変容する世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

忘れてはならない移民輸出国だったドイツ

ドイツは今や移民受け入れ国ですが、かっては移民を送り出す側でした。「東方移民」でググればたくさんヒットすると思います。例えば、>>http://www.geocities.jp/takahashi_mormann/Articles/ostsiedlung.html

またWIKIの「東方植民」の項には以下の記述があります。

<引用開始>
東方植民(とうほうしょくみん、ドイツ語:Ostsiedlung)とは、12世紀~14世紀にドイツの辺境伯、騎士団、修道院(中心となったのはシトー会)などが行ったエルベ川以東、北東ドイツ及びポメルン地方のスラヴ人居住地などへの植民のことをいう。

とくに、ドイツ騎士団は先住民のキリスト教化を理由にバルト海東南沿岸地域で軍事的性格の濃い植民を推し進め、のちのプロイセンのもとになる大規模な領土を獲得した。

人口圧力と領主からの弾圧に悩むドイツ農民は、11世紀から12世紀にかけて辺境伯や騎士団、あるいはポーランド諸侯などの勧誘を受けて東方へ入植を開始した。

B 東方植民


13世紀前半に起こったモンゴルのポーランド侵攻もドイツ人の東方植民を後押しした。ピャスト朝の流れを汲むポーランド諸侯の分裂と戦乱、幾度ものモンゴルによる侵攻や住民の拉致もあり、ポーランド西部の公国群は13世紀には急速に衰退した。荒廃したシレジア地方の復興に際しては、ポーランド人だけでは人手が足りず、西方からの農民たちを招いたが、フランス人やオランダ人よりもドイツ人が大きな割合を占めた。その結果、シレジアは急速にドイツ化してゆく。

そういった経緯によって、徴税などの自治権をめぐるポーランド当局とのいざこざは幾度か起きたものの、当地のドイツ系住民によるポーランド国家への態度は概して協力的で、かつドイツ騎士団との争い(プロイセン連合、第二次トルンの和約などを参照)などにみられるように、かなり反ドイツ貴族的であった。

<引用終了>


「ハーメルンの笛吹男」の物語は、移民勧誘者が若い男女を東方移民へと促した事実が背景になっているのだそうです。これについては阿部 謹也の「ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)に詳述されています。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%AC%9B%E5%90%B9%E3%81%8D%E7%94%B7

B abekinnya



また目立つのは東プロイセン出身のカタリーナがロマノフ王朝に嫁いでエカチェリーナ2世に即位すると大量のドイツ移民をロシアに呼び寄せました。彼女の出身地・東プロイセンは、東方移民または東方植民の結果、拡大された領土です。

これら東方移民は第二次大戦後、一斉にドイツへと放逐されその数1000万人以上と言われます。一方で現地名と国籍を取得して残留したドイツ人も多々います。ポーランドのシュレージェン地方、チェコのズデーデン地方が有名です。


Bカタリーな


また上記カタリーナにより誘致されたドイツ人は19世紀末にはその総数200万人近くに及びヴォルガ地域に多く住みヴォルガ自治区さえ許されていました。彼らはヴォルガ・ドウイッチュと呼ばれます。しかし独ソ戦時にスターリンにより東の中央アジアへと強制移住させられモスレム社会の中で辛酸をなめました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E4%BA%BA

彼らは、旧ソ連崩壊後陸続とドイツへと流入しました。その数約80万人といわれていますが、家族を含めればその3-4倍はいるでしょう。わたしの近辺でも両手両足で数え切れないほどのヴォルガ・ドウイッチュの知人がいます。

また一方で米国へ移民したドイツ人は極めて多く、現在米国国民のうちドイツ系は約5000万人と言われています。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA

そして米国国語を決める際にドイツ語が有力な候補であったことも忘れてはいけません。また敗戦後、優秀なドイツ人科学技術者が「ペーパークリップ」作戦により米国へと移住させられました。これにより戦後米国の科学技術レヴェルが向上しアポロ計画などを支えたのでした。この場合は量より質の問題ですね。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%A6

B-Project_Paperclip_Team_at_Fort_Bliss.jpg


ドイツがかって移民輸出国であり、また戦後はドイツ人自らが難民となって祖国へ命からがら復帰した、これらが現在のドイツの移民政策を考える場合見逃してはならない歴史事実でしょう。この民族の歴史を知れば、彼らが難民に親和性をもつ理由の一端が理解できます。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E4%BA%BA%E8%BF%BD%E6%94%BE


B ドイツ難民
B ドイツ難民 b



ひるがえってわが国も貧因ゆえにハワイや南米に移民を送り出し、また満州朝鮮からの引揚者という名の難民を作り出したその歴史を記憶し続けなければならないでしょう。







スポンサーサイト
  1. 2015/10/20(火) 19:09:34|
  2. ゲルマン史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<魏德聖監督の台湾三部作撮影延期、そして『海角七号』の「続編」(?)を先に製作撮影 | ホーム | 「中国」国民党、崩壊目前のドタバタ劇♪>>

コメント

No title

ドイツはヒトラーなどのイメージから民族主義の国と思われるけれど、実は違うのですよね。
(だから帰化人のヒトラーでも総督になれる!)

むしろ非常に柔軟で開放的でアメリカなどと同様「ドイツの法に従えばドイツ人」と割り切った統治をフリードリッヒ大王の時代から続けているのです。

だから逆に移民もしやすいのです。 移民してアメリカに行けば「アメリカの法に従ってアメリカ人に成ればよい」と考えるのですから。

だから移民先では法を守る良き市民となって成功するのです。

逆に言えば法を守る意思や伝統のない民族の場合は、移民先も法を守らず血縁や民族に執着するので、受け入れ先に取っては厄介なことになります。
  1. 2015/10/21(水) 03:31:51 |
  2. URL |
  3. よもぎねこ #-
  4. [ 編集 ]

民族国家以前と以後

ドイツが移民輸出国であったのはおもに民族国家成立以前のことでした。
そのころの欧州は国王や貴族の所領がすなわち「国」であり、国民はまだ存在せず
領主の統治が嫌で逃散した人民が流動していたのです。
ドイツの東方植民はまさにそれだったようです。

近代国家成立は、ドイツの場合はプロイセンによる統一でオーストリアを排除して行われました。
しかもそれは普仏戦争に勝利した上でのことでしたから、ドイツをめぐる国際環境、とくに
フランスとオーストリアとの関係がそこで定位されました。

その後の移民輸出は、おもに貧因からの逃走でした。ロシアが好待遇で迎えてくれたり、
新大陸に可能性を求めたりしたのですが、それはやむに已まれぬ行為だったでしょう。
そこには、ドイツの豊かさを求めて流入する移民と「難民」と同位相の人の豊かさを求める行為が露呈しています。

さて、ドイツ人の順法意識はたしかに他の欧州人よりは高いでしょう。
簡単な例では赤信号で立ち止まる歩行者は日本人とドイツ人だけといってもいいほどです。
しかしそれは法を守るというより秩序を尊重するエートスなんだと思います。

それもあるいはプロイセン式の教育に依るのかもしれません。
近代国民国家として日本が再出発した時に法や医学、軍事を真似びしたのがまさしく
プロイセンでしたから。
それ以前の日本の民衆のとくに都市住民の多くは「寅さん」のように暮らしていたということです。

よもさまがプロイセンを例にドイツを解読されようとするのは正解でしょう。

しかし、プロイセンによるドイツ統一、ドイツ帝国成立以前の歴史文化、とくに南ドイツのそれなども研究されると
別のドイツが見えてくると思います。
  1. 2015/10/21(水) 06:13:03 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #-
  4. [ 編集 ]

苦難の歴史があるのですね

興味深い解説、難しい歴史が大変良く分かりました。有難うございます。
こんな歴史を理解しないと現在の問題は本当の所は分かりませんね。
現在の移民・難民問題はその現象だけ見ていてもその奥底が分からない。
ご指摘の日本にも満州などからの引き揚げ者問題があったのですが、日本の場合は父母兄弟の住む故郷に帰る事が出来た。それに比べてドイツの人は何世代も住んでいた土地を追放され、止むを得ず先祖の国ドイツに帰ってきたのですが、何世代も離れたところなんでその苦労は並大抵では無かったでしょう。
そんな所が良く分かりました。
有難うございます。
  1. 2015/10/24(土) 23:02:27 |
  2. URL |
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. [ 編集 ]

短足おじさん二世さま、


コメントありがとうございます。
実はこのエントリー、短足おじさん二世さまの記事<ドイツ問題の現地からの声>でドイツ在住川口氏の記事を引用されているのにインスパイアされて書きました。
川口氏の言論はドイツ民衆の新聞TVの「報道」を受け入れた「世論」に似ています。すなわちアクチュアルではあるものの、すでに操作されたものであり、あたかも民衆の生活感覚に基づいたかのの如き「意見」でありますが、其の実うわべだけの「真実」しか述べておらず、わたしはかねがね不快に思っておりました。
彼女の場合は音楽留学のためドイツに来られ現地の方と所帯をもってそのまま居住しておられるので歴史文化の真相には思いが及ばないきらいがあります。

ゆえにドイツがまだ国民国家を形成できる以前の困窮してよりよい生活を求めて流浪していたころの姿を提示してみたのです。
しかしそれはドイツだけではなく陸続きの「国境」を民族が移動し交流しあって形成された欧州というものの一つの例であり、フランス、イタリア、スペイン、低地諸国などそれぞれがもつ歴史なのです。

産業革命以後、優位に立った欧州各国がアフリカやアジアに進出し植民地を持ち収奪し、益々豊かになってきた歴史を、搾取された側は忘れておらず、しかしシナコリアのいうに騒ぎだてはしないものの、難民となって、または経済移民として欧州から分け前を取り戻そうとしている、とも見えましょう。

現状の上辺だけを見ていては事の真相は永遠に見えてこないのであります。
  1. 2015/10/25(日) 13:42:57 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #-
  4. [ 編集 ]

ドイツ系米国人

>また一方で米国へ移民したドイツ人は極めて多く、現在米国国民のうちドイツ系は約5000万人と言われています

以前、米国の国勢調査のデータを眺めたことがありまして。

それによれば、米国人の最大の民族グループは英国系でもアイルランド系でもなく、なんとドイツ系だったのでびっくりした覚えがあります。

米国の大企業、老舗企業はドイツ系米国人により創立されたものが実に多いんですよね。
飛行機のボーイング、食品のハインツ、楽器のスタインウエイ、薬品のファイザー・・・。

第二次大戦中、日系アメリカ人は敵性国民として収容所にぶち込まれましたが、ドイツ系アメリカ人はお咎めなし。
それも当然でドイツ系といえばアメリカ人そのもの・・差別なんてあるはずもないですよね。

それにしても、米国の国語が英語ではなくドイツ語になっていたら・・かなり世界の歴史は変わっていたように思えますね。
  1. 2015/10/30(金) 11:06:52 |
  2. URL |
  3. prijon #-
  4. [ 編集 ]

prijonさん、

コメントありがとうございます。

ドイツ系米国民はその苗字ですぐわかります。わたしの知る米国民は、ご指摘のように、アングロサクソンよりはドイツ系の方が多いです。
またドイツ国内の友人知人の中に米国に親戚をもつ人々が沢山います。それどころか家族のなかにも米国に移住したものもいます。

またとくに戦後は本文でも指摘したペーパークリップ作戦で移住したドイツ系が科学技術分野で活躍したため今のような米国が世界をリードする体制が確立できたと考えます。

一方、政治的経済的にも、戦中はナチスをサポートした米国金融資本家、有名なのはブッシュ家が如き(ブッシュ・シニア自身がナチ党員だったとの説もあります)者たちがいまだに上層部を支配しています。

英国人とドイツ人はほとんど同じ人種に属するので実際のところお互いに親和性をもちあって表裏で世界支配を実現している、と見るべきなのだと思います。

  1. 2015/10/30(金) 20:12:35 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/4871-58c26c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (84)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (9)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。