻めていきましょうよ、我らがお仲間で隼人さんとこで飲みながら・・・。
祝 満事如意! from kay.
  1. 2006/11/06(月) 04:59:00 |
  2. URL |
  3. kay-japan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

とりさん、
目覚まし代わりと思ったんですが、ちょいと効きすぎましたかね、すいません。
  1. 2006/11/06(月) 08:52:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うたさま、
おたがい、師走の風が身に滲みますね、ってまだ霜月だい。
  1. 2006/11/06(月) 08:53:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

阿比留さん、
さすがするどい。そうなんです、資本主義云々ついてはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259E%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B9/" class="keyword">マックス・ウエーバーが念頭にありました。プロティスタンティズムの倫理はもちろんのこと、欲望に歯止めをかけうる可能性をもつモラルの欠如が、シナ資本主義の最大の問題だと思います。
  1. 2006/11/06(月) 09:06:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ご隠居さん、
この前おじゃましてコメントさせていただいたように、あたしはシナの陶磁器をみるため出光美術館にはずいぶん通いました。その結果つぎの結論にいたりました。日本の陶磁器は、シナの影響を受けてはいるものの、シナの美意識とはまったく異なる何か、すなわち日本独特の感性によって美が造形されているというものです。あたしは、それを誇りに思います。
  1. 2006/11/06(月) 09:10:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

だむさん妹、
やっぱり効きすぎましたか、でもホッカイロのような暖かき励まし、ありがとうございました。
  1. 2006/11/06(月) 09:12:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

@隼人正さん、
うふふ、賢きサジェスチョンありがとうございました、それつかわせてもらおうっと。
  1. 2006/11/06(月) 09:13:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ahaten妹ちゃん、
おことばに甘えてそうさせていただきまーす。
  1. 2006/11/06(月) 09:14:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おケイさん、
拝金教ね、日本人もはっきりいってそういうとこあります。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾人もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD/" class="keyword">米国人も、あるいは全世界がある程度そうです、でもまあ程度の問題ですね、シナはもうあれですから、ああやだやだ。
欲望それ自体は資本主義のガソリンですから、それなしでは走れません。でもあたしのいいたいのは、いかにブレーキをかけるか、なんですが。そのブレーキとは何かモラル、例えば真の宗教性、霊性ではないかという議論でした。このこと来年ゆっくりとかたずけるつもりです。
  1. 2006/11/06(月) 09:21:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

今日は、朝からhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">izaをチェック出来ず、いやな予感がしていたのですが・・・。
しかし、エントリを読んでこれからの展開にますます期待です!
取り急ぎ。
  1. 2006/11/06(月) 09:36:00 |
  2. URL |
  3. sakuratou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

櫻党さん、
いやな予感をはずしてしまってごめんなさい、あたしは、「世に憚っていこう」と思います。ご声援ありがとうございました。
  1. 2006/11/06(月) 10:57:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ご隠居さん、
出光美術館は、「お絵かきじいさん」のところでした。失礼しました、えへへ、ご勘弁を。
  1. 2006/11/06(月) 11:00:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

争いごとばかりの中東の地にキリストが生まれ愛を説いた。
身分差別の激しいhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589/" class="keyword">インドに釈迦が生まれ平等を説いた。
礼節の無いシナの地だから孔子が生まれ・・・。

シナ人にこそ宗教が必要です。
偉大な聖人が現れて、あれも駄目、これも駄目と教えてやってほしいものですね。


これからは、マルコお兄さんと呼ばせていただきます。
  1. 2006/11/06(月) 11:33:00 |
  2. URL |
  3. cotodama #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ことだま妹ちゃん、
>>礼節の無いシナの地だから孔子が生まれ・・・
そうなんですが、孔子の説いたのは「礼」という、儀式の形式を整えるということで、つまりその中身はどうでもいいが形が大切という考えです、礼節というモラルではありませんでした。「礼」とはもともとカラッポなものなのです。逆に中身があってはほんとの「礼」ではない、ともいえるでしょう。このことがシナの文明のおおきな欠点です。それも来年ゆるゆるやっつけるつもりです。
  1. 2006/11/06(月) 11:42:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

マルコおいちゃん、こんばんは!

いやはや・・・。TBを拝見したときは皆さんと同様ビックリしてしまいました。いままでも素晴らしいブロガーが何人も離脱されていますので・・・。

たまには阿比留記者のブログのように読書談義なども良いかもしれないですね!
  1. 2006/11/06(月) 12:35:00 |
  2. URL |
  3. 小龍景光 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Hallo lieber Herr Koryu,

まことにお騒がせして、あいすいません。まあ離脱しないための一時的措置が今回の一部休筆と思っていただければ幸ひです。Koryuさんも時代小説がお好きとは、まあ以外じゃあないですね。あすこにも書きましたが、あたしも藤沢周平、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B1%25A0%25E6%25B3%25A2%25E6%25AD%25A3%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E/" class="keyword">池波正太郎、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25B9%25B3%25E5%25B2%25A9%25E5%25BC%2593%25E6%259E%259D/" class="keyword">平岩弓枝は大好きです。江戸時代には住みたいとは思いませんが、郷愁をさそうものがあることは確かです。とくに江戸時代の街並みの美しさ、武士の気概と庶民の人情、失ったものの大きさを改めて知るのが、あれらの小説です。
  1. 2006/11/06(月) 12:53:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>おいちゃん一時休筆のお知らせ
なんだって!!!!!
とおもったら、一ジャンルだけお休みということですか
まったく、焦るぜ!
そちらはクリスマス商戦ですか~もうかなり寒いんですか??
  1. 2006/11/06(月) 13:56:00 |
  2. URL |
  3. sarah #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

sarahさん、
やっぱ、驚きました?うふふ。

お言葉ですが、察するにあたしのエントリー冬の到来
http://marco-germany.http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza.ne.jp/blog/entry/67420/ちゃんとシカトしましたね、ふふふ。

つかぬことをうかがいますが、sarahって女名ですが、sarahさんって女の子?これを聞きたくってしょうがなかったんだ、実は。
  1. 2006/11/06(月) 14:29:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>シカトしましたね、ふふふ。
ふふふ・・・・・・_| ̄|〇
>sarahさんって女の子?
ふふふ・・・・・・m9っ( ̄ー ̄)ニヤリッ
  1. 2006/11/06(月) 15:31:00 |
  2. URL |
  3. sarah #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>出光美術館は、「お絵かきじいさん」のところでした。

まあ、ぼちぼちいきまほ。

そやけど、マルコおいちゃんは、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツにいながら、シナのことやら、よう知ったはりますなあ。不思議なこっちゃ。勉強家やなあ。
  1. 2006/11/06(月) 19:45:00 |
  2. URL |
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Guten Tag Herr Marco!

私はできることなら江戸時代にタイムスhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">リップしたいです。
水郷と緑のガーデン都市であった江戸の町並みをこの目で見てみたい!

なにしろ、ちょっとでも環境が悪くなると生息できない白魚が大川でいくらでも採れたそうです。上水道を作っても下水道を作らなかった江戸の人々の英知には感服します。

江戸に行けたらぜひとも秋山小兵衛道場に入門したいものです。
  1. 2006/11/07(火) 07:43:00 |
  2. URL |
  3. 小龍景光 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>マルコおいちゃん老師:

こちらのブログには、常々伺っておりますが、コメントを書き込むのは初めてになります。
よろしくお願い申し上げます。

老師の『寸鉄人を刺す』御批評、「半・中國人」の私にとって、まさに『身につまされる』思いで読ませて頂いております。

さて、中國人の『宗教性の欠如』については、中國人の崇拝の対象が、先ず「自分の祖先」であること。
そのため、中國人にとっては、「同族の和」が第一義であり、他氏族は原則として『敵』と見なすこと。
その「祖先との『交流』」である「巫祝」(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%258B%25E3%2582%25BA%25E3%2583%25A0/" class="keyword">シャーマニズム)が『儒教』の根底にあること。
孔子の思想の原点は、「周初への復古を理想とした『身分制秩序の再編』と『仁道政治』」にあること。
…などから、ある程度説明出来るかと思われます。

そういった意味では、孔子は『元祖・原理主義者』であり、中華思想は『本家・自由主義経済』なのではないかと思われます。

老師は「シナには、資本主義は似合わない、危なすぎる。」との御意見ですが、私は「中國人には、共産主義はそぐわない。」と考えております。

「いつ、どうやって、他人を出し抜いて金儲けをしようか?」と、虎視眈々の連中に、「さぁ!手を取り合って、共に前進して行こうではないか!」と呼びかけることが、どんなに虚しいことであるか、お分かり頂けようと思います。

また、「金儲けのモラル」についても、「同郷會」や「同氏會」に莫大な寄付をする中國人が多いのも事実です(これも、結局は「同族主義」に依るものなのですが)。

実際に「國史(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国史)」を小・中・高と12年やってきても、いまだに分からないことだらけですので、これは、「そう簡単には分からない」ことが分かっただけでも、素晴らしい収穫だと思います。

どうぞ、焦らず、これからも辛辣な御意見を頂ければ、と願っております。
  1. 2006/11/07(火) 08:07:00 |
  2. URL |
  3. 林 則徐 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

林 則徐先生、
はじめまして、お名前かねがね存じ上げておりました。先生は、「半・中國人」とのこと、あたしの言論は先生に対してお気に召さない点も多々あることと考え、コメントならびにTBはひかえさせていただいいておりました。本日思いもかけずコメントを頂戴し慙愧に堪えません、なぜなら先生からみて小輩の言など誤謬に満ちた取るに足らないものと思われるからです。
今回は儒教のシャーマニズム性、さらには「同族主義」等にお教えをいただきありがとうございました。
儒教についてはお説のとおりだと愚考します。加地伸行氏の『沈黙の宗教』、あるいはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%2599%25BD%25E5%25B7%259D%25E9%259D%2599/" class="keyword">白川静先生の『孔子伝』などにもその旨詳しく述べられています。また氏族主義についてもかねがね愚考していて、まさにおっしゃるとおりと思います。
これらの点につきましてはおいおい述べていこうと考えております。どうか今後ともご指導ご教示下さいますようお願い申し上げます。
最後に、シナについて一言申し上げます。先生がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国、中国人と自称なされることについては全く当然のことと存じます。しかし、我々外国人が「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」(わが国)と他称すについては大いに疑問を覚え、シナ(Sina)を使用させていただいております。ご不快の点もあると存じますが、なにとぞご理解のほどお願い致します。
  1. 2006/11/07(火) 08:55:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お絵かきじいさん、
あたしはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツにこの流浪の身をかこっておりますが、じつは少々シナ学をかじった者です。それゆえ、シナからなかなか離れられません。お察しください。
  1. 2006/11/07(火) 08:58:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Hallo lieber Herr Koryu,

阿比留さんのところで拝見しました。あたしもそこで書きましたとおり、藤沢周平、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B1%25A0%25E6%25B3%25A2%25E6%25AD%25A3%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E/" class="keyword">池波正太郎、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25B9%25B3%25E5%25B2%25A9%25E5%25BC%2593%25E6%259E%259D/" class="keyword">平岩弓枝のファンです。そのほとんどの作品は揃えて読んでおります。中でも藤沢作品の、武士の気概と庶民の情の絶妙な組み合わせには感嘆するばかりです。しかもあの清冽な文体。
池波作品では、例の三大シリーズは繰り返し読んでおります。「鬼平」では『大川の隠居』がやはり一番好きです。「剣客商売」では、あの手裏剣投げの女名人(名前は失念しました)のちにhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%2586%25E3%2581%25AA%25E3%2581%258E/" class="keyword">うなぎ焼きの男と一緒になる、あの話が好きです。
こう見ると、あたしはどうも武士と庶民の交流する話が好みのようですね。『御宿かわせみ』でも東吾一家と使用人、十手持ちたちとの交流が胸を打つのではないでしょうか?
  1. 2006/11/07(火) 09:08:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>マルコおいちゃん老師:

>小輩の言など誤謬に満ちた取るに足らないものと思われるからです。

とんでもないお話で!
老師ほどに心を打つ文章が書けない私如きに、勿体ないお言葉です。


>我々外国人が「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国」(わが国)と他称すについては大いに疑問を覚え、シナ(Sina)を使用させていただいております。

確かに「支那人」という単語が、侮蔑的に使われた歴史があることは、私も承知しておりますが、『シナ』如きに目http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%258F%25E3%2581%2598%25E3%2582%2589/" class="keyword">くじらを立てていたのでは、「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2595%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9/" class="keyword">フランス中華思想」に後れをとってしまいます(笑)。
じゃぁ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2597/" class="keyword">スープを濾す逆円錐形の調理器具は何と呼ぶのかと…

逆に、中共は、日本の「『http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国』地方」に文句を付けるなと言いたいです。
  1. 2006/11/07(火) 10:23:00 |
  2. URL |
  3. 林 則徐 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

林 則徐先生、
気さくなご性格および思想をお持ちとお見受けいたしました。今後ともよろしくお願い申し上げます。でも「老師」はどうかご勘弁を。
  1. 2006/11/07(火) 12:35:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

みぞさん、情報早いね。お元気に復活よかったね。
  1. 2006/11/10(金) 19:48:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おいちゃん、クリスマス商戦がんばって。
恭喜??!
  1. 2006/11/11(土) 08:57:00 |
  2. URL |
  3. れん@アナーキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

mizoさん師匠、
とりさん、
ねこぽん師匠復活のお知らせありがとうございます。
  1. 2006/11/11(土) 13:50:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お蓮さん、
あきまへんなあ、商売あがったりですわ、首くくらにゃああかんようです。でもまあ、まあぼちぼちやらしてもらいますう。

>>恭喜??!
は、ちょっと早すぎるんとちゃいますかあ?
  1. 2006/11/11(土) 13:53:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/148-8718fedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (10)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード