変容する世界

チベット展を見る

TIBET Klöster öffnen ihre Schatzkammern(チベット、修道院がその宝物庫を開く)と題した展覧会が、エッセン市(Essen, 「食べる」「食物」という名の変った地名)の、Villa Huegelという博物館で開催されていて(http://www.villahuegel.de/、)あたしもおっとり刀で出かけてみました。

ちなみに、このVilla Huegel(「岡の邸宅」、の意)は、クルップ財閥のクルップ家のかっての居城で、今は博物館としてその庭園とともに開放されています。さらにクルップ財閥とは、ルール地方を代表する鉄鋼業の雄で、ヒトラーを支援したことでも知られています。そのヒトラーとの歴史的会談もこのVilla Huegelで行われました。クルップはいまでもドイツ産業をささえる大企業です。クルップ社については、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%83%E3%83%97%E7%A4%BE をご参考に。


さて、その展覧会ですが、驚くばかりの、チベット文化を代表するとおもわれる宝物が展示されていて、正直感嘆しました。とくに「千手観音像」には霊性が豊富にまとわりついており、思わず合掌いたしました。以下の写真をご覧ください。


かなり小さな像で、1m強ほどの高さしかありませんが、鎌倉の長谷観音や京都の三十三間堂の千手観音に比して、勝るとはいえ決して劣らぬ神々しさです。形容矛盾ですね、やはり霊性と言い換えましょう。

御手の数を数えてみたところ、まさに千近くありました。

その他、チベット仏教の奥深さをうかがわせる数々の仏具が展示されておりますが、一般の参観者はそれをただの文物としかとらえていないようなのが残念です。詳しくは、http://www.villahuegel.de/  TIBET Internet-Präsentation でその片鱗を見ることができます。また、カタログも注文できます、 Bestellformular Ausstellungskatalog und Plakate 
できれば是非ドイツにお越しください、ってのは無理か?

ひとつ気になったのは、これがシナ政府の肝いりで開催されたこと、主催者に胡錦涛の名前があること、つまりチベットはシナの領土だと主張していることです。

しかし、ドイツ人もそんなに莫迦や阿呆ではありません。ダライ・ラマの名前と顔は知っていても、胡錦涛のことは知らない人の方が多いのですから、ザマミロ。





スポンサーサイト
  1. 2006/11/07(火) 16:01:00|
  2. China(シナ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<「台湾の声」【レポート】台北市長選挙考察 | ホーム | 台湾政局 11月6日>>

コメント

No title

Lieber Herr Marco!

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット仏教展のサイト拝見してきました。
本当に素晴らしいですね!
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット仏教というと曼荼羅が思い浮かびますが、本当にできることならhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツに伺いたいくらいです。

私はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2591%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25B3/" class="keyword">パキスタンに暮らしていたことがあり、その時にガンダーラの仏教美術と出会い、感激したのですが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット仏教は独特の魅力があるように感じます。

いつの日かhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットが独立を回復せんことを!
  1. 2006/11/07(火) 17:13:00 |
  2. URL |
  3. 小龍景光 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Hallo lieber Herr Koryu,

宵っ張りですね、まだお休みじゃない、もう遅いでしょう?

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2591%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25B3/" class="keyword">パキスタンにいらしたとは吃驚しました。ガンダーラ美術はよくギリシャ芸術との関連で語られますが、あれも美術芸術ではなく仏像としてみると違った趣があります。要はそこに霊性があるか、その霊性を感じ取れるか、だと考えます。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットの仏像にはそれが色濃くあるように感ぜられます。
このhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットの霊性が、シナに獣性に勝れることを固く信じております。
  1. 2006/11/07(火) 17:32:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

霊性、すばらしい。有難うございます。便利な時代に感謝します。
  1. 2006/11/07(火) 22:21:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うたさま、
おはやいですね。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット弾圧はいまに始まったことではないので偶然でしょう。
シナの核弾頭については書き終え、あすhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップします。伊藤貫氏の著書の紹介です。
上海蟹は個人的には泥臭くて嫌いです。でもあちこちのシナ飯屋でその看板があります。どんな毒素を含んでいるやも知れず、決して口には致しません。
  1. 2006/11/07(火) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ひよさま、
お気に召されたようで幸ひです。金沢の方は浄土宗ですね。こういう仏像でなにか立派なものを紹介願います。
  1. 2006/11/07(火) 23:06:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

浄土真宗、仏像はなくってもいいとかお寺さんが言ってた。それに私としては仏像にカメラ向けるのがはばかられます。一枚もありません、ごめんなさい。
  1. 2006/11/07(火) 23:13:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

えへへ、やっぱりありませんか、そう思ってました、うふふ。
しかし、
>>仏像にカメラ向けるのがはばかられます
とは立派な見識ですね、仏教徒でらっしゃいますか?
  1. 2006/11/07(火) 23:34:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

それほどのもんじゃなくって、なんとなく。
  1. 2006/11/07(火) 23:36:00 |
  2. URL |
  3. torisan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます。
素晴らしいですね~確かsakuratouさんがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットに行かれたと言ってましたね~
行ってみたいですね。でも無理かな?
  1. 2006/11/08(水) 01:08:00 |
  2. URL |
  3. damedakorea #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは。こちらでははじめましてですね。
私もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット仏教展のサイト訪問してきました。動的な生き生きとした表情をされている仏像が多いようですね。実際に同じ空間で拝んだら、くらくらするくらいの圧倒的なオーラ=霊性があるのでしょうね。私もtorisanと同じく仏像の写真をとるのはどうなんだろうと思いながらも、カメラを向けてしまいました。

御手の数を数えるとはおみそれしました。
  1. 2006/11/08(水) 03:39:00 |
  2. URL |
  3. mariquilla #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

だむ妹さん、
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットがちゃんと独立したらみんなでお祝いに駆けつけましょう。
  1. 2006/11/08(水) 08:35:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

mariquillaさん、
今朝は、一秒の差に泣きましたが、このカリはきっと返すぞーだ。
>>御手の数を数えるとはおみそれしました。
いやー、つい数えてしまいました。一列が約20本で片側25列、両側で千本でした。
  1. 2006/11/08(水) 08:40:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お初にお邪魔致します。
曼荼羅、いいですね、数多の神々がひしめいている感じが、現在の日本の宗派という仏教よりも、原点に近い・・・八百万の神サン(様とつけるより親しみたいのでサン)を感じますです(^^)
アジアにも様々な多神教、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカにだってインディアンの精霊信仰があるように、盲信教もひろ~~~い眼になってくれればいいですねぇ♪
 
シナですか? 盲信教だと思いますけど、あれも(^^ゞ
  1. 2006/11/08(水) 12:20:00 |
  2. URL |
  3. Jin Mazaki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/Jin/" class="keyword">Jin Mazakiさん、
ようこそ。
今回もいくつか曼荼羅も見ましたが保存状態があまりよくないものが多かったようです。
いずれにせよ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット仏教は日本の密教の源ですからどこか親しみやすい感じがします。
そしてエロスとタナトスが織り成されたその宗教性は独特のものがあります。男女合体佛がまさにそうです。今回は、その合体佛は少ない展示でちょっとがっかりしました。
北京の擁和宮には、その合体佛は沢山所蔵されていますが、腰の部分が布で覆われていて、シナ人がそれを如何にみているかが知れて笑えます。ポルノとしか見ていない哀れな人々です。
  1. 2006/11/08(水) 12:30:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お疲れさまでございます
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベット仏教の曼荼羅はそれ自体が教えですから,作る過程に意味があるのだと,聞かされたことがあります.そういえば色砂を使った曼荼羅などは出来上がり次第壊すところをテレビで見た記憶があります.「形の無いもの」が大切なのですね..
これをシナは「美術品」としか理解できないというのは,やはり心根の卑しさというか,先のエントリーにあった非宗教性・倫理観のなさに根ざすのでしょうね.
しかも,今回展示されているものは,http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットからの略奪品でしょ..見ていて思ったのは,戦前のナチスが美術品を手当たり次第に奪っていったのと一緒なのだと..
是非見てみたいなぁと思う一方で,シナ人の行為はチベットの敬虔な教えを侮辱するものだと思いました.
とりとめのないコメですみません..
  1. 2006/11/08(水) 18:01:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>>今回展示されているものは,http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットからの略奪品でしょ.というよりhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットという国全体がすべて略奪されてるわけです。
>>シナ人の行為はチベットの敬虔な教えを侮辱するものだと思いました
何時の日か必ずhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットの霊性が、シナの獣性に打ち勝つことを祈ります。その日こそシナ人自身の救いの日とならむことを。
  1. 2006/11/08(水) 22:09:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おいちゃん
良い言葉ですね..
再度引用させていただきます
「何時の日か必ずhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットの霊性が、シナの獣性に打ち勝つことを祈ります。その日こそシナ人自身の救いの日とならむことを..」
同感です..
  1. 2006/11/09(木) 04:31:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

合掌。
  1. 2006/11/09(木) 08:39:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/150-22705cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (10)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード