変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・魏德聖監督とお会いして話したこと(とくに次回作について)

随分と日が経つにつれ忘れてよいものは忘れ、沈殿するものは沈殿し、やっと書くべきものがわかってきた、そこで続編を書く。

話の内容よりまずは監督の人となりについて語ってみたい。それこそは会って初めてわかることだからだ。

魏監督のこれまでのイメージは、YouTubeやDVDの附録インタヴューなどで知る莞爾とした微笑を絶やさず穏やかに理論的な語りをされる、というものだった。

しかしお会いして感じたことは全く別だった。

莞爾として穏やかにということに間違いはないのだが、しかしふっと顔をしかめるさまや時に語気を強めて否定語を用いられることなどから表面に現れた穏やかさとは裏腹にかなり意志の強さと固い自己の考えをお持ちの方とお見受けした。

ご自分の口では芸術家ではないから、とおっしゃりながら、其の実はかなりの芸術家的な気質をお持ちのようだ。

昼食時の雑談故、気楽に話が前後したりまったくの無駄話もあったが、以下の部分は興味深く口外してもかまわぬだろう。

<海角七号>の主役でアガ役の范逸臣は実はアミ族である。その原住民名は林納斯(Lín Nàsī リンナス「出発」の意味らしい)という。彼がその故郷である台東にある泰源を魏德聖監督が訪ねる動画がYouTubeにあり、それにつき監督にたずねてみた。




動画内でも監督が述べているが、范逸臣がアミ族の言葉と生活文化を保持していることに驚いたということだ。

で、話はその先だ。

范逸臣のようにシナ語名を持ちながら原住民としてのアイデンティティを失わず台湾社会の中でいわば「見えない原住民」として暮らす人々のことである。

監督は、外省人を除く台湾人のほとんどが原住民の血統をひく、と述べられた。

これは台灣大学医学院の日台混血の林媽利教授のDNA研究で明らかになったものだ。
その分析によると台湾本省人の85%は原住民の血統(山地平地を含む)であり、90%以上は百越族の血統であり、北方シナ人の後裔ではない。というものだ。

佔全台91%的閩客族群中85%有原住民血統(包括高山族、平埔族,以及東南亞島嶼族群)」,90%以上的台湾閩南人、客家人有中國大陸南方百越族血統,不是純北方漢人的後代,反倒與東南亞較相近。所以台灣人可說是東南亞大陸、东亚大陆、原住民以及東南亞島嶼等地區人種混血的結果。http://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AA%BD%E5%88%A9

以下にそれについてのTV番組の一部分を台湾国語のおできになる方たちの参考のために貼っておく。



また林媽利教授ご自身が語る動画もあるが台湾語なのでわたしは聞き取れない。



この問題が魏德聖監督の次回作にも関係してくる。

その次回作について監督は『台湾チャンネル』のインタヴューでも触れておられるが、わたしははもう少し詳しい事情をうかがった。

舞台は400年前の台湾、オランダ統治時代の話。それをオランダ、漢人、台湾原住民の異なる三つの視点から描くらしい。しかも視点を変えて三つの物語、三つの映画を一気に撮影するということだ。

興味深いのはやはり原住民の部分だ。台湾中南部平野に暮らしていた原住民はかって平埔族あるいは熟蕃と呼ばれていた。移住してきた漢人と軋轢と衝突を繰り返した原住民は彼らである。

ついでにいえば、それに関しての雑談中、監督から「蕃肉」(原住民の肉)という言葉が出た。漢人と原住民との抗争中に発生した食人である。

監督は、当時の漢人たちは原住民を人としてではなく動物として扱った、ゆえにそれを食した、というご意見であった。

しかし、わたしはシナの食人についてはこのブログでも何度も触れたようにいくらかの見識を持つと自認している。そこでシナの歴史における食人についていささか私見を述べそれは現代にまで続く状況であることを説明した。監督がそのあたりの研究を深めてくださることを期待する。

しかしそれについては大陸方面から、台湾本省人が原住民を喰い尽したので平埔族は消滅した、などというデマが流されている。つまりは台湾本省人と原住民を挑発離間しようとしているのだ。ゆえにこれについてはむしろ触れない方がよいかもしれぬ。

興味のある方は「蕃肉」で検索してみてください。

<セデック・バレ>にて山地原住民の自尊心と宗教を描いた魏德聖監督がいかに平地の原住民を描くのか興味深い。漢化してゆく彼らの実態を過去と現在にわたって解き明かしてくれること、つまりは先に
「范逸臣のようにシナ語名を持ちながら原住民としてのアイデンティティを失わず台湾社会の中でいわば「見えない原住民」として暮らす人々のことである」と触れたような「見えない原住民」の原住民性とそれが台湾社会に及ぼしている影響がより明らかにされることを期待したい。

平埔族母親
John Thomsonが1871年に撮影した台湾平埔族母子。















スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 11:08:25|
  2. 魏德聖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<反緊縮財政という名の反グローバリズムの嵐を全欧州に吹かせよ~! | ホーム | 魏德聖監督とお会いして話したこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/4863-6f1deefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。