変容する世界

トルコの錯綜した歴史的地政学的位置、その4

 さてシナ文明の絶頂期はと問われて唐朝、と答えるのはシナ、日本を問わず一般常識でしょうね。でもこの唐朝が、トルコ(テゥルク)人によって立てられたことを知る人が、さてどれほどいらっしゃるでしょうか。

 style="font-family: "MS 明朝"">

 シナ人、日本人、老若男女を問わず、多くの人々が誤れる歴史知識に縛られてい
るのではないでしょうか。若いシナ人で政治的ためにする歪曲捏造された歴史教育しか受けていない世代に、特にその傾向が強いようです。彼らの反応は、
「だって李世民(唐の太宗)は李という立派なシナの姓を持つじゃあないか」というものです。こんなのは、わが国の「在日」の人々が本名以外に「通名」とい
う日本名をもち日本人として日常社会生活をおくっていることに鑑みれば、皆さんすぐに納得されるでしょう。シナ姓をもつからシナ人であるとはいえないことがわかります。

 style="font-family: "MS 明朝"">

 唐朝の設立者、李淵(唐の高祖)、李世民父子は鮮卑、拓跋氏族系統の出身で、一説には李世民は碧眼であったと伝えられているほどです

 style="font-family: "MS 明朝"">

 ハナシは五胡十六国にもどります。三国時代のバトルロイヤルを勝ち残った魏を
簒奪した司馬氏は、晋をたてるもまもなくして「八王の乱」という内部分裂をきたし、そこにつけ込んだ匈奴をはじめとする騎馬民族が陸続と国をたて、晋は南
方に逃れ(東晋)南北朝時代が始まります。北朝を統一したのは、テゥルク系鮮卑、拓跋氏で王朝名を北魏と称しました。その後、王朝は東魏、北斉、西魏、北周と移り変わりますが全て鮮卑でした。

 そして南朝を滅ぼし、再び天下を統一したのが隋ですが、これもまた鮮卑、普六
茹氏、普通は楊氏と言われていますが、シナ化した鮮卑なのか、鮮卑化したシナ人(ハン・チャイニーズ)なのかはっきりしません。しかしはっきりしているの
は、隋の文帝(煬帝の父)の皇后は独孤氏というれっきとした鮮卑人で、その妹が李淵の母にあたります。つまり隋の煬帝と唐の高祖は母親が鮮卑人姉妹同士のイトコということになります。

 style="font-family: "MS 明朝"">

 煬帝の放蕩と今の朝鮮半島征伐の失敗により疲弊した隋を簒奪したのが上記李氏
父子、そして立てた王朝が唐朝でした。この唐がテゥルク系であることの傍証が幾つかあります。まず漢字の音が大きく変化したことが、漢代の仏教典と隋の時
代に編纂された『切韻』という字典との比較からわかります。トルコ語が混入したためと思われます。またのちに世界史上最初のユーラシアの東西を結ぶ帝国を
作り上げた突厥は、はじめてその言葉(テゥルク語)を碑文に書き記したため、トルコ最古の歴史資料は突厥文書であると現代トルコ人に自己同一化されている
のですが、その碑文で唐の皇帝を「タブガチ・カガン」と呼んでいるのです。このタブガチは拓跋のことであろうと理解されています。カガンは後のモンゴル族のハーン、またはカーン(汗)と同じく大王の意です。

 style="font-family: "MS 明朝"">

 ここでついでに突厥について述べてしまいましょう。突厥はトックツとよみテゥルクを漢字で書き表したものにほかなりません。これこそ疑う余地のないトルコ人のたてた国で、北朝から唐代にかけて上記のように東はマンチユリア(満洲)から西はビザンツ帝国の北、南はインドにわたる帝国を、シナでいう北朝時代に打ち立てましたが、隋のころ東西に分裂します。上記、突厥文書は東突厥のものです。

 style="font-family: "MS 明朝"">

 さて長くなりました。まとめてみましょう。

 style="font-family: "MS 明朝"">



漢は建国当初のつまずきで匈奴に隷属する羽目に陥りましたが、れっきとしたハン・チャイニーズの王朝でした。(というのは転倒した理論で、漢文明を築いた民族をハン・チャイニーズという、とすべきでしょう)

 style="font-family: "MS 明朝"">

 このハン・チャイニーズのシナは三国時代をもって終了し、五胡十六国の戦乱による民族シャッフルをへて新しいシナへと生まれ変わりました。この過程で果たしたトルコ人の役割を見るとき、トルコがシナの歴史の影の主役であるとはこのことでお解かりになると思います。

 style="font-family: "MS 明朝"">

 これでシナ史におけるトルコ人の果たした役割については一応終了とし、次回は東トルキスタンの歴史を簡略し現代につながる問題の淵源を探ることにします。

 style="font-family: "MS 明朝"">

 それにしても、こうみると、いわゆる漢族の立てた統一王朝は漢しかなく、漢語をしゃべるいわゆる「漢族」は、シナ人の願望と異なり混血をへた新シナ人であり、それらをシナ人と呼ぶにしても唐滅亡後に「シナ人」の立てた統一王朝は宋と明しかなく、両王朝ともに北方の騎馬民族に圧迫され続け、その他はすべてモンゴル、満洲という異民族の統治を受けていたことがわかります。これを言い換えれば、シナ人はシナの歴史の主人ではなく奴隷であった(すくなくとも奴隷であった期間が圧倒的に長かった)といえるでしょう。これこそ、シナ人自身が意識上あるいは無意識上に知る事実であって、彼らのファナテイックな民族主義を生み出すコンプレックスの源なのです

スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 22:10:00|
  2. シナ(Sina)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<トルコの錯綜した歴史的地政学的位置、その5 | ホーム | 【台湾】 山雨欲來風満楼、その3>>

コメント

No title

お疲れ様でございます
いつも勉強になります.
昔読んだ「黄河の水」をもう一度開いたりしてみました..
  1. 2006/09/19(火) 02:45:00 |
  2. URL |
  3. talken #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あ、どうもありがとうございます。フィードバックをいただくと、ほんとに励みになります。拙い論考ですが、中華帝国主義の弱い輪を打つ作業を続けたいと思います。
  1. 2006/09/19(火) 07:30:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「博士の独り言」コメント欄に、次のような「博士のお知らせ」がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">アップされています。
 >みなさんには絶大なるご支援を有難うございます。私儀、身に危険が次第に迫っておりまして、ここ数日、何時最後になっても悔いの残らない記事を思い、書かせていただいております。辛口のエントリーになりましたが、ご容赦ください。<

 取り急ぎ、激励のコメントを送信していただきたいのですが・・・。ほかによい知恵、対応策があればアドバイスをしてあげてください。
  1. 2006/09/19(火) 13:18:00 |
  2. URL |
  3. mr-hotman #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

そのコメント読みました。思いつくだけのサジェストしました。
  1. 2006/09/19(火) 14:26:00 |
  2. URL |
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/tb.php/87-b23a3524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

丸山光三

Author:丸山光三
世界は変容する。変容させようとする力が作用するからだ。しかし、かってにそうはさせまいとする吾等の力を示そう。世界はやつらのものではなく、けっきょくは吾等のものであるべきだからだ。

イザ・ブログ消滅にともない<丸山光三或問集(旧マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)><アムゼルくんのブログ>を吸収合併。

ついでに忍者ブログの<ドイツ生活ああだこうだ事典>もこちらへ吸収合併凹凸

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

台湾チャンネル (40)
未分類 (10)
メーソン (32)
思考実験 (5)
ビッグ・ブラザー (3)
啓蒙思想 (3)
近代化 (5)
国家とは (11)
裏金洗浄 (2)
雑感 (113)
シナ秘密結社 (5)
China(シナ) (117)
台湾 (89)
トルコ (6)
シナ語 (105)
欧州の反応 (35)
シナ(Sina) (25)
博士の独り言 (5)
お知らせ (40)
Sina, 『劇場都市』 (7)
エトランゼ (7)
おいちゃんの薦める音楽 (138)
イタリア (30)
ドイツ (41)
言論の自由 (8)
魯迅 (30)
工芸 (4)
雑学 (7)
開高健 (3)
森有正 (1)
インド (2)
須賀敦子 (2)
イスラム世界 (1)
シナの食人文化 (25)
共同トイレの落書き (54)
東アジア情勢 (11)
安全保障 (73)
地政学 (8)
周恩来評伝 (47)
夢千一夜 (108)
ピッグ・トレード (4)
阿Q列伝 (2)
大室幹雄の宇宙 (6)
指定なし (24)
南チロル (10)
産経 (1)
安倍総理 (217)
気晴らし (18)
無能無責任宰相 (2)
シナ人流出 (3)
半島 (4)
毒吐きシナ (8)
政局 (58)
シナ政局 (53)
欧州政局 (13)
言語論 (1)
ユング (21)
風水 (2)
写真撮影 (25)
シナの救済 (40)
ケム・トレイル (8)
シンクロニシティ (5)
陰謀論=共同謀議 (45)
習近平 (31)
海角七号 (6)
中共異端思想 (11)
ゲルマン史 (3)
ウイグル (1)
世界観 (10)
花々 (258)
チャリンコ (1)
ただの風景 (479)
撮影機材 (31)
goo ブログ保存 (14)
ユーロ問題 (19)
TPP (48)
サッカー (2)
Midnight in Paris (3)
小雪 (1)
野鳥 (3)
変容する世界 (4)
別加油、「中国」 (4)
フォトNews (9)
西村幸祐 (94)
藤井聡 (147)
西田昌司 (81)
テキサス親父 (16)
総選挙12 (14)
水間政憲 (15)
カタストロフィー (2)
田中長徳 (1)
北野幸伯 (4)
第二次安倍内閣 (42)
自民党 (12)
中野剛志 (3)
青山繁晴 (232)
首相官邸 (79)
反日ファシズム (28)
三橋貴明 (58)
古谷圭司 (8)
宇都隆史 (4)
佐藤正久 (9)
えとうせいいち (9)
倉山満 (22)
長尾たかし (6)
艾未未 (1)
たかじん (83)
TVタックル (21)
とくダネ (1)
新唐人TV (93)
長島昭久 (1)
我が国のかたち (12)
チャンネル桜 (122)
コリア (3)
阿比留瑠比 (1)
PRIMENEWS (10)
甘利明 (2)
勝谷誠彦 (53)
藤井厳喜 (14)
平沼赳夫 (2)
皇室 (1)
中山成彬 (2)
中川郁子 (2)
山谷えり子 (3)
立花孝志 (1)
アベノミクス (3)
中山恭子 (3)
やしきたかじん (15)
新報道2001 (13)
西村眞悟 (3)
麻生太郎 (6)
西尾幹二 (4)
上念司 (21)
藤岡信勝 (3)
菊池英博 (1)
荒木和博 (2)
安倍昭恵 (2)
いわゆる歴史問題 (22)
宮崎正弘 (1)
外務省 (2)
佐藤優 (51)
黄文雄 (2)
宮崎哲弥 (53)
安達ロベルト (2)
青山千春博士 (1)
長谷川幸洋 (11)
西部邁 (6)
参院選2013 (32)
関岡英之 (1)
福島香織 (7)
菅義偉 (5)
拉致問題 (2)
映画 (6)
竹田恒泰 (2)
石井望 (2)
尖閣問題 (1)
宮脇淳子 (8)
アンカー (5)
坂東忠信 (1)
2020 東京 (3)
東谷暁 (2)
NHK (1)
飯田泰之 (1)
佐藤守 (3)
潮匡人 (5)
イザ (4)
山本皓一 (1)
赤池誠章 (1)
dameda Korea (1)
井上和彦 (1)
KAZUYA (3)
ロシアの声 (1)
野口裕之 (1)
施光恒 (1)
消費税増税 (3)
Amsel (30)
Rotkehlchen (30)
Zaunkönig (6)
Kohlmeise (6)
Blaumeise (5)
Elster (5)
Kanadagans (6)
Schwanzmeise (7)
Buchfink (5)
Bläßhuhn (1)
Ente (8)
Teichhuhn (1)
Grünspecht (2)
Buntspecht (4)
Wacholderdrossel (2)
Heckenbraunelle (2)
Ringeltaube (3)
ChemTrail (3)
Bauernhof (1)
昆虫 (6)
Gartenbaumläufer (1)
露出 (8)
ドイツ食事情 (19)
Star (3)
Waldbaumlaeufer (1)
大室桃生 (3)
夢想千一夜 (7)
ドイツ民俗 (16)
Südtirol (22)
Objektiv (1)
TVドラマ・映画 (1)
Katze (1)
豚児 (6)
UFO (3)
Grauschnäpper (1)
Stieglitz (1)
Grünling (6)
Stumpfmeise (1)
Sperling (1)
モスレム (3)
アムゼルくんの薦める音楽 (1)
Kleiber (2)
Eichelhaeher (1)
Kernbeißer (1)
α NEX (12)
Messersucher (5)
Nikon (5)
Heidelberg (9)
女子カメ (1)
ポートレート (2)
Flickr (5)
Kunst (4)
春の花々 (6)
言語生活 (6)
推薦音楽 (6)
余暇 (5)
未選択 (5)
居住環境 (3)
食の地平線 (5)
探鳥記 (14)
渡邉哲也 (6)
桜井よしこ (2)
デプレッション (1)
石平 (4)
菅原出 (4)
有本香 (16)
村田春樹 (1)
高橋洋一 (2)
富坂聰 (2)
百田尚樹 (2)
反新自由主義 (1)
飯田浩司 (1)
余命3年時事日記 (1)
田母神としお (9)
奥山真司 (3)
都知事選 (21)
歳川隆雄 (1)
Yoko (1)
辛坊治郎 (2)
福山隆 (1)
上島嘉郎 (1)
杉田水脈 (3)
三宅博 (4)
山田宏 (3)
通名 (1)
馬渕睦夫 (2)
マック赤坂 (1)
伊藤貫 (1)
田母神俊雄 (1)
小西克哉 (1)
小川和久 (1)
BBAの部屋 (1)
城内実 (1)
激論!コロシアム (1)
いしゐのぞむ (2)
上薗益雄 (1)
村上春樹 (1)
魏德聖 (10)

ブロとも一覧


E-ラボ

青革の手帖

いざにゃFC2版

なめ猫♪

車好き隠居

特亜を斬る

ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」

高原でお花見

裏の桜の雑文

博士の独り言

短足おじさんの一言

初期装備は ひのきの棒

立ち寄り@大工町

よもぎねこです♪

実業の世界

ときど記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード