変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Fuji X-M1+Planar 1.4/50 T*ZS 【訂正あり】

さてX-M1のボケ獲得のための対策である。

答えは、アダプター経由のPlanar 1.4/50 T*ZSであった。

FX 35mmF1.4が名玉らしいが、とりあえず購入資金がない凹

アダプターならタカがしれた価格であるし、冬眠中のPlanarを使ってやりたい親心もある。

Bokeh with Planar

当初はSigmaにも使いたい一心でM42のZSを購入したのだが

現行メイン機のNikon D610には不便である。

アダプターがないわけではないが、通常のアダプターでは無限遠がでず、

レンズ付きのアダプターではFX機ではミラー干渉する。

Bokeh with Planar 3


ゆえにその導入以来、他のカメラを持ち出すことがないほど惚れたD610ゆえ

自然とPlanarの出番がなかったのである。

もったいない、のである。

X-M1をゲットしたのはこの名玉を使いたいという気持ちもあった。

本来はCanonフルサイズで使用するのが普通だろうが

わたしはCanonのキレイキレイな画質に偏見がある。


X-M1 with Planar


また最廉価の6Dは、価格帯ではD610と同じだが

カメラとしての格はずっと下

というより、D610は5DMIIIよりちょい下の性能を6D並の価格で販売しているという

NikonのMKTGの勝利なのである。

カメラ雑誌などは業界の反感をかってはビジネスが成立しないのでこの点を指摘しないが

わたしはこのCanonにとっては不都合な真実をあえて強調したい。

閑話休題、X-M1である。

センサーサイズのせいでPlanarは75mm相当になる。

X-M1 with Planar 2


これが受け入れがたくてAPS-C機には使いたくなかった。

しかし75㎜も悪くない、と感じたのは

セイケ・トミオ師の75㎜好みの影響もあろう。

クジラを見てメダカが喜んだのだ、と笑ってくれたまえ。

馬齢を重ねるたびに広角が嫌になり

使用するレンズの焦点距離が伸びるのは

高梨豊師の「焦点距離年齢説」のせいである。


Bokeh with Planar 2

つまり高梨豊師が、生理的にしっくりくるレンズの焦点距離(35ミリ判換算)と年齢は一致する

と唱えたために世界がそのように変容したのだ。

わが馬齢は未だ遠く75には達しないがそろそろとそれに近づいているので

あらかじめ75㎜を練習しておくのにはよい組み合わせかもしれない。

しかし重大な問題がここにある。

X-M1のピーキング機能はほとんど役立たずなのだ。

NEXのそれと比して幼稚園並と評しておく。

NEXの場合、さらに画面拡大機能があってピン合わせは楽だが

X-M1ではまったくの勘頼りなのである。

やれやれ世の中のすべてと同様にそうそううまくは行かぬのが現実なのであった・・・・

【訂正】
このエントリーをFBにてアップしたところ、黒顔師匠からご指摘があった。

「アムゼルさん、X-M1はMFの際に拡大はできまへんか? Nikon D610でもOlympus Pen E-PL6でも、10倍拡大ぐらいに大きくすればピントの山は見えますぜい♪」

ということで、再度使用説明書をダブルチェックしてみると、ありましたねえ。

http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/pack/pdf/ff_xm1_mn_j100.pdf 

使用説明書57ページから「ピント合わせの方法を変更」項目があった。
MENU>>フォーカスモードを選択>>OK>>マニュアルを選択>>OK、これでサブダイアルを下に押すと画像拡大でピン確認ができる。

NEXの場合もメニュー選択が面倒だったが、X-M1はそれに輪をかけて難儀である。筐体の小ささの皺寄せがこんなところに来るようだ。

黒顔師匠、ご指摘ありがとうございました♪


スポンサーサイト
  1. 2015/04/16(木) 09:09:53|
  2. 写真撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<魏德聖監督とお会いして話したこと | ホーム | Fuji X-M1でアムステルダムを 2>>

コメント

No title

 カメラの事はわかりませんが、それにしてもドイツでも桜が咲いたのですか?

 毎年の事だけれどネットに桜の写真が載り始めて、結局ワタシが最後になるんですよね。

 高緯度寒冷のドイツにだけは・・・・と思うけれど、それでも毎年札幌が遅れてしまうんです。

 
  1. 2015/04/18(土) 03:21:06 |
  2. URL |
  3. よもぎねこ #-
  4. [ 編集 ]

よもさま、

>  カメラの事はわかりませんが、それにしてもドイツでも桜が咲いたのですか?
>
>  毎年の事だけれどネットに桜の写真が載り始めて、結局ワタシが最後になるんですよね。
>
>  高緯度寒冷のドイツにだけは・・・・と思うけれど、それでも毎年札幌が遅れてしまうんです。


あいかわらず誤解があるようですね~。
ドイツは高緯度ではありますが寒冷といえませんよ。

特にライン低地地方はメキシコ湾暖流のおかげで温暖な地域なのです。
寒冷なのは南部にアルプスを控えるバイエルンやシュワーヴェン地方ではないでしょうか?

ゆえに雪のほとんど降らないライン地方と札幌ではやはり比較にはなりませんとも♪



  1. 2015/04/18(土) 22:39:57 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/4861-f827729e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。