変容する世界

『マオ』のシナ語版をまつ日々

?

どうも、こう連日夏日が続くと、あの八月の冷夏が懐かしくなってきました。人間って勝手なもんですね。とっとっと、自分の勝手さを人類全部のみなさんのせいにしちゃあいけませんや。


先日のエントリーでも報告しましたが、ってほどのものでもありま
せんが、『マオ』のシナ語版が出るってんで早速台湾ウェッブ書店に注文入れといたんですが、同時に注文した台湾語会話のテキストだけが送られてきて、肝
心の、『マオ』がまだ未発送ってことで泣きたい気持ちです。たかが本一冊のことで女々しい(女性の皆さんすいません、どうぞ誤解なさらないでください。あ
たしはこれでも女性崇拝者なんですから。ただの慣用句、為念)ようですが、なにごとにつけ、待つことのつらさというものをしみじみ感じています。


さて、そういうことで、ってのも変ですが、例の再録ってのをまた
やらかしたいんですが、すいません、勘弁してくださいな。いつものとおり博士の所にお邪魔したときのものです。一挙に二編いっちゃいます。自分のブログが
あるっていいですね。産経さんには足をむけて寝られません。でもここから大手町はどっちの方角になるんでしょう?


?
天下為公??(マルコ、在独) 2006-09-09?16:38:05


尊敬する博士、

素敵な(!)写真ありがとうございます。「水が文明の「命脈」であるとすれば、大陸の激しいほどの水汚染はその「命脈」を自ら断ち、「死枯」への道をまっしぐらに進んでいると分析しても差し支えないだろう。」との文明論的にシナの環境汚染を批評なされるお立場、諸手を挙げて賛成です。

これは一中共政権の問題ではなく、シナ文明の特異性から由来するものと思われるからです。


の環境汚染の悲惨さは、人の欲望の解放という資本主義装置の蓋を不用意に開けた報いでしょう。欧州における資本主義の文明的基礎は、プロテスタン的勤勉性
と公共心ですが、そのどれも存在しないシナには、資本主義は危険すぎるのです。欲望に何の歯止めもないからです。神が全てをご存知だという欧米のモラル
が、ぎりぎりのところで欲望を抑止するというシステムのない条件で資本主義装置を解放すると地獄と破滅の道を歩むしかないことを、シナのケースが我々の眼前に展開してくれているのだと思います。
わが国の場合は、公の意識が優れて発達していたことが資本主義の成功に大いに貢献したことをシナの指導者は理解していないのでしょう。

かっ
て孫文は「天下為公」を唱えました。シナにかけているのは「公」の意識だとの理解があったのです。毛沢東は、「為人民服務」を唱え、これも「公」の意識を
確立することを目指していました。現在の中共指導者から、そのような危機感をともなった声が聞こえてきません。ただ「経済大国」を自称するほど驕り昂
ぶった夜郎自大の自意識の独り言と、中華の無限の拡大を目指す中華帝国主義の外交軍事的恫喝と恐喝の声だけです。文明論など、おそらくまったく考慮外なのでしょう。

このままいけば、政権のみならず、シナ文明もかっての輝ける古代文明を生み出した土地であるという考古学的価値のみを残して滅び行くしかないでしょう。

博士の更なるご健闘を祈ります。


独裁統治しかない文明?(マルコ、在独) 2006-09-09?17:21:19



尊尊敬する博士、

『マ
オ』の著者であるユン・チアン(張戎)の前作『ワイルド・スワン』には、そのあまりの自意識過剰な自己宣伝に辟易した読後感を持つゆえ、『マオ』は未読で
す。価格もちょっと高めですし。しかし、旧ソ連の資料を駆使し歴史見直しに功有りとの大方の書評ですね。機会あれば読みたいと思います。


て、毛の棺を覆ってまる三十年、この稀有の人物に対する歴史評価はゆれ続けています。シナの人々には、毛時代は今のような官僚腐敗や環境汚染はなかったと
懐かしむ声もあるようです。まあ現政権への不満を表明するには毛とその時代を持ち出すのは、有効な手段かも知れません。

『資治通鑑』を十数回通読したという彼の歴史観からは人命尊重という近代的モラルを期待するのは無理というものです。しかし、彼なりに文明論的にシナのことを考えていたことは間違いなく、その点では現在の中共指導者は大いに学習するべきでしょ。


の独裁はシナ自身に迫害死7000万人という被害をもたらしました。しかし、シナ人にとっては自国の指導者の迫害は許容しても、他国の侵略は決して許さな
い、との意見が多数です。小生がいままで議論したシナ人の全てがその様な意見でした。極論すれば、一億人を殺したシナ人より一人を殺した外国人を許さず、ということです。我々外国人には理解しがたいことですが現実です。

ゆえに、『マオ』の告発も蛙の面に水なのだと思います。シナからの該書に対するリアクションがあまり聞かれないのも、中文版が未出版という理由だけに求められないのではないでしょう。


生個人の毛に対する感想を最後に表明させていただきます。彼は詩人としては同時代の誰よりも卓越した才能を持っていたと思います。それがシナの不幸でもあ
りました。しかし千年後には一詩人として中国文学史に名を残すかもしれません。億万の犠牲が文学の肥しとはまったく悲惨なジョークですが。シナの歴史に例がないわけではありません。三国時代の残忍な独裁者、しかし優れた詩を残した曹操のように。

博士のますますのご健闘を祈ります。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/15(金) 21:46:00|
  2. China(シナ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トルコの錯綜した歴史的地政学的位置、その1 | ホーム | メルケル温会談の反応>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/80-a344d916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (10)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード